テニス 準備

練習メニュー

2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?

ラケットを使ってボールを打つのは、基本的に禁止されてますよね。

ボールが2つあれば、簡単に出来るウォーミングアップ。

普段の練習からも、ぜひやってみて下さい。

試合の序盤での反応速度、かなり変わりますよ!

 

2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

 

まずは、動画を見てみて下さい。

やり方は簡単で、難易度も調整可能です。

ワンバウンド、ノーバウンド、のキャッチボールを両手で至近距離で行うだけ。

結構、盛り上がりますよ。

 

 

この練習、ウォーミングアップのコツは3つあります。

 

1.至近距離で、最初はゆっくり

テンポを上げるのは、慣れてきてから。

しっかり、ゆっくり確実にキャッチボール、していきましょう。

お互いで呼吸を合わせていく、のがまず大事です。

ボールを見ながら、その反対側にあるもう1つのボールも意識しておく。

投げたら次、というリズムが大事ですね。

 

2.返球は相手が「手を動かさなくても取れる」所に正確に

このコントロール、大事ですよ。

キャッチするのは簡単でも、相手にボールを戻すのがこの練習は難しい。

戻す球筋が荒れると、まず続かないですから。

しっかり続き出すと、どんどん続きます。

そうなると、楽しくなってきっと効果も出て来ると思いますよ。

 

3.ワンバウンド、ノーバウンドを上手く混ぜよう

このセンス、大事です。

リードする側、ボールを出す側の選手が、上手くランダムに出していく。

実際の試合では、どんなボールが来るか分かりませんからね。

実際にラリーしているような感じ、でボールを出してあげる。

急にボレーが来ても対応できるように、ノーバウンドのボールもどんどん混ぜてみましょう。

動きながら、軽く足を動かしながらやってみると、結構息も上がります。

ぜひ、試してみてください。

 

■その他のウォーミングアップの参考記事はコチラ

試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ

試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見直そう!

ボール2個で簡単に出来る、超絶使えるフットワークトレーニング

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。ま…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  3. テニス 部活

    練習メニュー

    テニス部の後輩を指導するときに、「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    なかなか練習内容を決められない人は、「判断基準を絞る」ことが出来ていない

    「今日の練習、何する?」から、何も進まないで結局いつものラリー…

  5. テニス 試合

    練習メニュー

    大人になっても平気で練習に遅刻する人は、最高にダサい

    みなさんの周りでも、いませんか?学生時代ならまだ許されたかも知…

  6. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げ…
  2. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い
  3. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強く打ち込んでくるハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応…
  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、断然試合では決まりやすい
PAGE TOP