テニス メンタル

日々の雑記

情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

気が付けば、もうあっという間に2月・・・。

大雪に見舞われて大変な方も多いと思います。

私も関東で久しぶりにこんなに雪降ったなー、という感じで、なかなかテニスが出来ない毎日・・・辛いですね。

 

テニスが出来なくても、今は自分で動画を見たり、たくさんの情報を得れますよね。

スマートフォンで簡単に動画撮影もできるし、最近の学生のみなさんは本当に羨ましいなと思います。

上手くなる材料、環境はすごく整っている。

私も30代半ばですが、上手い選手を観る機会って本当に少なかったです。

もちろん、ビデオで見ることは出来ましたが、それって基本はプロ選手の試合。

自分たちよりちょっと上、例えば県の代表選手とかの試合は、生で観に行くしか手段が無かった。

でも最近では、そういう一般のトップレベルの試合も動画サイトで観ることが出来たりしますし、誰か一人が観に行ければ撮影だって簡単。

自分たちで情報を得て、シェアして分析する。

凄い時代ですよね。

 

でも、同時に感じることがあります。

これって、凄く自分に壁を作ってしまう、悪いきっかけにならないかな、と。

県内トップレベルの選手ならともかく、テニス選手の凄さをただ動画で見て、「自分には無理だな」と諦めてしまう学生も増えるんじゃないかなと。

もちろん、その逆で「やってやるぞ!」と奮起する方もいるでしょうが・・・。

知る機会が増えたことで、自分自身を追い込んでしまう。

これは、テニスに限ったことでもないのかも知れません。

 

自分で調べて、いかに自信や行動力に変えていけるかどうか。

これは、現代のテニスにおいてもすごく大事なポイントだと思います。

少なくとも、このT-PRESSのサイトはみなさんの可能性を拡げるサイト、でないといけないと感じています。

厳しいことも書きます。

辛いことばかりだと言います。

でも、テニスの試合、大会という場に身を置くみなさんの力になっていきたい。

そう考えて、今日も明日も必死で頭を使いながら記事を書いていきたいと思います。

また、近々アンケートでみなさんのお声を聞かせて頂ければと思いますので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない

    今日、という日。実は、多くのテニスファン、関係者が待ち続けた日…

  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

  3. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  4. テニス 錦織圭

    日々の雑記

    「錦織圭」選手について、アナタは自分の意見を持っておく必要がある

    重たいタイトルですみません・・・が、最近思うことを、書いてみたいと思い…

  5. テニス 序盤

    日々の雑記

    刺激無くして、進歩無し

    平昌オリンピック、日本選手団すごい活躍でしたね・・・。ほぼ時差…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか

    何だか急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いんじゃないでしょうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう…
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「相手は簡単にミスしない」の精神で試合に入ること
  3. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い
  4. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルスでのサーブ&ボレーヤーは、「相手前衛との戦い」に勝利しなくては…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
PAGE TOP