リターン

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

ダブルスの試合、リターンのサイド。

ノーアドバンテージ形式だと、結構迷うこともあるのが試合、です。

私の場合、試合前に基本決めて挑みますが、どうしても試合をやってみての調子、も影響して来るでしょう。

いつもは調子が良い方の選手、が全然ダメなケースもありますしね。

でも、この考え方は大事だと思いますよ。

 

ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

 

1.大事なのは、40-40になった段階で迷わないこと

これはシングルスの試合、でもそうだと思います。

40-40になってから、「サイドどうしよう・・・」なんて選手、ペアは、試合で勝てない。

しっかり事前に決めてそれを変更しない、という強い意志を持つか、せめて30-40の時、には決めておきましょう。

もちろん、40-30の時、もですが、40-30から追い付いたなら、予定通りかその追い付いた側のアドバンテージサイドの選手、がリターンするべきでしょう。

迷わない、その為の準備をしておくこと。

それには、ちょっとした声掛けも大事になってくるんです。

 

2.40-40になっても良い!と思えると強い

30-40でリターン側がリードしていて、失点して40-40になる。

一見まずそうですが、これも30-40の段階で「40-40になったらサイドはこっちね。だから、失点しても良いつもりでいこう!」となるじゃないですか。

2本中1本取ればOK、と考えると楽。

ブレイクポイントは絶対に取らないといけない、と思うと力が入りますから。

ダブルスなら、ペアで声掛けしながら40-40を迎えること。

そう、あくまで自分たちのペース何だと思えると強いですよ。

こういうのに、実力って関係無いですから。

 

3.40-40はリターン有利!だと私は思っています

あくまで、私たちのレベルです。

プロ選手の試合でそもそもノーアドバンテージ形式、の試合はほとんど無いでしょうが・・・。

リターンが優位、だと考えるのは「ダブルフォルトが多い」から。

学生や一般の試合、40-40になった段階でサーブを打つ選手はダブルフォルトが怖い。

だからセカンドになった段階で、もう弱気な選手も少なくない。

だからこそ、リターン側が有利だと考えておく。

それだけで、かなり楽だと思いませんか?

 

4.リターンの意識として、何とか30-40に持ち込もう!

このカウントに出来れば、ノーアド形式の試合はリターン優位。

相手がもう、2ポイント失点出来ないような状況、にしてあげればすごく楽です。

特に、サーブに苦手意識がありそうな相手では、有効です。

30-40のカウントに、何とか乗せてみる。

きっと、自然とサーブ側から崩れていってくれると思いますよ。

逆にアナタ自身がサーブ側の時は、是が非でも30-30の次のポイントは取らないと危ない。

これが、ノーアドバンテージ形式での戦い方の基本、です。

 

リターン側がサイドを決めて、40-40を迎える。

これだけで、ダブルスペアはグッと雰囲気が変わります。

私は、日本人の美徳的な譲り合いのリターン、正直大嫌いです。

やりたくない、責任を取りたくない、という人はコートから退場。

だからこそ、事前に決めておくことが大事なんですよ。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  2. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    リターンのグリップは、フォアハンド?バックハンド?

    リターンのときに、みなさん、まずはグリップが大事。ここ、あやふ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

  5. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽

    必要以上に、相手を警戒することは無いでしょう。アナタ自身が試合…

  6. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアにタッチされる」のと、「ペアにタッチしにいく」のは大違い
  3. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  4. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  5. テニス リターン

    ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
PAGE TOP