テニス シューズ

フットワーク

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

テニスの試合、前方向へのダッシュ機会、多いですよね。

ネットに詰める、ドロップショットを追いかける・・・結構、全力で走り出すこと多いじゃないですか。

その為に、正しい身体の使い方、をぜひ考えておいて欲しい。

前方向に、急に走り出してボールに追いつく。

その為に必要なのって、これだと思います。

 

前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本

 

1.陸上短距離選手、のスタートを確認してみよう

当たり前ですが、前傾姿勢ですよね。

短い距離を走る陸上競技、みたいな場面がテニスの試合では多い。

でも、ラリーの中で・・・ですからね。

両手を下についてお尻を上げる、ようなスタートの構えは出来ない。

だったら・・・上半身を前に倒して、一気に加速していくイメージを持ってみる。

プロ選手でも、前方向にダッシュするときって、すごく前傾姿勢ですよね。

この点、実際の試合でもすごく使えるテクニックなんです。

 

2.出だしで大きく腕を振ろう

これで、さらに加速出来ます。

スタートダッシュ、で加速する為には腕を大きく振る必要があるでしょう。

ラケットを持つ手首は固定して、両手を振る。

ボールに近付いてから、横向きで入る感じ。

出だしはとにかく、激しく身体を動かしながら前傾姿勢を作って走り出す。

これを徹底するだけで、かなり守備範囲は広がりますよ。

 

3.姿勢が良いのは、打つ瞬間だけで良い

きっと、「姿勢を良くしないと!」と思っていると、速く走れない。

打つ瞬間、だけで良いと思いますよ、上体を起こすのは。

ずっと背筋を伸ばして姿勢が良い状態って、走れなくないですか?特に前に。

もっと効率的に、しっかり走る良い方法があるはず。

これは、真剣に考えた人だけが気付いて変えていける部分、だと思います。

 

4.前に突っ込む走り方は、相手にもプレッシャーを与える

実際に、取られそう!と思いますからね。

必死で前に走る相手って、やっぱり嫌です、試合では。

ドロップショットを諦めないで追いかける相手って、本当にプレッシャーになる。

同時に、前が弱い相手はドロップショットが得意な技巧派の相手には良いようにやられてしまいます。

ここだけは、声を大にして言いたいところ。

前に走れない選手は、試合で勝てない。

シングルスでもダブルスでも、です。

 

前傾姿勢でバランス良くスタートを切る。

これって、意外と難しいですよ。

普段から、練習してみてください。

前傾姿勢でスタートして、追い付く少し前に身体を起こして対応する。

コートカバーリング力、かなりアップすると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある

    普段、何気なくやっているステップ。テニスの基本、スプリットステ…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

  3. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

    テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプ…

  6. テニス ダブルス

    フットワーク

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
  2. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打…
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには、「最後に手首の形だけしっかり作る」ことでネ…
  5. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
PAGE TOP