テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。

特にフォアハンドが強力で、回り込んで来るのが好きなストローカー、には効果的だと思います。

一見危ない作戦ですが、しっかり準備すれば大丈夫。

きっと、相手は乱れてくれるでしょう。

上手く予測、と絡めて実践していくのがオススメです!

 

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

 

1.フォアハンドの回り込み・・・厄介!

最近の選手は、本当にストロークが強い。

回り込んでのフォアハンド、強力な選手が多いですよね。

だからこそ、しっかりその対策を練らないといけない。

でもつい、バックハンドを狙い過ぎて、サイドアウトしてしまうようなシングルスの試合、多くないですか?

これは、「回り込んで欲しくない・・・」というアナタの思考の弱み、が生んでいる負の部分。

いっそ、「回り込みの罠」を張ってみませんか?

きっと、発想を変えるだけでかなり試合で使える作戦、になると思いますよ。

 

2.キーワードは、「逆クロス張り」

相手に、あえて回り込ませる。

低い打点で、少しだけバック寄りなポジションからフォアハンドをあえて打たせる。

良いんです、回り込ませて。

そこで、アナタがすべきことは「逆クロスのフォアハンド」を予測して、張ること。

張って待つ、待ち伏せる。

もしそこでストレートに引っ張ってダウンザライン、がナイスコースに入ったらしょうがない。

ここは、あえて捨てます。

回り込んでの逆クロス、が普通の選手の得意パターンですからね。

ここをふさいで、しっかりカウンターで反撃する。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

3.相手がテイクバックしたら、動き出してOK

相手から多少見えても、大丈夫。

普通の選手なら、テイクバックした状態からは打つコースをそんなに変えられない。

変えようとしてもミス、になるでしょう。

あえて早く動く、のも有だと思います。

メンタルが弱い、優柔不断な相手には良いプレッシャーになるでしょう。

そして、しっかり待ち構えて打つべきは、バックハンドのダウンザラインですね。

このカウンター、せひ磨いてみて下さい。

 

4.空いている相手のフォアハンド側、を狙おう!

これも、エースは必要ありません。

相手の空いているコース、にしっかり打つ、そして相手を走らせる。

回り込んでのフォアハンド、の後には、きっと態勢も崩れ気味でしょう。

ダウンザラインで、しっかりオープンスペースに展開していく。

待ち伏せていれば、出来るはずです。

まとめると、とにかく相手から回り込みフォアハンドの逆クロス、を引き出していく。

そのボールから、カウンターで反撃する。

騙されたと思って、実践してみて下さいね。

 

相手の武器は、しっかりどこかでふさがないと勝てない。

自信を持たせてしまいますからね、試合の中で。

でも、こうやってしっかり待ち伏せて叩くと、凹むのも早いでしょう。

シングルスの試合、使ってみて損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策

    シングルスの試合の、基本戦術。まずは皆さん、相手のバックハンド…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボールの軌道を思い切り上げ…

    ストローク戦で押して浅いボールを相手から引き出して、「よし、チャンス!…

  4. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  5. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  6. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

    シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。これがバン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  4. テニス メンタル

    戦術

    何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合
  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得
PAGE TOP