テニス スマッシュ

ストローク

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

ストロークの際に使う、ワイパースウィング。

このラケット動作が出来ないと、足元に沈めたりトップスピンロブを打ったり、というショットが難しくなる。

でも、実際にどうやって普通のスピン系のストロークと打ち分けたら良いか・・・を、悩んでいる方は多いですよね。

今回も、私のコツとして1つご紹介します。

 

ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

 

1.ラケットの下のエッジ、にボールを引っ掛ける感じ

ストロークを打つ時に、ラケットはどうなっているでしょうか?

ほぼ、地面に水平、横向きになっているはずです。

この時に、ラケットの下側のエッジに、ボールを引っ掛けてみる。

実際には引っ掛からないのですが、ラケットの少し下側を使うようなイメージ、でスピンストロークを打ってみて下さい。

きっと、回転量は多いけど、伸びていかない、ようなストロークになるはず。

これこそ、ワイパースウィングの目的、でもあります。

 

2.イメージとしては、自分の小指でボールを引っ掛ける

ラケットの下側のエッジ、で分かり辛い方は、自分の小指をイメージしましょう。

ラケットを握っている手の小指、で引っ掛けるようなイメージで振ってみて下さい。

ある程度、ピュッとラケットは速く振る感じの方が上手くいきます。

打った後、フォロースルーではその小指が上になって、顔の前くらいで打ち終わる。

この感覚、で練習すれば、きっとワイパースウィングも身に付くはずです。

 

3.そもそも、なんで必要なの?

ここを理解しておかないと、練習にも身が入りません。

ワイパスウィング、で打つショットはなぜ必要なんでしょう。

答えは、相手のネットプレーに対抗する為です。

相手がずっとベースライン上にいるなら、深く重いストロークだけで良い。

多少フラット気味でも、押し込んでいけるでしょう。

でも、同じストロークを相手がネットに出ている時、に打ってしまうと危険ですね。

しっかり足元に沈めたり、頭上を通過して変化して落ちる、トップスピンロブ、も使わないといけない。

こういうショットは、上手く「失速」してもらわないと困るんです。

だから、ワイパーのようにラケットを振って、フォロースルーを前に出さない。

だから失速して、効果的なショットになってくれる。

普段のショートラリー、上手い人はこんな感じで打ってますよね。

それがワイパースウィングの大事なポイントになります。

 

4.コツを掴んだら、後は振り切るだけ!

ワイパースウィング、でもしっかり振り切ること。

フォロースルーを前に出さない分、しっかり振り切って回転をかけないと貧相なショットになってしまいます。

ラケットのエッジに引っ掛けて、ボールにしっかり回転をかける。

こねくり回すようなショット、ではダメです。

しっかり振って、自分の中でのフィニッシュポイントを作っておくこと。

この意識、試合でも大事ですよ。

入れにいく、ような打ち方にならないように・・・しっかり意識していきましょう!

 

普段の練習から、通常のストロークと使い分けましょう。

自分から積極的に、ラケットを振っていく。

高い打点で打てると、遅くとも非常に攻撃的なショートクロス、ロブが打てるはずです。

フォアハンドでも、バックハンドでも、しっかり打てると並行陣も怖くない。

意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  2. テニス 構え

    ストローク

    テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

    初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思い…

  3. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

    楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ボレー

    ストローク

    相手の大チャンスで、「あえてオープンスペースに動かない」と、思わぬ効果が!

    もう、どう考えても「失点濃厚」な場面、ありますよね。試合で、大…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. フットワーク

    あのスプリットステップ、にも弱点はある
  2. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
PAGE TOP