テニス ストローク

リターン

お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

テニスのリターンの構えって、独特ですよね。

腰を折って、お尻を突き出すような構え、ほとんどの選手が近しい態勢を取ってサーブを待ち構える。

この構え、実は私たち一般のテニスプレイヤーは、ちょっと「真似しよう」という意識が薄いと思います。

普通に立って構えているだけ、のような選手も草トーでは多いですからね。

私なりに、この構えの理由について考えてみたいと思います。

 

お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

 

1.リターンは「前に入って打つ」から前傾姿勢になる

きっと、この意味合いは強いと思います。

リターンって、前に入って打つショット、という点で普通のストロークと違う。

私自身、ダブルスの試合ではリターンダッシュをする機会が多いので、上半身を前傾させておかないと、動き辛い。

普通に立っているだけだと、普通のストロークに近い感じになるんですよね。

それに、前傾姿勢を作っておくことで、他にも大きなメリットがあります。

それは、「コンパクトなスウィング」が出来るということです。

 

2.リターンは小さく振る、だから前傾姿勢がベスト

私自身、リターンは動かすラケットの幅としては30cmくらい。

それ以上振らないし、テイクバックもほとんど無し、を意識しています。

そう考えると、前傾姿勢を取っておけば、腕がもう前にある状態、ですからすごく楽。

少しだけ身体をターンさせて、それで準備完了。

後は小さく当てて、コントロールと確率重視、で良い。

自分の普段のストロークとハッキリ分けてあげることで、リターンに集中出来る。

これって、メンタル的にも大きいと思いますよ。

 

3.前傾姿勢だけど、相手がサーブを打つ瞬間には・・・?

少しだけ、起き上がります。

そして、背筋を伸ばして、胸を張る。

この意識が無いと、頭から突っ込んでしまうようなリターンになって、これもまた安定しない。

相手サーバーが準備しているときは、だらっとリラックスしていても良い。

でも、トスアップと同時に上半身を起こして背筋を伸ばす、ただし、お尻は付き出したままにして前傾姿勢は保つ、ような感じですかね。

言葉で書くとイメージし辛いと思いますが、プロ選手の試合を観てみて下さい。

きっと、相手がサーブを打つ瞬間には、少しだけ起き上がって前にスプリットステップ、を踏んでいるはずですよ。

 

4.リターンとストローク、を明確に分けておこう

試合で調子が悪い、崩れていくときって、リターンからということ多いじゃないですか。

こういう方は、自分のストロークとの区別、がついていないケースが多い。

リターンは、こう、だからストロークと違う、というのを持っていれば、試合で大崩れすることは少ないですよ。

今回の構え、にしてもそう。

自分の中で納得したリターンの構え、が出来ていれば、それだけでメンタルは安定します。

「ストロークもリターンも、どっちもぐちゃぐちゃになる・・・」という人は、まずリターンからハッキリ、形を作ってみましょう!

 

きっと、小さい部分にすごく大事なことは宿っている。

プロ選手のリターンの構え、近しく共通する部分には、200km/hを超えるサーブに反応する神髄が込められているんですよね。

もちろん、私たちの試合でそこまでのサーブに相対することは無いでしょうが、自分の形を作るうえではとても参考になる。

全豪での西岡選手、杉田選手の武器でもあるリターン。

形から入って、一緒に模索してみませんか?

■背筋を鍛えると、よりリターンは安定します!

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    テニスの試合では、ダブルフォルトは待ってるだけじゃなくて「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンが安定しない人が、簡単に改善出来る方法とは?

    リターンが難しいと感じている人。回転も読めないし、コースも読め…

  3. テニス リターン

    リターン

    厳しいコースを突いたサーブが得意な相手には、「踏み込んでスライスのブロックリターン」を準備しておく

    テニスのトーナメントでは、必ずビッグサーブを得意にしている選手がいる。…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!

    ダブルスの試合、に限らず・・・ですが、踏み込んだリターン、必要ですよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!
  2. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  5. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
PAGE TOP