テニス 練習

サーブ

ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット

ファーストサーブとセカンドサーブ、みなさんに伝えたいポイント。

サーブの威力じゃない、他の方法でポイント奪取力を高めていきたい。

そんな方には、この作戦がオススメです。

実はセカンドサーブ、だからこそ活きるある視点があるんです。

 

ファーストとセカンド、同じコースに打つことで生じるメリット

 

1.やり方は、すごく簡単!

結論から言いましょう。

やり方は簡単です。

ファーストサーブとセカンドサーブ、同じコースに打ってみる。

これだけ、です。

「そんなので、効果あるの?」と思うかもしれません。

でも、ちょっとアナタ自身がリターンの立場で考えてみて下さい。

同じコースに、速さが違うサーブが飛んで来る。

それだけで、きっとセカンドサーブが返球し辛くなるはずです。

 

2.タイミングが違うだけで、セカンドサーブは難しくなる

ポイントは、同じコースに打つということ。

同じコースでファーストサーブ、セカンドサーブを打つ。

すると、どうでしょう。

セカンドサーブを打って、相手がリターンする。

その相手からすると、「ファーストサーブと同じような感覚」で身体が反応してしまうんです。

遅いサーブなのに、「速い!」と勝手に思ってしまう。

ファーストサーブの残像が残っているんですよね。

だからこそ、遅いセカンドサーブに身体が泳いでしまう。

同じコースに打つだけで、相手のリターンが勝手にタイミングを外して崩れてくれる。

どうでしょう、イメージ湧きませんか?

 

3.グリップと打点を変えて、速度を変えるだけ

遅く打つ、と考えると難しい。

スウィングスピードを速くするだけ、で良い。

同じコースに、グリップと打点を変えて打つ、ことが出来るようになればバッチリです。

同じコースに打つ、というのって意外と難しいですよね。

でも、きっとサービスゲームのキープが上手い人って、こういう心理戦を仕掛けている。

リターン側の選手は、いつの間にかミスを重ねている。

アナタ自身、気を付けないといけないですね。

 

4.遅いセカンドサーブを活かす方法を、考えよう

これも、一つの策。

セカンドサーブをいかに、相手にとって「返球し辛いサーブ」にしていくのか。

今回の作戦は、視覚の錯覚を生むという作戦ですが、まだまだ色々あるはず。

セカンドサーブは守るだけ?で勝てる試合は限られる。

きっと、それもファーストサーブをどう使うか、次第でしょう。

大事なのは、ファーストサーブの後にはセカンドサーブがある、ということ。

さぁ、何が出来ますかね。

 

サーブに自信が無い人は、もうセカンドサーブになると自信喪失。

気持ちは分かりますが、それだと試合で消極的なプレーしか出来ない。

みなさんのサービスゲーム、どうでしょう。

まだまだ、アイデア次第だと思いませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように

    トスを低めのサーブ、を発展させていけばクイックサーブになる。難…

  2. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?

    皆さんに、提案があります。今年こそ、「サーブ改革元年」に一緒に…

  4. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来るようになろう!

    サーブが安定しない・・・と感じている人は、身体が開いているケースが多い…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由
  2. シングルス

    シングルスのネットプレーに必要な、基本ポジショニングの意識
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
PAGE TOP