テニス ボレー

メンタル

1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。

早ければ30分以内で終わってしまう、でも長ければ1時間以上・・・。

そう、テニスって「試合時間」は決まっていないですから。

でも、長い試合を苦手にしている人は多い。

だからチャンス、だと思いませんか?

 

1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

 

1.どこかで、6-3や6-4で終わりたいと思ってない?

つい、私たちは期待してしまいますよね。

もつれるような試合、には出来るだけしたくない。

接戦になったら勝ちたいけど、5-5、6-6になると・・・つい、気持ちが引いてしまう。

これが自然だと思います。

だからこそ、アナタ自身が強くなれば、結果は変わる。

今回はその為に、私が試合で使っているアイデアをご紹介します。

 

2.5-5から6-5にして、タイブレークへが理想

あくまで私の考え、ですが、基本はタイブレ歓迎のスタンスです。

ただし、「追いついてから、タイブレークに入る」のは避けたい。

消耗した状態ですし、手を尽くしてタイブレに持ち込んだ後は戦い辛い、ですから。

だから大事なのは、5-5の次のゲーム。

6-5に出来るかどうか、に全力を尽くさないといけない。

6-5にさえ出来れば、次取られてもタイブレに安心して入ることが出来る。

みたいな感じのこと、を私は考えながら試合を進めています。

 

3.メンタルが強い人が、タイブレに強い訳じゃない

ココ、よく誤解されますが、そうだと思います。

結局は準備と具体策、あとは自分のメンタルの作り方、次第と思います。

タイブレに強い人は、タイブレの戦い方を持っている。

私の考え方、もあくまで一例、です。

ただ、考えているかどうか。

日々考えて、練習でも5-5や6-5、のゲームカウントをイメージしながら出来るかどうか、だと思います。

 

4.「これで取られたら、しょうがない」というパターン、ありますか?

みなさん、どうでしょうか。

5-5、30-30のカウントで、どういうプレーでポイントを取っていくのか。

「もう、これで取られたら仕方ないか」と思えるポイント、がアナタ自身にあるかどうか、が大事です。

試合の終盤って、結構小さいことで心が折れやすいですからね。

「これでダメなら、仕方ない」という心の準備、が出来ていれば最後まで戦えますから。

ほんと小さいことですけど、こういうのって大事ですよ。

 

5-5、6-6の準備、しっかりして試合に入る。

上辺だけ、じゃダメです。

本気で、粘り強く試合の終盤を戦う覚悟、を決めるかどうか。

そうやって入った試合なら、タイブレでも勝てるはずです。

ま、そこまでやって負けたら仕方ないですよ。

ピックアップ記事

  1. 「第2回 読者ミーティング」を開催します
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「試合中に逃げ出したくなる自分に負けない」テニスの試合で勝てるメンタルを養う為に

    テニスの試合に出ている人であれば、誰でも一度は経験があるのではないでし…

  3. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?

    団体戦や応援の中で、こういうアドバイス、みなさんも聞いた経験無いですか…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない

    試合で勝ち切れない人、に共通すること。私はプロの試合も審判台の…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでチャンスを活かせる人は、日頃から準備が出来ている

    チャンスに強い人、は本番にも強い。結果も出せる。でも・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです
  2. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  3. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が定まらない人は、「ラケットを振り出すタイミング」を少し早くして…
  5. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です
PAGE TOP