ダブルス

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

ダブルスをしっかり、強くなりたい人。

技術的な問題解決ももちろん大事ですが、私はいかに、仲間の力を引き出せるか。

試合の現場で、強くなれるか・・・が大事だと思っています。

これ、みなさんにとっても大事な問題。

ダブルスに試合に出る時に、準備して欲しいポイントです。

 

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

 

1.いくらでも、ペアのせいには出来る

実際、そうだと思います。

ダブルスの試合、いくらでも自分のペアのせいに出来る、失点は。

私自身、昔はすごくそうでした・・・悪いことは、全てパートナーのせい。

負ければ自分の責任じゃない、みたいな人結構いますよね。

こういう人は、意識を変えて欲しい。

どこか、ダブルスを誰かに引っ張ってもらうもの、みたいに考えていませんか?

自分の背中で引っ張ってこそ、試合は楽しくなっていきますから。

 

2.ミックスダブルスの女性の方、にこそ大事な意識

私は、こういう相手が一番嫌です。

女性がしっかり試合に参加して、引っ張ているミックスダブルスは強い。

男性に依存しない、自分の出来ることをしっかりする、失点をパートナーのせいにしない。

ミックスダブルスって、普通の男女別の試合よりも、より「人間味」が強く出る競技だと思います。

みなさんは、どうでしょう。

背中で引っ張るプレー、出来てますか?

 

3.時間帯によって、調子の波があるのが当然

もちろん、無いに越したことは無いですが・・・。

実際は、調子が良いとき、悪いとき、が1セットマッチの試合の中でもある。

難しいのは、パートナーの調子がどうしても上がらないとき、ですよね。

こういう時間帯を、いかに自分のプレーで持ちこたえるのか。

「何だよ、これじゃ試合にならないよ・・・」と落ち込んでしまうのは、簡単なこと。

でもそれだと、もう試合終了ですから。

信じて待つ、からダブルスは楽しいし、結果も出ていく。

実力よりも、意識の問題だと思います。

 

4.我慢すれば、必ず反撃の時は来る

これがテニスの試合です。

我慢の時間帯で、いかにスコアを離され過ぎないで、ついていけるか。

3ゲーム差くらい、で終盤を迎えられれば、まだチャンスはある。

背中でパートナーを引っ張るって、ナイすショットやエースが必要な訳じゃない。

しっかり冷静に、我慢して試合を運ぶ。

相手からミスをもらう、こちらはミスを減らして、我慢する。

きっと、そういう試合運びが出来ていれば、反撃の時は来ます。

その時を迎えられるかどうか、もあなたの背中次第ですね。

 

ダブルスの醍醐味って、私はこれだと思いますよ、

背中でパートナーを引っ張ること、を試合の中で意識する。

言葉ももちろん大事、でもつい言い過ぎて萎縮させてしまうことも多いじゃないですか。

「今は、プレーで引っ張るんだ!」という気持ち、も大事にして欲しい。

きっとダブルスの試合、もっともっと結果が出て来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアには勝てない

    ダブルスの試合は、大学生くらいから特に男性は並行陣が主体となる。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  5. テニス 攻撃

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で有効な、「サーブ後のポジション入れ替え」大作戦とは?

    スポーツには、ルールがある。ですがこのルールに違反さえしなけれ…

  6. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

特集記事

  1. テニス トイレ

    テニス知識

    準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  3. テニス 部活

    日々の雑記

    テニスをしていて辛いことが無い、というのが一番辛い
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣で、実戦で使える得点パターンまとめ5つ
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基…
PAGE TOP