テニス ストローク

ストローク

今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

これは、私自身のテーマでもあります。

スライスの、パワーアップ。

主に、ストロークでスライスを使うときに、もっと今年はよりパワーアップを図ってみませんか?

ポワーンと浮いたスライスを卒業して、重く低く滑るスライス、に変えていく。

どうでしょう、ワクワクしませんか?

 

今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

 

1.回転のかけ過ぎ、は威力ダウン

私がイメージする良いスライスストロークは、回転量が少し少な目。

でも、しっかり伸びて滑る、山なりというよりは直線的な軌道、です。

こういうスライスは、プロ選手じゃないと打てない?そんなこと無いと思います。

まずはしっかり、「アグレッシブなスライスを打つんだ!」という気持ちが大事ですね。

スライスのストロークで、相手を追い込んでいくことが出来れば、試合でも優位に展開出来る。

その為に、必要なことを考えていきましょう。

 

2.良い態勢からのスライス、どんなボールが打てる?

つい、私たちは守備的なスライスばかり使ってしまう。

相手から追い込まれたときに、凌ぐ為のスライス・・・に慣れてしまってる気がします。

もっと、態勢が十分なときに、どんなスライスが打てるのか。

このチャレンジを、ぜひ普段の練習から行って欲しいんです。

良い態勢からは、やっぱり攻撃したいですよね。

早めに足を決めて、しっかり前足体重でスライスを打っていく。

この意識、練習から持ってみて下さい。

 

3.高い位置にラケットセット、を覚えよう!

次にラケットを準備する位置、ですね。

これは、きっとアナタ自身が思っている以上に高い位置、が大事。

頭の後ろ、いやもっと上でも良いかも知れませんね。

ここはぜひ、プロ選手をお手本にしましょう。

フェデラー選手のスライスなんて、すごく高い位置からバックハンドストローク、打ってますよね。

しっかり上から抑えて、直線的なスライスになる。

このインパクト、にはどんなグリップが適しているんだろう・・・?と、考えてみて下さい。

きっと、コンチネンタルグリップ、包丁を持つような握りに自然と落ち着くはずです。

 

4.ネットミス、アウトミス、怖がらないこと!

まず、この大前提で練習しましょう。

軌道を直線的にするので、多少のミスは増えてOK。

とにかく気にしないで、しっかり前足体重でラケットを上から振る。

大きくアウトする、低くてネットにかかる、ところからまずはスタートでしょう。

変えるということは、何かを捨てるということ。

弱々しいけど安定感があるスライスは、一旦捨てる。

それくらいの覚悟で練習してこそ、アグレッシブなスライスは身に付くと思いますよ。

 

とにかく、練習からスライスを使いましょう。

普段のラリー練習の中で、スライスで相手を追い込むことに慣れて欲しいんです。

バックハンドはもちろん、たまにはフォアハンドでも使ってみる。

女性の方も、両手で打って片手でフィニッシュするようなバックハンドスライスのストローク、どうでしょう。

ぜひ、今年は磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    ネットプレイヤー対策に、「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう

    ネットプレーヤーに対して、どういうストロークが打てるのか?「そ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケットを入れる」ことで安定…

    試合の中で、スライスのストロークを使う機会、どれくらいあるでしょうか?…

  3. ストローク

    「スライスは伸びが命」テニスの試合で使える抑えの効いたスライスを覚えよう

    スライス系のショットは「伸び」が武器となる。もともとパワーショット…

  4. ストローク

    テニスの試合で、「自分よりも実力は下」と判断したら徹底したバックハンド攻めで序盤は展開しよう

    よく、「対戦相手を見下してはいけない」と言われますよね。私は、安易…

  5. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めてみよう

    「テニスを始めてみたけど、全然上達しない・・・」と、悩んでいる方も多い…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. ストローク

    「トレーニングは続かない」守るべきものがある環境が強いテニス選手を育んでいく
  2. テニス ボレー

    その他

    テニス部の練習、「学校で使用するネット」に一工夫すると、すごく効率化します!
  3. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!
PAGE TOP