ボレー

低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

最近大活躍の、マクラクラン勉選手。

まだ私自身、何度かテレビで観ただけ・・・ですが、印象に残っているプレーはこれ、です。

ポーチに出る姿勢、多分どの選手よりも「低さ」がある。

低い態勢でポーチに出ることで、生じるメリットはたくさんある。

このポイント、改めて確認しておきましょう!

低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

1.ふかすようなミスが減る

ポーチで多いの、これじゃないですか。

つい力んで、アウトしてしまう。

その原因って、上体が高く打点が後ろ、でラケットが弾かれてしまうケースが多い。

自分の態勢を低く出来れば、重心も低くどっしりした感じが出る。

打点も前に、テイクバックも小さくコンパクトなボレーになりますからね。

膝を曲げて背筋を伸ばして、目線を落とす。

きっと、これだけでかなりの確率でミスが減ると思います。

2.アウトボールを触らなくなる

これが一番、私は大きいと思います。

実際に全豪オープンの試合を見ていても、ポーチに出てしっかりウォッチする、というマクラクラン選手のプレーが目立ちました。

すごく、良いプレーですよね、これって。

ポーチに出ると、意外とそれだけで熱くなってアウトボールまで触ってしまう人が多いんですが、態勢が低いと判断がしやすい。

ほぼ、私の場合はハイボレーになったらアウト、だと思っています。

相手のリターンの質にもよりますが、こういう基準が持てるのも態勢が低いメリットですね。

3.ドロップボレーを打ちやすい

これもすごく良いこと、だと思います。

目線が低いと、山なりなドロップボレーも打ちやすい。

上体が高いと柔らかいショットって、ミスが増えるですよ。

膝が曲がっているからこそ、打つボールに柔らかさが出る。

ドロップボレーも、ポーチで使える必勝テクですからね。

特に雁行陣に対抗してくには、絶対に必要だと覚悟して下さい。

4.相手に気付かれにくい

意外と、これ、みなさん忘れていませんか?

リターンを打つ相手、にばれないんですよ、本当に。

低い態勢を作るだけで、少し存在感を消せる。

この少し、というのがストレートリターンを防ぐ良いポイント、になります。

スススっとポーチに出るような人って、すごく態勢が低い。

身長が高い人でも、これを意識するとかなり違いますよ。

「え?出てたの・・・?」と思うような感じ、にリターンを落とし込めれば試合は勝ったようなものです。

5.メンタルが安定する

実はこれ、もあると私は思っています。

目線が低いと、すごく冷静になれる。

ポーチを打った後、もう一度自分が触るような展開、にも強くなる。

低い態勢ですから、足元に打たれても強いですからね。

上は抜かれても、ポーチですから、しっかり後衛に任せましょう。

精神的な強さは、自分の身体の態勢で作ることが出来る。

私はそう思いますよ。

とにかく、低い態勢で出る。

ポーチが苦手な人は、まず態勢が高いですからね。

この部分を変えるだけでも、絶対に成功確率は変わります。

直ぐに出来ること、はどんどん試してみて下さい。

違うな、と思ったら止めれば良い話ですから。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばOK

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、…

  3. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある

    良いサーブが入って、「よし!ポーチだ!」と、動く。でも、相手のリタ…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスペアとして強くなりたいなら、摩擦を恐れてはいけない
  2. テニス トレーニング

    その他

    テニスに必要なトレーニングは、「ショット別に目的を落とし込む」ことで意欲も高まる…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!
  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう
  5. ボレー

    ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為
PAGE TOP