テニス シューズ

フットワーク

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

テニスの試合、前方向へのダッシュ機会、多いですよね。

ネットに詰める、ドロップショットを追いかける・・・結構、全力で走り出すこと多いじゃないですか。

その為に、正しい身体の使い方、をぜひ考えておいて欲しい。

前方向に、急に走り出してボールに追いつく。

その為に必要なのって、これだと思います。

 

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

 

1.陸上短距離選手、のスタートを確認してみよう

当たり前ですが、前傾姿勢ですよね。

短い距離を走る陸上競技、みたいな場面がテニスの試合では多い。

でも、ラリーの中で・・・ですからね。

両手を下についてお尻を上げる、ようなスタートの構えは出来ない。

だったら・・・上半身を前に倒して、一気に加速していくイメージを持ってみる。

プロ選手でも、前方向にダッシュするときって、すごく前傾姿勢ですよね。

この点、実際の試合でもすごく使えるテクニックなんです。

 

2.出だしで大きく腕を振ろう

これで、さらに加速出来ます。

スタートダッシュ、で加速する為には腕を大きく振る必要があるでしょう。

ラケットを持つ手首は固定して、両手を振る。

ボールに近付いてから、横向きで入る感じ。

出だしはとにかく、激しく身体を動かしながら前傾姿勢を作って走り出す。

これを徹底するだけで、かなり守備範囲は広がりますよ。

 

3.姿勢が良いのは、打つ瞬間だけで良い

きっと、「姿勢を良くしないと!」と思っていると、速く走れない。

打つ瞬間、だけで良いと思いますよ、上体を起こすのは。

ずっと背筋を伸ばして姿勢が良い状態って、走れなくないですか?特に前に。

もっと効率的に、しっかり走る良い方法があるはず。

これは、真剣に考えた人だけが気付いて変えていける部分、だと思います。

 

4.前に突っ込む走り方は、相手にもプレッシャーを与える

実際に、取られそう!と思いますからね。

必死で前に走る相手って、やっぱり嫌です、試合では。

ドロップショットを諦めないで追いかける相手って、本当にプレッシャーになる。

同時に、前が弱い相手はドロップショットが得意な技巧派の相手には良いようにやられてしまいます。

ここだけは、声を大にして言いたいところ。

前に走れない選手は、試合で勝てない。

シングルスでもダブルスでも、です。

 

前傾姿勢でバランス良くスタートを切る。

これって、意外と難しいですよ。

普段から、練習してみてください。

前傾姿勢でスタートして、追い付く少し前に身体を起こして対応する。

コートカバーリング力、かなりアップすると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想

    「攻撃は最大の防御なり」という言葉、ありますよね。ですが実際に…

  3. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

    素早く動いて、前に詰める。この動きが速い選手が、それだけですご…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない

    テニススクールや高校の部活動で、よく見る光景。テニスのルールの…

  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本

    今回のWBCの試合を観ていると、「守備のときのポジショニング」の重要性…

  6. テニス サッカー

    フットワーク

    フットワークにスランプは無い、というのは本当です

    テニスの試合、調子が良い悪い、はどうしても出て来ます。気にしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?
  2. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
  3. テニス 疲れ

    メンタル

    みんな誰しもが、試合5分前になると「現実主義者」になるのがテニスです
  4. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、センター狙いは、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?
PAGE TOP