テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。

サーブを打ってチェンジ&ポーチ、のような作戦、実行するタイミングが大事ですよね。

私が考える、一番効果的な出しどころ。

当たり前かも知れませんが、相手が落ち込んでいる時が一番狙い目です。

 

ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

 

1.ミスした後は、手堅くいきたくなる

これが人間、です。

凡ミスの後には、手堅い作戦、セオリー通りにいきたくなる。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは「セオリーをふさぐこと」でしょう。

リターンミスが多い時に、ストレートに展開したり、難易度が高いことをやろうと思いますか?

きっと、「まずはしっかり、クロスへリターンだな・・・」と思うはず。

だからこそ、サインプレーのような作戦、が大事なんです。

相手が落ち込んでいる時に、しっかり変えていければ、相手にとって脅威になる。

ダブルスの試合、ここを見逃しているペアはまず、勝ち切れません。

 

2.相手が嫌なこと、を真剣に考えよう

考えてみて下さいよ。

自分が手堅くいったときに、相手に読まれてつぶされる。

その次、どうしよう・・・と、絶望すると思います。

相手が嫌なこと、真剣に考えて実行していく。

サインプレーの出しどころ、なんてまさにそうでしょう。

ここでやられたら、どれだけ嫌なのか。

を真剣に考えていけば、強い選手になっていくはずです。

 

3.大事なのは、序盤に仕掛けること

私は、最初のゲームでもどんどんやります。

リターンミス、した次のポイントは、絶対にクロスにリターンしたくなりますから。

2回連続でミス、は絶対に嫌だと考えるのが自然。

前衛なら動いて、サーバーなら前衛に頼んで、サーブと同時にチェンジしてクロスの甘いリターンを叩く。

この意識、強く持って試合に入りましょう。

序盤に動けると、ダメージは試合の後半までつながる。

試合の終盤に繰り出したって、効果は薄い。

ダブルスのサインプレーって、そういうものです。

 

4.リードしている場面、ならもっと効果的

相手がミスて落ち込んだ後、更に自分たちがリードしている時、だとより有効ですね。

トドメを刺す、くらいの感覚でいきましょう。

リードを広げる、しっかり試合を決める、のにサインプレーを使う。

これが強いダブルスの常套手段です。

みなさん、まだまだリードしている時にプレーが甘い。

リードを活かすには、相手がセオリー通りに来るところをつぶす、のが一番。

当たり前ですけど、徹底していきましょう!

 

難しいサインじゃなくても、全然大丈夫です。

ポーチに出るから、ストレートをサーバーがカバーする、だけでも良い。

大事なのは、ハッキリと前衛が動くこと。

中途半端に実践すると、また相手に勇気を与えてしまう。

ここぞの場面を想定して、準備しておきましょうね。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスペアの一体感、言葉にするのは簡単

    試合で勝ち上がっていくのに、ダブルスでのペアの一体感は欠かせません。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

    ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる

    ダブルスの並行陣、皆さんはセンターを守る意識、どの程度あるでしょうか?…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣にもっていきたい!なら必要な、この基本ショット出来てる?

    ダブルスで並行陣、前に2人の陣形にチャレンジしたい・・・でも・・・。…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  2. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで試合では、一人狙いで8割のポイントを獲れる
  4. メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?
  5. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く…
PAGE TOP