テニス ダブルス

フットワーク

相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

テニスの試合、相手によって色々変えていくのが基本、です。

特に大事なのは、ポジショニング、でしょう。

守備が上手い、粘り強い選手には理由がある。

きっと、アナタ自身が感じれるようになれば、試合に強くなるはずですよ。

 

相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

 


 

1.強い選手ほど、相手の守備位置をよく見ている

実際に、こうだと思います。

強い相手ほど、相手の守備位置をよく見ているし、それに応じた選択、をしている。

守備・・・と聞くと、どうしても下がって対応、というイメージがありますが、下がれば守備力が高い、という訳でもないのがテニス。

実際に、前のスペース、ドロップショット、が触れなくなりますからね。

相手の守備位置を見て、そういう浅いショットも使ってくる判断を下している、訳ですからね。

強い選手ほど、アナタ自身が守備位置を変えればその影響、を受けてくれる。

これが揺さぶっている、ということですからね。

 

2.守備位置を相手によって変える、ことは難しくない

実際に、まずは色々やっていくこと、が大事でしょう。

守備位置によって、相手がどういう反応をしてくるのか・・・を感じてみる。

アナタ自身が前に出ること、だって立派な守備位置の変更、ですからね。

前に出れば、相手はそこを避けるようにパッシングショット、を打ってくる訳じゃないですか。

これだって、一種の攻撃的な守備、と言えますからね。

ストロークが強い相手、に後ろで打ち合う必要は無い。

前で勝負すること、が立派な守備、になる訳ですから。

 

3.守備的に前に入る、ことがアナタのテニスの未来です

下がって守備、ははっきり言って厳しい。

それ相応の体力、脚力が要りますし、しっかりラケットを振り続ける腕の力も必要。

それこそ、ナダル選手のような感じ、になる訳ですからね。

それよりは、もっと前に私たちの未来があると思いませんか?

守備位置を、前にすることでボレーでさばいて、手堅い並行陣で勝負する。

これだって、立派な守備位置変更、ですからね。

私は、きっとネットプレーにこそ守備的な要素、が求められるものだと考えています。

 

4.「この相手とは、この場所で勝負する」という意識を持とう

毎回、細かく変えてみましょう。

どうもストロークが浅くなりがち、な相手に関しては、ベースラインより少し前に立つ。

深いボールが多い選手には、少し下がるけどネットプレーを入れて深いボールをハイボレー、で処理できるようにする。

こういう自分での調整、が出来るようになると試合でも強いですよ。

この選手とは、どの場所で戦うのが良いのか。

自分の城、を作る場所を毎回微妙に変えてみる。

これだけで、立派な守備位置の変更、ですよ。

 

相手は、かなり嫌なはずです。

自分専用のポジションがあって、効率的な守備で対応されるのは。

アナタ自身、粘れないのはただ相手とポジショニングが合っていないだけ、かもしれません。

とにかく、まずは色々自分の中で試してみること、です。

そこで感じたことは、確実にアナタ自身の力になっていくはずですから。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 練習

    フットワーク

    遅いボールを見た時に、普通の人は自分の動作までゆっくりになる

    球出しの練習なんて、典型的だと思うんですよね。遅いボール、飛ん…

  2. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング

    試合前でも、普段の練習でも、簡単に出来るフットワークメニュー。…

  4. テニス 錦織圭

    フットワーク

    テニスの試合で「守備が苦手・・・」な人は、自分が打ったコースと守るテリトリーを意識しよう

    テニスの守備意識、皆さんはどうでしょうか?試合に勝てない、相手…

  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  6. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手

    ボールも打たずに、相手にプレッシャーをかけて得点する。これが出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    誰でも一度は経験するあの痛み・・・「サーブで足を強打してしまう人」の問題点はどこ…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「オープンコートが出来ていれば、スマッシュは山なりスライスで充分」試合では、スピ…
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
PAGE TOP