テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

シングルスの試合で使える、ちょっとしたアイデアを。

特にフォアハンドが強力で、回り込んで来るのが好きなストローカー、には効果的だと思います。

一見危ない作戦ですが、しっかり準備すれば大丈夫。

きっと、相手は乱れてくれるでしょう。

上手く予測、と絡めて実践していくのがオススメです!

 

シングルスの試合、相手から強引な回り込みを誘ってみよう

 

1.フォアハンドの回り込み・・・厄介!

最近の選手は、本当にストロークが強い。

回り込んでのフォアハンド、強力な選手が多いですよね。

だからこそ、しっかりその対策を練らないといけない。

でもつい、バックハンドを狙い過ぎて、サイドアウトしてしまうようなシングルスの試合、多くないですか?

これは、「回り込んで欲しくない・・・」というアナタの思考の弱み、が生んでいる負の部分。

いっそ、「回り込みの罠」を張ってみませんか?

きっと、発想を変えるだけでかなり試合で使える作戦、になると思いますよ。

 

2.キーワードは、「逆クロス張り」

相手に、あえて回り込ませる。

低い打点で、少しだけバック寄りなポジションからフォアハンドをあえて打たせる。

良いんです、回り込ませて。

そこで、アナタがすべきことは「逆クロスのフォアハンド」を予測して、張ること。

張って待つ、待ち伏せる。

もしそこでストレートに引っ張ってダウンザライン、がナイスコースに入ったらしょうがない。

ここは、あえて捨てます。

回り込んでの逆クロス、が普通の選手の得意パターンですからね。

ここをふさいで、しっかりカウンターで反撃する。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

3.相手がテイクバックしたら、動き出してOK

相手から多少見えても、大丈夫。

普通の選手なら、テイクバックした状態からは打つコースをそんなに変えられない。

変えようとしてもミス、になるでしょう。

あえて早く動く、のも有だと思います。

メンタルが弱い、優柔不断な相手には良いプレッシャーになるでしょう。

そして、しっかり待ち構えて打つべきは、バックハンドのダウンザラインですね。

このカウンター、せひ磨いてみて下さい。

 

4.空いている相手のフォアハンド側、を狙おう!

これも、エースは必要ありません。

相手の空いているコース、にしっかり打つ、そして相手を走らせる。

回り込んでのフォアハンド、の後には、きっと態勢も崩れ気味でしょう。

ダウンザラインで、しっかりオープンスペースに展開していく。

待ち伏せていれば、出来るはずです。

まとめると、とにかく相手から回り込みフォアハンドの逆クロス、を引き出していく。

そのボールから、カウンターで反撃する。

騙されたと思って、実践してみて下さいね。

 

相手の武器は、しっかりどこかでふさがないと勝てない。

自信を持たせてしまいますからね、試合の中で。

でも、こうやってしっかり待ち伏せて叩くと、凹むのも早いでしょう。

シングルスの試合、使ってみて損は無いですよ!

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない

    アンケートでご質問頂いた項目で多かったのが、シングルスでのお悩み、です…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負を徹底しよう!

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手で・・・」という方の声を聞く機会…

  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要

    テニスのシングルスの試合で、なかなか勝てないと悩んでいる方は、特に学生…

  4. テニス シングルス
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスにおけるサーブ&ボレーヤーは、パッシングが苦手であると仮定してみよう

    滅多に見ないタイプ、かも知れませんが、シングルスでもサーブ&ボレーが得…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  2. テニス ストローク

    ストローク

    試合で使える「重たいストローク」を身に付ける為に、必要な意識4つ
  3. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでしっかり伸びを出したいなら、「自分が打つときにラケットのしなり」を感…
  4. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
PAGE TOP