リターン

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

ダブルスの試合、リターンのサイド。

ノーアドバンテージ形式だと、結構迷うこともあるのが試合、です。

私の場合、試合前に基本決めて挑みますが、どうしても試合をやってみての調子、も影響して来るでしょう。

いつもは調子が良い方の選手、が全然ダメなケースもありますしね。

でも、この考え方は大事だと思いますよ。

 

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

 

1.大事なのは、40-40になった段階で迷わないこと

これはシングルスの試合、でもそうだと思います。

40-40になってから、「サイドどうしよう・・・」なんて選手、ペアは、試合で勝てない。

しっかり事前に決めてそれを変更しない、という強い意志を持つか、せめて30-40の時、には決めておきましょう。

もちろん、40-30の時、もですが、40-30から追い付いたなら、予定通りかその追い付いた側のアドバンテージサイドの選手、がリターンするべきでしょう。

迷わない、その為の準備をしておくこと。

それには、ちょっとした声掛けも大事になってくるんです。

 

2.40-40になっても良い!と思えると強い

30-40でリターン側がリードしていて、失点して40-40になる。

一見まずそうですが、これも30-40の段階で「40-40になったらサイドはこっちね。だから、失点しても良いつもりでいこう!」となるじゃないですか。

2本中1本取ればOK、と考えると楽。

ブレイクポイントは絶対に取らないといけない、と思うと力が入りますから。

ダブルスなら、ペアで声掛けしながら40-40を迎えること。

そう、あくまで自分たちのペース何だと思えると強いですよ。

こういうのに、実力って関係無いですから。

 

3.40-40はリターン有利!だと私は思っています

あくまで、私たちのレベルです。

プロ選手の試合でそもそもノーアドバンテージ形式、の試合はほとんど無いでしょうが・・・。

リターンが優位、だと考えるのは「ダブルフォルトが多い」から。

学生や一般の試合、40-40になった段階でサーブを打つ選手はダブルフォルトが怖い。

だからセカンドになった段階で、もう弱気な選手も少なくない。

だからこそ、リターン側が有利だと考えておく。

それだけで、かなり楽だと思いませんか?

 

4.リターンの意識として、何とか30-40に持ち込もう!

このカウントに出来れば、ノーアド形式の試合はリターン優位。

相手がもう、2ポイント失点出来ないような状況、にしてあげればすごく楽です。

特に、サーブに苦手意識がありそうな相手では、有効です。

30-40のカウントに、何とか乗せてみる。

きっと、自然とサーブ側から崩れていってくれると思いますよ。

逆にアナタ自身がサーブ側の時は、是が非でも30-30の次のポイントは取らないと危ない。

これが、ノーアドバンテージ形式での戦い方の基本、です。

 

リターン側がサイドを決めて、40-40を迎える。

これだけで、ダブルスペアはグッと雰囲気が変わります。

私は、日本人の美徳的な譲り合いのリターン、正直大嫌いです。

やりたくない、責任を取りたくない、という人はコートから退場。

だからこそ、事前に決めておくことが大事なんですよ。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

  2. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?そうじゃなくて、それが実力なんです

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  6. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルト病が重症な人は、「セカンドサーブはスウィングスピードを上げる!」と…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ストレートケアしとくね!」→ストレートに打たれる→ボレーがネットに→「・・・」…
  3. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差に…
  4. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4…
  5. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」
PAGE TOP