テニス ダブルス

シングルス

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

最後まで諦めずに、ボールを追う。

これって、本当に難しいし、特に消耗が激しい試合の終盤ではかなり大変、なことですよね。

でも、実際にやってみると、思わぬ形でポイントが取れたりするのもテニス。

みなさん、イメージしてみてください。

走り回って最後に誰もいないコート・・・に打つのって、結構大変じゃないですか?

 

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

 


 

1.がら空きのコート、に相手が打ち込む場面って・・・

プロ選手や、本当にシングルスの試合に慣れている人なら、さほど難しくないでしょう。

でも、私たちの試合、であればどうでしょうか。

相手を走らせて、コートから完全に追い出している。

後は、コースを狙ってボールを運ぶだけ。

でも、これって簡単なこと・・・でしょうか?

私は、そうでもないと思いますよ。

粘って拾って、あとは決めるだけ。

この決めるだけってのが、本当に難しいんですよ。

 

2.「もう決まったな」と、周りが期待している空気がすごい

実際に試合では、そうじゃないですか?

誰がどう見ても、もう決まった・・・ような場面。

その視線、空気がすごく痛い。

打てば決まる、でも緊張から足が止まるし、グリップもつい強く握ってしまう。

打てば決まる場面ほど、打つことが難しいケースはありません。

それに、コートの誰もいない場所って、案外目標物も無いし狙い辛い。

この現実を、しっかり覚悟しておかないといけないんですよね。

 

3.「決めないと・・・今までのラリーが無駄に・・・」という発想は、捨てる

この発想を持っているから、緊張してしまう。

せっかく相手を走らせて、そこまで成功した自分が惜しい、もったいなく感じてしまうとより緊張してしまいますからね。

今までのラリー、のことは無視する、忘れる。

ただその最後のショット、に集中する。

もしかしたら、最後じゃないかもしれないですしね。

とにかく、自分の中でしっかり整理して、周りの空気に流されない。

それから、もっと大事なのはしっかり「振り切る」ことです。

 

4.振り切らないから、コントロールがおかしくなる

誰もいないようなコート、オープンスペース。

つい、ボールを置きにいきたくなりますよね。

これでは、試合で勝てないでしょう。

なぜなら、置きにいくような調整したショットは、絶対に安定しないから。

スピンでもスライスでも、とにかく振り切る、しっかり打つ。

決めるショットだからと言って、特別なものにしないことが一番です。

いつもと目の前の景色は違うけど、それに影響されないことが大事。

みなさん、どうでしょう。

 

マッチポイント、相手をコートから追い出した!

そのあと・・・のショットは、みなさんしっかり打ててますでしょうか?

この点、甘く見ていると試合で痛い目、を見るでしょう。

試合慣れした相手、はこういうミスを誘ってきます。

拾って拾って、最後に打たせてみる・・・ような相手、に負けてはいけないんです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  2. テニス リターン
  3. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!

    シングルスの試合で、使える攻撃パターン。錦織選手も、この形でよ…

  4. テニス 調子

    シングルス

    全仏オープン男子決勝で改めて感じた、「ムーンボールの活用」はシングルスの試合で絶対必要!

    全仏オープン男子決勝はジョコビッチ選手が制して、生涯グランドスラムを達…

  5. テニス サーブ
  6. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
  2. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう
  3. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  4. テニス 部活

    練習メニュー

    高校からテニスを始めても「上達して強くなる」為に、必要な意識4つ
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割
PAGE TOP