リターン

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

ダブルスの試合、リターンのサイド。

ノーアドバンテージ形式だと、結構迷うこともあるのが試合、です。

私の場合、試合前に基本決めて挑みますが、どうしても試合をやってみての調子、も影響して来るでしょう。

いつもは調子が良い方の選手、が全然ダメなケースもありますしね。

でも、この考え方は大事だと思いますよ。

 

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

 

1.大事なのは、40-40になった段階で迷わないこと

これはシングルスの試合、でもそうだと思います。

40-40になってから、「サイドどうしよう・・・」なんて選手、ペアは、試合で勝てない。

しっかり事前に決めてそれを変更しない、という強い意志を持つか、せめて30-40の時、には決めておきましょう。

もちろん、40-30の時、もですが、40-30から追い付いたなら、予定通りかその追い付いた側のアドバンテージサイドの選手、がリターンするべきでしょう。

迷わない、その為の準備をしておくこと。

それには、ちょっとした声掛けも大事になってくるんです。

 

2.40-40になっても良い!と思えると強い

30-40でリターン側がリードしていて、失点して40-40になる。

一見まずそうですが、これも30-40の段階で「40-40になったらサイドはこっちね。だから、失点しても良いつもりでいこう!」となるじゃないですか。

2本中1本取ればOK、と考えると楽。

ブレイクポイントは絶対に取らないといけない、と思うと力が入りますから。

ダブルスなら、ペアで声掛けしながら40-40を迎えること。

そう、あくまで自分たちのペース何だと思えると強いですよ。

こういうのに、実力って関係無いですから。

 

3.40-40はリターン有利!だと私は思っています

あくまで、私たちのレベルです。

プロ選手の試合でそもそもノーアドバンテージ形式、の試合はほとんど無いでしょうが・・・。

リターンが優位、だと考えるのは「ダブルフォルトが多い」から。

学生や一般の試合、40-40になった段階でサーブを打つ選手はダブルフォルトが怖い。

だからセカンドになった段階で、もう弱気な選手も少なくない。

だからこそ、リターン側が有利だと考えておく。

それだけで、かなり楽だと思いませんか?

 

4.リターンの意識として、何とか30-40に持ち込もう!

このカウントに出来れば、ノーアド形式の試合はリターン優位。

相手がもう、2ポイント失点出来ないような状況、にしてあげればすごく楽です。

特に、サーブに苦手意識がありそうな相手では、有効です。

30-40のカウントに、何とか乗せてみる。

きっと、自然とサーブ側から崩れていってくれると思いますよ。

逆にアナタ自身がサーブ側の時は、是が非でも30-30の次のポイントは取らないと危ない。

これが、ノーアドバンテージ形式での戦い方の基本、です。

 

リターン側がサイドを決めて、40-40を迎える。

これだけで、ダブルスペアはグッと雰囲気が変わります。

私は、日本人の美徳的な譲り合いのリターン、正直大嫌いです。

やりたくない、責任を取りたくない、という人はコートから退場。

だからこそ、事前に決めておくことが大事なんですよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  3. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  6. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
  2. フットワーク

    コートカバーが遅れる、本当の理由
  3. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシ…
  4. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  5. 戦術

    テニスの試合では、「相手の主張」を受けて立とう
PAGE TOP