テニス シューズ

フットワーク

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

テニスの試合、前方向へのダッシュ機会、多いですよね。

ネットに詰める、ドロップショットを追いかける・・・結構、全力で走り出すこと多いじゃないですか。

その為に、正しい身体の使い方、をぜひ考えておいて欲しい。

前方向に、急に走り出してボールに追いつく。

その為に必要なのって、これだと思います。

 

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

 

1.陸上短距離選手、のスタートを確認してみよう

当たり前ですが、前傾姿勢ですよね。

短い距離を走る陸上競技、みたいな場面がテニスの試合では多い。

でも、ラリーの中で・・・ですからね。

両手を下についてお尻を上げる、ようなスタートの構えは出来ない。

だったら・・・上半身を前に倒して、一気に加速していくイメージを持ってみる。

プロ選手でも、前方向にダッシュするときって、すごく前傾姿勢ですよね。

この点、実際の試合でもすごく使えるテクニックなんです。

 

2.出だしで大きく腕を振ろう

これで、さらに加速出来ます。

スタートダッシュ、で加速する為には腕を大きく振る必要があるでしょう。

ラケットを持つ手首は固定して、両手を振る。

ボールに近付いてから、横向きで入る感じ。

出だしはとにかく、激しく身体を動かしながら前傾姿勢を作って走り出す。

これを徹底するだけで、かなり守備範囲は広がりますよ。

 

3.姿勢が良いのは、打つ瞬間だけで良い

きっと、「姿勢を良くしないと!」と思っていると、速く走れない。

打つ瞬間、だけで良いと思いますよ、上体を起こすのは。

ずっと背筋を伸ばして姿勢が良い状態って、走れなくないですか?特に前に。

もっと効率的に、しっかり走る良い方法があるはず。

これは、真剣に考えた人だけが気付いて変えていける部分、だと思います。

 

4.前に突っ込む走り方は、相手にもプレッシャーを与える

実際に、取られそう!と思いますからね。

必死で前に走る相手って、やっぱり嫌です、試合では。

ドロップショットを諦めないで追いかける相手って、本当にプレッシャーになる。

同時に、前が弱い相手はドロップショットが得意な技巧派の相手には良いようにやられてしまいます。

ここだけは、声を大にして言いたいところ。

前に走れない選手は、試合で勝てない。

シングルスでもダブルスでも、です。

 

前傾姿勢でバランス良くスタートを切る。

これって、意外と難しいですよ。

普段から、練習してみてください。

前傾姿勢でスタートして、追い付く少し前に身体を起こして対応する。

コートカバーリング力、かなりアップすると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

    打った後に、どうやって早く戻るのか。この問題、について考えてい…

  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  3. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる

    フットワークが鋭い、そう、速いのではなく鋭い選手がいる。それは…

  4. テニス ボレー
  5. フットワーク

    「打った後は、必ず足を戻す」癖を付ければプレーは見違える

    フットワークの基本、試合の中でつい見落としがちな部分。打った後…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
PAGE TOP