ダブルス

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

ダブルスをしっかり、強くなりたい人。

技術的な問題解決ももちろん大事ですが、私はいかに、仲間の力を引き出せるか。

試合の現場で、強くなれるか・・・が大事だと思っています。

これ、みなさんにとっても大事な問題。

ダブルスに試合に出る時に、準備して欲しいポイントです。

 

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

 

1.いくらでも、ペアのせいには出来る

実際、そうだと思います。

ダブルスの試合、いくらでも自分のペアのせいに出来る、失点は。

私自身、昔はすごくそうでした・・・悪いことは、全てパートナーのせい。

負ければ自分の責任じゃない、みたいな人結構いますよね。

こういう人は、意識を変えて欲しい。

どこか、ダブルスを誰かに引っ張ってもらうもの、みたいに考えていませんか?

自分の背中で引っ張ってこそ、試合は楽しくなっていきますから。

 

2.ミックスダブルスの女性の方、にこそ大事な意識

私は、こういう相手が一番嫌です。

女性がしっかり試合に参加して、引っ張ているミックスダブルスは強い。

男性に依存しない、自分の出来ることをしっかりする、失点をパートナーのせいにしない。

ミックスダブルスって、普通の男女別の試合よりも、より「人間味」が強く出る競技だと思います。

みなさんは、どうでしょう。

背中で引っ張るプレー、出来てますか?

 

3.時間帯によって、調子の波があるのが当然

もちろん、無いに越したことは無いですが・・・。

実際は、調子が良いとき、悪いとき、が1セットマッチの試合の中でもある。

難しいのは、パートナーの調子がどうしても上がらないとき、ですよね。

こういう時間帯を、いかに自分のプレーで持ちこたえるのか。

「何だよ、これじゃ試合にならないよ・・・」と落ち込んでしまうのは、簡単なこと。

でもそれだと、もう試合終了ですから。

信じて待つ、からダブルスは楽しいし、結果も出ていく。

実力よりも、意識の問題だと思います。

 

4.我慢すれば、必ず反撃の時は来る

これがテニスの試合です。

我慢の時間帯で、いかにスコアを離され過ぎないで、ついていけるか。

3ゲーム差くらい、で終盤を迎えられれば、まだチャンスはある。

背中でパートナーを引っ張るって、ナイすショットやエースが必要な訳じゃない。

しっかり冷静に、我慢して試合を運ぶ。

相手からミスをもらう、こちらはミスを減らして、我慢する。

きっと、そういう試合運びが出来ていれば、反撃の時は来ます。

その時を迎えられるかどうか、もあなたの背中次第ですね。

 

ダブルスの醍醐味って、私はこれだと思いますよ、

背中でパートナーを引っ張ること、を試合の中で意識する。

言葉ももちろん大事、でもつい言い過ぎて萎縮させてしまうことも多いじゃないですか。

「今は、プレーで引っ張るんだ!」という気持ち、も大事にして欲しい。

きっとダブルスの試合、もっともっと結果が出て来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 準備

    ダブルス

    テニスの草トー大会では、セオリー無視の相手だってたくさんいる

    試合に出始めたみなさんが、最初に感じること。その一つは、きっと…

  2. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

    ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。そ…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ミックスダブルス、「女性側にボールを集められる」ことは想定内

    「またそんな、当たり前のことを」と思う方も多いでしょう。ですが…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    調子が悪いときには、自分の周囲1メートルのボールに集中しよう
  2. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
  3. テニス チャンス

    練習メニュー

    試合に強くなる練習って、どんな練習?のヒントになる5つの視点
  4. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンド」と「両手バックハンド」のそれぞれの弱点は・・・?
PAGE TOP