テニス スマッシュ

ストローク

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

ストロークの際に使う、ワイパースウィング。

このラケット動作が出来ないと、足元に沈めたりトップスピンロブを打ったり、というショットが難しくなる。

でも、実際にどうやって普通のスピン系のストロークと打ち分けたら良いか・・・を、悩んでいる方は多いですよね。

今回も、私のコツとして1つご紹介します。

 

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

 

1.ラケットの下のエッジ、にボールを引っ掛ける感じ

ストロークを打つ時に、ラケットはどうなっているでしょうか?

ほぼ、地面に水平、横向きになっているはずです。

この時に、ラケットの下側のエッジに、ボールを引っ掛けてみる。

実際には引っ掛からないのですが、ラケットの少し下側を使うようなイメージ、でスピンストロークを打ってみて下さい。

きっと、回転量は多いけど、伸びていかない、ようなストロークになるはず。

これこそ、ワイパースウィングの目的、でもあります。

 

2.イメージとしては、自分の小指でボールを引っ掛ける

ラケットの下側のエッジ、で分かり辛い方は、自分の小指をイメージしましょう。

ラケットを握っている手の小指、で引っ掛けるようなイメージで振ってみて下さい。

ある程度、ピュッとラケットは速く振る感じの方が上手くいきます。

打った後、フォロースルーではその小指が上になって、顔の前くらいで打ち終わる。

この感覚、で練習すれば、きっとワイパースウィングも身に付くはずです。

 

3.そもそも、なんで必要なの?

ここを理解しておかないと、練習にも身が入りません。

ワイパスウィング、で打つショットはなぜ必要なんでしょう。

答えは、相手のネットプレーに対抗する為です。

相手がずっとベースライン上にいるなら、深く重いストロークだけで良い。

多少フラット気味でも、押し込んでいけるでしょう。

でも、同じストロークを相手がネットに出ている時、に打ってしまうと危険ですね。

しっかり足元に沈めたり、頭上を通過して変化して落ちる、トップスピンロブ、も使わないといけない。

こういうショットは、上手く「失速」してもらわないと困るんです。

だから、ワイパーのようにラケットを振って、フォロースルーを前に出さない。

だから失速して、効果的なショットになってくれる。

普段のショートラリー、上手い人はこんな感じで打ってますよね。

それがワイパースウィングの大事なポイントになります。

 

4.コツを掴んだら、後は振り切るだけ!

ワイパースウィング、でもしっかり振り切ること。

フォロースルーを前に出さない分、しっかり振り切って回転をかけないと貧相なショットになってしまいます。

ラケットのエッジに引っ掛けて、ボールにしっかり回転をかける。

こねくり回すようなショット、ではダメです。

しっかり振って、自分の中でのフィニッシュポイントを作っておくこと。

この意識、試合でも大事ですよ。

入れにいく、ような打ち方にならないように・・・しっかり意識していきましょう!

 

普段の練習から、通常のストロークと使い分けましょう。

自分から積極的に、ラケットを振っていく。

高い打点で打てると、遅くとも非常に攻撃的なショートクロス、ロブが打てるはずです。

フォアハンドでも、バックハンドでも、しっかり打てると並行陣も怖くない。

意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元

    ストロークやサーブを打つときに、「身体が開いてるよ!」というアドバイス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりした大きな構えを相手に見せること、が攻撃的ストロークの第一歩

    ストロークで攻撃していきたいのに、構えが小さい人。これは、皆さ…

  4. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

  6. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝負です

    ストロークで問題を抱えている人の、ほとんどは構えが遅い。構え・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスのラリーでは、「速いショットほど上半身で合わせにいかない」ことを意識すると…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「前衛でポーチに出たら、低いボールが来た・・・」テニスのダブルスの試合のときに慌…
  3. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置…
PAGE TOP