ボレー

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。

速いボールよりも、遅いボールのボレーが難しい。

みなさんも、そうじゃないでしょうか?

試合巧者な相手ほど、スライスでテンポを変えてくるのが得意ですからね。

注意が必要です。

 

相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

 


 

1.速いボールには、シンプルに反応出来る

これがボレー、だと思います。

速いボールには、反応出来てしまうんですよね。

それに良い意味で余裕がないので、プレーがシンプルになる。

でも、遅いボール、今回のテーマのようなスライスのボールだと、身体が泳いでしまう人が多いですよね。

拍子抜けしたように、速いタイミングで待ってた身体が頭から突っ込んでしまう。

しかも、ボールがゆっくりなので・・・欲も出てしまいますしね。

 

2.遅いボールは強打で攻撃、それは安易です

相手のショットがスライスで、遅い・・・から、強打?

強打してしまうと、それこそ相手の思うツボですよ。

スライス回転がかかったボールは、なかなか自分の方に飛んで来ないですからね。

待ちきれない、引き付けられないで、我慢できない。

しかも、欲が出る。

これはもう、ボレーにおけるスライス対策、必須だと思いませんか?

 

3.私のお勧めは、スライス系のドロップボレー、です

こういうボールは、強打では攻撃していかない。

むしろ、タッチ系のショットで攻撃していく方が良いでしょう。

遅いボールは、それだけ相手を見る時間もありますので、ドロップ系のショットも打ちやすい。

相手も、強打が来るかも!という感じで、下がって待っているかもしれないですしね。

スライスを打たれたら、スライスのドロップ系にトライしてみる。

きっと、初心者の方でも何となく、感覚はつかめると思いますよ!

 

4.もっと余裕があれば、前に詰めていこう!

最も、時間があれば前に詰める。

そうすれば、相手から時間も奪えますし、アナタ自身のネットミスも減るでしょう。

足が止まって身体が突っ込む、のが一番怖いですから。

足から前に出ていくのは、すごく良いこと。

そもそも、相手がスライスの構えになった段階で、頭をしっかり遅いボールに切り替える。

ロブなのか、足元に沈められるのか。

足元に沈められるようなショットなら、前に詰めることが出来ないか・・・を、瞬時に判断しましょう!

 

遅いボールのボレー、なかなか苦戦しますよね。

速い、遅い、の繰り返しでネットプレーを揺さぶられると、多くの人は崩れていきます。

スライスショットをしっかりボレーで返球していく。

この難しさ、を知って練習した人から、本当に試合で使えるネットプレーが身についていくのです。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

    テニスの試合、相手が感情的になる試合。こういう試合、場面を、増…

  2. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる

    試合の中で、しびれるような場面でポーチに出る。これが出来れば、…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

  5. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから

    ネットプレーに取り組んでいるけど、自分のボレーアウトで終わることが多い…

  6. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  3. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ベースラインからのストローク展開で、「ライジングショットがなぜ必要なのか?」を改…
  5. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う
PAGE TOP