テニス ダブルス

シングルス

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

最後まで諦めずに、ボールを追う。

これって、本当に難しいし、特に消耗が激しい試合の終盤ではかなり大変、なことですよね。

でも、実際にやってみると、思わぬ形でポイントが取れたりするのもテニス。

みなさん、イメージしてみてください。

走り回って最後に誰もいないコート・・・に打つのって、結構大変じゃないですか?

 

諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

 

1.がら空きのコート、に相手が打ち込む場面って・・・

プロ選手や、本当にシングルスの試合に慣れている人なら、さほど難しくないでしょう。

でも、私たちの試合、であればどうでしょうか。

相手を走らせて、コートから完全に追い出している。

後は、コースを狙ってボールを運ぶだけ。

でも、これって簡単なこと・・・でしょうか?

私は、そうでもないと思いますよ。

粘って拾って、あとは決めるだけ。

この決めるだけってのが、本当に難しいんですよ。

 

2.「もう決まったな」と、周りが期待している空気がすごい

実際に試合では、そうじゃないですか?

誰がどう見ても、もう決まった・・・ような場面。

その視線、空気がすごく痛い。

打てば決まる、でも緊張から足が止まるし、グリップもつい強く握ってしまう。

打てば決まる場面ほど、打つことが難しいケースはありません。

それに、コートの誰もいない場所って、案外目標物も無いし狙い辛い。

この現実を、しっかり覚悟しておかないといけないんですよね。

 

3.「決めないと・・・今までのラリーが無駄に・・・」という発想は、捨てる

この発想を持っているから、緊張してしまう。

せっかく相手を走らせて、そこまで成功した自分が惜しい、もったいなく感じてしまうとより緊張してしまいますからね。

今までのラリー、のことは無視する、忘れる。

ただその最後のショット、に集中する。

もしかしたら、最後じゃないかもしれないですしね。

とにかく、自分の中でしっかり整理して、周りの空気に流されない。

それから、もっと大事なのはしっかり「振り切る」ことです。

 

4.振り切らないから、コントロールがおかしくなる

誰もいないようなコート、オープンスペース。

つい、ボールを置きにいきたくなりますよね。

これでは、試合で勝てないでしょう。

なぜなら、置きにいくような調整したショットは、絶対に安定しないから。

スピンでもスライスでも、とにかく振り切る、しっかり打つ。

決めるショットだからと言って、特別なものにしないことが一番です。

いつもと目の前の景色は違うけど、それに影響されないことが大事。

みなさん、どうでしょう。

 

マッチポイント、相手をコートから追い出した!

そのあと・・・のショットは、みなさんしっかり打ててますでしょうか?

この点、甘く見ていると試合で痛い目、を見るでしょう。

試合慣れした相手、はこういうミスを誘ってきます。

拾って拾って、最後に打たせてみる・・・ような相手、に負けてはいけないんです。

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  5. テニス 攻撃

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で「配球で相手を崩す」為に必要な、コート4分割の発想とは?

    テニスをはじめ、ネットを挟んで対戦するスポーツのほとんどは。「相手のい…

  6. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること
  4. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
  5. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で相手にボールを渡す、ときの4つの基本マナー
PAGE TOP