テニス 武器

戦術

勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

試合に勝つ、強くなるということ。

それは、すごく言い方は悪いですが、アナタ自身「敵」を増やしていくということ。

ライバルはもちろん、試合をしたことが無い人も、アナタについて色々な噂を立てたりしていくでしょう。

でもそれって、人から意識されるようになったという証拠。

本当に試合に出続けて、強くなってきたということです。

だからこそ、こういう発想を私はお勧めします。

 

勝ち続けたければ、アンチを取り込もう

 

1.みんなに好かれるなんてことは、期待しない方が良い

どんなにマナー良く、人当たりよく接していても、世の中には色々な人がいます。

アナタ自身と対戦して、負けていく人も増えて来る。

そうすると、良くない噂も耳に入って来るでしょう。

でもそれって、試合に出て認められた、という証拠でもあります。

アナタ自身は、常に胸を張って堂々としていれば良い。

みんなに好かれる、なんて期待しない。

やっぱり、1試合ずつが勝負ですからね。

 

2.負けたら悔しい、から持って当然の感情

私自身、大事な試合に負けた後は、本当に悔しい。

悔し過ぎて、気持ち悪くなってくる、吐きそうになるくらい。

しばらくは、その相手の顔も見たくないくらいでしょう。

真剣勝負ですから、それで良い。

テニスの試合、勝負って、色々な感情を生むのが面白い。

アナタ自身が勝ち続ける、ということは、どこかで「アンチ」を増やしてくことにもなる。

これは、覚悟しておいた方が良いですよ。

 

3.「嫌いな人」と練習や試合をするのが、最高のトレーニング

つい、私たちは心地の良い仲間とテニス、したいですからね。

普段はそれでも良い。

でも、どこかで「苦手な人」を避けているかもしれない、という自分にも気付かないと。

実際の試合では、「嫌いな相手」とも試合する訳じゃないですか。

そういう相手には、いつも以上に力が入る。

だからこそ、しっかり日常からこういう「自分のアンチ」のような相手とも、打ち合う機会を作っておかないと。

練習と試合、を近づけておく作業として、私は必要だと思いますよ。

「やりにくいな・・・」という相手ほど、積極的に絡んでいく、打ち合う機会を増やす。

そうすることで、アナタのメンタルも強くなるし、色々慣れて来るはずです。

 

4.人の好き嫌いが激しい、人は勝負に向いていない

私が見て来た経験上、これは一理あると思います。

あの人は好き、嫌い、というのはあって良い。

でも、強過ぎると、試合結果に影響が出始める。

好きな人は好き、嫌いな人は・・・「利用しよう、取り込もう」と思っていけると、強くなりますよ。

結果的に、誰かに強い嫌悪感を持っていても、良いことは無いですしね。

損するだけ、です。

人の好き嫌いは、自分でコントロールしていくこと。

勝負の世界、厳しい世界だからこそ感情のコントロールが難しい。

出来るようになったら、それだけで強みになると思いますよ。

 

良い人、になる必要はありません。

嫌いな人がいても良いし、ライバルに対する対抗心は大事。

アナタという選手のアンチって、実はアナタのファンにも近い立ち位置。

避けようとしないで、利用する。

そのうちに、きっと切磋琢磨出来る良い仲間、になっていくと思いますよ。

それもテニスというスポーツの、醍醐味ですからね。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話

    テニスの試合、いかに相手の弱点を突いていくのか。この重要性は、…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

    テニスには、色々なショットがあります。元々、ルール上ワンバウン…

  3. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?

    私は、練習でこのシチュエーションで試合をしてました。最初は先輩…

  4. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  5. テニス 陸上

    戦術

    テニスの上達が止まらない人は、いつでも基本に新しさを見出している

    「また今日もこの練習か・・・もう出来るし、飽きたよ」という声が…

  6. テニス ストローク

    戦術

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. 戦術

    相手が目線を下に向ける、ボールがバウンドするタイミングはチャンス!
  2. テニス ダブルス

    戦術

    苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  4. テニス ステップ

    ストローク

    試合で効果的なドロップショットは、クロス方向へ打つのが基本
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
PAGE TOP