テニス ダブルス

シングルス

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

最後まで諦めずに、ボールを追う。

これって、本当に難しいし、特に消耗が激しい試合の終盤ではかなり大変、なことですよね。

でも、実際にやってみると、思わぬ形でポイントが取れたりするのもテニス。

みなさん、イメージしてみてください。

走り回って最後に誰もいないコート・・・に打つのって、結構大変じゃないですか?

 

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

 

1.がら空きのコート、に相手が打ち込む場面って・・・

プロ選手や、本当にシングルスの試合に慣れている人なら、さほど難しくないでしょう。

でも、私たちの試合、であればどうでしょうか。

相手を走らせて、コートから完全に追い出している。

後は、コースを狙ってボールを運ぶだけ。

でも、これって簡単なこと・・・でしょうか?

私は、そうでもないと思いますよ。

粘って拾って、あとは決めるだけ。

この決めるだけってのが、本当に難しいんですよ。

 

2.「もう決まったな」と、周りが期待している空気がすごい

実際に試合では、そうじゃないですか?

誰がどう見ても、もう決まった・・・ような場面。

その視線、空気がすごく痛い。

打てば決まる、でも緊張から足が止まるし、グリップもつい強く握ってしまう。

打てば決まる場面ほど、打つことが難しいケースはありません。

それに、コートの誰もいない場所って、案外目標物も無いし狙い辛い。

この現実を、しっかり覚悟しておかないといけないんですよね。

 

3.「決めないと・・・今までのラリーが無駄に・・・」という発想は、捨てる

この発想を持っているから、緊張してしまう。

せっかく相手を走らせて、そこまで成功した自分が惜しい、もったいなく感じてしまうとより緊張してしまいますからね。

今までのラリー、のことは無視する、忘れる。

ただその最後のショット、に集中する。

もしかしたら、最後じゃないかもしれないですしね。

とにかく、自分の中でしっかり整理して、周りの空気に流されない。

それから、もっと大事なのはしっかり「振り切る」ことです。

 

4.振り切らないから、コントロールがおかしくなる

誰もいないようなコート、オープンスペース。

つい、ボールを置きにいきたくなりますよね。

これでは、試合で勝てないでしょう。

なぜなら、置きにいくような調整したショットは、絶対に安定しないから。

スピンでもスライスでも、とにかく振り切る、しっかり打つ。

決めるショットだからと言って、特別なものにしないことが一番です。

いつもと目の前の景色は違うけど、それに影響されないことが大事。

みなさん、どうでしょう。

 

マッチポイント、相手をコートから追い出した!

そのあと・・・のショットは、みなさんしっかり打ててますでしょうか?

この点、甘く見ていると試合で痛い目、を見るでしょう。

試合慣れした相手、はこういうミスを誘ってきます。

拾って拾って、最後に打たせてみる・・・ような相手、に負けてはいけないんです。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. シングルス

    シコラーを攻め切るには、まずシングルスの試合はこの作戦でいこう!

    シングルスの試合、粘り強い相手との試合。それだけで、ちょっと気…

  2. テニス シングルス
  3. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

    試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念があり…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
  2. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  3. テニス 上達

    その他

    「あ、俺テニス上手くなってきたかも・・・」と感じる瞬間は、こんなときかも知れない…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー
PAGE TOP