テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。

特にフォアハンドが強力で、回り込んで来るのが好きなストローカー、には効果的だと思います。

一見危ない作戦ですが、しっかり準備すれば大丈夫。

きっと、相手は乱れてくれるでしょう。

上手く予測、と絡めて実践していくのがオススメです!

 

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

 

1.フォアハンドの回り込み・・・厄介!

最近の選手は、本当にストロークが強い。

回り込んでのフォアハンド、強力な選手が多いですよね。

だからこそ、しっかりその対策を練らないといけない。

でもつい、バックハンドを狙い過ぎて、サイドアウトしてしまうようなシングルスの試合、多くないですか?

これは、「回り込んで欲しくない・・・」というアナタの思考の弱み、が生んでいる負の部分。

いっそ、「回り込みの罠」を張ってみませんか?

きっと、発想を変えるだけでかなり試合で使える作戦、になると思いますよ。

 

2.キーワードは、「逆クロス張り」

相手に、あえて回り込ませる。

低い打点で、少しだけバック寄りなポジションからフォアハンドをあえて打たせる。

良いんです、回り込ませて。

そこで、アナタがすべきことは「逆クロスのフォアハンド」を予測して、張ること。

張って待つ、待ち伏せる。

もしそこでストレートに引っ張ってダウンザライン、がナイスコースに入ったらしょうがない。

ここは、あえて捨てます。

回り込んでの逆クロス、が普通の選手の得意パターンですからね。

ここをふさいで、しっかりカウンターで反撃する。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

3.相手がテイクバックしたら、動き出してOK

相手から多少見えても、大丈夫。

普通の選手なら、テイクバックした状態からは打つコースをそんなに変えられない。

変えようとしてもミス、になるでしょう。

あえて早く動く、のも有だと思います。

メンタルが弱い、優柔不断な相手には良いプレッシャーになるでしょう。

そして、しっかり待ち構えて打つべきは、バックハンドのダウンザラインですね。

このカウンター、せひ磨いてみて下さい。

 

4.空いている相手のフォアハンド側、を狙おう!

これも、エースは必要ありません。

相手の空いているコース、にしっかり打つ、そして相手を走らせる。

回り込んでのフォアハンド、の後には、きっと態勢も崩れ気味でしょう。

ダウンザラインで、しっかりオープンスペースに展開していく。

待ち伏せていれば、出来るはずです。

まとめると、とにかく相手から回り込みフォアハンドの逆クロス、を引き出していく。

そのボールから、カウンターで反撃する。

騙されたと思って、実践してみて下さいね。

 

相手の武器は、しっかりどこかでふさがないと勝てない。

自信を持たせてしまいますからね、試合の中で。

でも、こうやってしっかり待ち伏せて叩くと、凹むのも早いでしょう。

シングルスの試合、使ってみて損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  2. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

  3. テニス シングルス
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つためには?

    何度か「自分から前に出る重要性」を書いてきましたが、逆に相手に先に前に…

  5. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で「攻撃的なフォアを活かした展開」で試合に勝ちたい!大切な4つの意識

    大きな武器は、フォアハンド。これは男女問わず、シングルスの一つ…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、どこかでアナタ自身卒業していきましょう
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  5. テニス スライス

    ストローク

    スライスのストロークが上手く打てない人は、「ラケットを頭の位置よりしっかり上げて…
PAGE TOP