ボレー

ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。

私は、この「予測力」だと思います。

洞察力、とでも言いましょうか・・・相手がベースラインにいて、ネットでどう対抗するのか。

漠然と待っていても、抜かれるだけ。

サーブ&ボレーを試合で使える選手って、まずここが他の選手と明らかに違うんですよね。

 

ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

 

1.ファーストボレーで無理しない選手、になろう

特に、ダブルスの並行陣のプレーで必要な考え方、ですね。

相手のリターンを、しっかりまず返球する。

その次、からの展開で勝負していく。

ほとんどの選手が、ファーストボレーから無理して展開して、ミスばかり。

試合に勝てる選手は、ファーストボレーで絶対に無理しない。

なぜなら、その次の対応こそが大事、だと知っているからです。

それは、アナタ自身にも実践出来るコツ、だと思いますよ。

 

2.相手にパッシングショット、打たせて良い

どんどん、打たせましょう。

ネットプレイヤーとして、相手から打たれることを恐れてはいけない。

その打たれやすいコース、をしっかり把握して予測する。

この動きが出来れば、サーブ&ボレーは8割が成功したようなもの。

予測して、打たせる。

この感覚が出来れば、何もファーストボレーで無理する必要は無いですからね。

気持ちもすごく、楽になる。

出来るだけ、相手の大勢を悪く、自分は万全の態勢で、のシチュエーションを作れるように工夫していきましょう。

 

3.相手を後ろ足体重、にすれば大丈夫

ファーストボレーで、ここまでいければバッチリです。

深いボレーで、相手を後ろ足体重、にさせる。

そして、ロブを警戒しつつ、ダウンザラインのコース、ボールのある方向に寄っていく。

この基本予測が出来れば、そんなに抜かれることも無いでしょう。

後ろ足体重の相手、自分はしっかりポジショニング。

これをファーストボレーからのゴール、に設定することが大事です。

 

4.相手のショットを「読み切る」覚悟を持とう

後ろ足体重、にしても、この覚悟が大事です。

しっかり「読み切る」こと。

相手の打つコース、本気で読み切るんだ、と。

ネットプレーに必要な洞察力って、この本気の姿勢の繰り返し、でしか養えない。

ファーストボレーで追い込んで、態勢を作るだけじゃ不十分。

だからこそ、最後は本当に強い気持ちで読み切る。

相手にも、その気迫を伝えるくらいで試合には臨みましょう。

 

ファーストボレーで無理しない、次の読み勝負で戦う。

これこそ、まさに必要なこと、だと思います。

シングルスでもダブルスでも、アナタ自身が思っている以上に、「読み」って大事。

ネットプレイヤーとして、ここはしっかり意識していきましょう。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ストローク

    ボレー

    シングルスの試合で上手くスライスを使ってくる相手には、早めにネットプレーを見せておこう

    粘る相手を、どう攻撃で攻略していくか。テニスの試合では、いつも…

  3. ボレー

    なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?

    「T-PRESSで読んで、頑張ってボレーに出るようになりました!でも・…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

  5. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  6. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「緊張感の中で・・・」テニスの試合で実力を発揮する為に、必要なイメージとは?
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  3. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
  5. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?…
PAGE TOP