ボレー

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。

速いボールよりも、遅いボールのボレーが難しい。

みなさんも、そうじゃないでしょうか?

試合巧者な相手ほど、スライスでテンポを変えてくるのが得意ですからね。

注意が必要です。

 

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

 


 

1.速いボールには、シンプルに反応出来る

これがボレー、だと思います。

速いボールには、反応出来てしまうんですよね。

それに良い意味で余裕がないので、プレーがシンプルになる。

でも、遅いボール、今回のテーマのようなスライスのボールだと、身体が泳いでしまう人が多いですよね。

拍子抜けしたように、速いタイミングで待ってた身体が頭から突っ込んでしまう。

しかも、ボールがゆっくりなので・・・欲も出てしまいますしね。

 

2.遅いボールは強打で攻撃、それは安易です

相手のショットがスライスで、遅い・・・から、強打?

強打してしまうと、それこそ相手の思うツボですよ。

スライス回転がかかったボールは、なかなか自分の方に飛んで来ないですからね。

待ちきれない、引き付けられないで、我慢できない。

しかも、欲が出る。

これはもう、ボレーにおけるスライス対策、必須だと思いませんか?

 

3.私のお勧めは、スライス系のドロップボレー、です

こういうボールは、強打では攻撃していかない。

むしろ、タッチ系のショットで攻撃していく方が良いでしょう。

遅いボールは、それだけ相手を見る時間もありますので、ドロップ系のショットも打ちやすい。

相手も、強打が来るかも!という感じで、下がって待っているかもしれないですしね。

スライスを打たれたら、スライスのドロップ系にトライしてみる。

きっと、初心者の方でも何となく、感覚はつかめると思いますよ!

 

4.もっと余裕があれば、前に詰めていこう!

最も、時間があれば前に詰める。

そうすれば、相手から時間も奪えますし、アナタ自身のネットミスも減るでしょう。

足が止まって身体が突っ込む、のが一番怖いですから。

足から前に出ていくのは、すごく良いこと。

そもそも、相手がスライスの構えになった段階で、頭をしっかり遅いボールに切り替える。

ロブなのか、足元に沈められるのか。

足元に沈められるようなショットなら、前に詰めることが出来ないか・・・を、瞬時に判断しましょう!

 

遅いボールのボレー、なかなか苦戦しますよね。

速い、遅い、の繰り返しでネットプレーを揺さぶられると、多くの人は崩れていきます。

スライスショットをしっかりボレーで返球していく。

この難しさ、を知って練習した人から、本当に試合で使えるネットプレーが身についていくのです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ボレー

    ボレーが飛ばない人は、どこかで恐怖心を克服しないと

    ネットプレー、ボレーで自分のボールが飛ばないと感じているみなさん。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    サイドスライスのボレーが打てるから、ネットプレーには安定感が出る

    ボレーの基本、ある程度身に付けてきたらぜひ「逆クロス方向へのショット」…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

    ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    トスアップの位置、普通に「自分の前に上げる」だけだとなぜダメなのか?
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  3. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・…
  4. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
  5. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません…
PAGE TOP