ダブルス

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

ダブルスをしっかり、強くなりたい人。

技術的な問題解決ももちろん大事ですが、私はいかに、仲間の力を引き出せるか。

試合の現場で、強くなれるか・・・が大事だと思っています。

これ、みなさんにとっても大事な問題。

ダブルスに試合に出る時に、準備して欲しいポイントです。

 

ダブルスペアを背中で引っ張る、時間帯も必要です

 

1.いくらでも、ペアのせいには出来る

実際、そうだと思います。

ダブルスの試合、いくらでも自分のペアのせいに出来る、失点は。

私自身、昔はすごくそうでした・・・悪いことは、全てパートナーのせい。

負ければ自分の責任じゃない、みたいな人結構いますよね。

こういう人は、意識を変えて欲しい。

どこか、ダブルスを誰かに引っ張ってもらうもの、みたいに考えていませんか?

自分の背中で引っ張ってこそ、試合は楽しくなっていきますから。

 

2.ミックスダブルスの女性の方、にこそ大事な意識

私は、こういう相手が一番嫌です。

女性がしっかり試合に参加して、引っ張ているミックスダブルスは強い。

男性に依存しない、自分の出来ることをしっかりする、失点をパートナーのせいにしない。

ミックスダブルスって、普通の男女別の試合よりも、より「人間味」が強く出る競技だと思います。

みなさんは、どうでしょう。

背中で引っ張るプレー、出来てますか?

 

3.時間帯によって、調子の波があるのが当然

もちろん、無いに越したことは無いですが・・・。

実際は、調子が良いとき、悪いとき、が1セットマッチの試合の中でもある。

難しいのは、パートナーの調子がどうしても上がらないとき、ですよね。

こういう時間帯を、いかに自分のプレーで持ちこたえるのか。

「何だよ、これじゃ試合にならないよ・・・」と落ち込んでしまうのは、簡単なこと。

でもそれだと、もう試合終了ですから。

信じて待つ、からダブルスは楽しいし、結果も出ていく。

実力よりも、意識の問題だと思います。

 

4.我慢すれば、必ず反撃の時は来る

これがテニスの試合です。

我慢の時間帯で、いかにスコアを離され過ぎないで、ついていけるか。

3ゲーム差くらい、で終盤を迎えられれば、まだチャンスはある。

背中でパートナーを引っ張るって、ナイすショットやエースが必要な訳じゃない。

しっかり冷静に、我慢して試合を運ぶ。

相手からミスをもらう、こちらはミスを減らして、我慢する。

きっと、そういう試合運びが出来ていれば、反撃の時は来ます。

その時を迎えられるかどうか、もあなたの背中次第ですね。

 

ダブルスの醍醐味って、私はこれだと思いますよ、

背中でパートナーを引っ張ること、を試合の中で意識する。

言葉ももちろん大事、でもつい言い過ぎて萎縮させてしまうことも多いじゃないですか。

「今は、プレーで引っ張るんだ!」という気持ち、も大事にして欲しい。

きっとダブルスの試合、もっともっと結果が出て来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を意識している

    「上手い!」とうなるようなダブルスの名手、あこがれますよね。試…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  4. ダブルス

    強いダブルスのペアを倒すなら、「あえて中枢から攻めていく」勇気も大事

    ダブルスの試合、こんな経験はありませんか?「相手ペアは、実力差があ…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜ、そのプレーに変えたのか」の根拠があれば、プレー中での作戦変更は悪いことでは決してない

    ダブルスの試合を観ていると、作戦をしっかり実行しているペアは強い。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、後衛の選手は「フォアハンドで前衛の後ろをカバー出来る」サイドは、攻撃的にいこう!

    ダブルスの試合で、強いペアはカバーリングがスムーズ。前衛の後ろを攻…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ネットに出られると厄介な、「ボレーをつないで手堅くプレーする相手」に対抗する作戦…
  2. テニス ダブルス

    リターン

    「センターへ厳しいサーブ・・・でもリターンを沈めたい!」というときには、打点を少…
  3. ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
  4. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときには、常に相手に「うざがられる存在」であり続けないと意味…
PAGE TOP