ダブルス

ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

何だか、この人と組むと試合がしやすい。

勝てない相手でも勝ってしまうし、自分の調子も良い感じ・・・という人、いませんか?

こういう人は、ダブルス界隈でもモテモテ、でしょう。

組んでいるだけで、調子が上がっていく、そんな選手にアナタ自身なっていって欲しい。

きっとそれが、ダブルスで勝ち上がっていく最高の形でしょうから。

 

ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

 

1.気が付けば、ペアの自信を削いでばかり?

私も、実際そうでした。

気付くまで、すごく自分のペアには申し訳ないことばかりしてました。

試合中にいら立って、自分のプレーが上手くいかないのをペアのせいにして、コミュニケーションも少なくなる。

不機嫌そうな顔ばかりして、チェンジコートも暗い雰囲気に・・・。

これって、最悪ですよね。

味方であるペアを、一切信用していない、というのが相手にも伝わる。

当然、ダブルスの試合として勝てる訳が無い。

まずは、アナタ自身ぜひこの部分、チェックしてみて欲しいんです。

 

2.自分がミスしたときこそ、しっかりコミュニケーションを

つい、いら立ってしまって、そして申し訳なくなる。

ポイント間の会話、失点したときには軽くなってしまうじゃないですか、ダブルスの試合。

でも、こういう時こそ、しっかりと話す。

失ったポイントは戻らないけど、活かすことは出来る。

そして、ペアに自信を与える、気持ち良くプレーしてもらえるように切り替える、為には何が必要なのか・・・を考えてみて下さい。

ミスしても、笑顔で迎える。

そして、「今のストレートショットを打ってくれたから、次は気にしてポーチに出ないよ、ありがとう!」みたいな感じで、声をかける。

励ます、のともまた違うんですよね。

リアルに、失点で得たものを共有していく。

こんなペアがいたら、失点も怖くないし自分を信じてプレー出来る。

アナタ自身、そう思いませんか?

 

3.ペアをノリノリにさせれば、試合に勝つのは容易になる

きっと、これです、ダブルスで大事なのは。

アナタ自身がしっかり、ペアの雰囲気を作って上げる、調子を上げてあげる。

おべっかを使って褒めるのではなく、その選手の良い所、長所をしっかり把握しておいて、試合中に声をかける。

「ドンマイ、ドンマイ!」なんて簡単な言葉は、響かない。

具体的に、かつ感情を込めて伝えてあげる。

きっと、試合中にもっともっと、活躍してくれると思いますよ。

ほとんどのダブルスペアが、お互いにどこか自信を失うような感じ・・・になってますからね。

 

4.「自分と組んで、良いこと」を書き出してみよう

恥ずかしがらず、自分で書き出してみましょう。

自分と組んでもらうことで、ダブルスペアにどんなメリットがあるのか。

おもてなし、と言えば大袈裟ですが、ポイントを決めてもらうための演出、あるいは自分が動いてサービスキープにつながるような動き、何があるのか。

これを書き出しておいて、実践する。

そうすると、「あ、この人は本当に頼りになるな・・・自分も、何が出来るだろう?」と考えてくれるはず。

そう考えてくれた時点で、もうダブルスの試合は勝ったようなもの。

ペアを活かそう、という選手は強いですからね。

アナタ自身、きっとそういう武器がたくさんあるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

良い人の周りには、良い人が集まる。

そうやって、益々ダブルスペアとして向上していけるから、テニスは面白い。

ただ・・・何も考えないで不機嫌そうに試合をしていると、差は開く一方ですよ。

アナタ自身が、どちらのレールに乗りたいか、です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

  3. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーを使う方も多いと思います。でもそ…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣のメリットは、「相手に打つところが無い」という光景を見せられる点が一番

    高校生の方から、こんな質問を頂きました。「ダブルスで2人が前の…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

    ダブルスの試合で、リズムが悪いときは・・・?きっと、前衛が触れ…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ボレー

    ダブルスの試合で、「ポーチに出たのにローボレーになってしまう」のは大問題です!
  2. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
  3. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心してい…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ロブは、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で!
PAGE TOP