テニス 並行陣

サーブ

安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で

回転系のサーブを安定して打てると、試合でもかなり自信が持てますよね。

でも、実際に打ってみると、こするような当たりになってしまう方が多い。

自信が持てないから、余計にゆっくりこすって、入れにいくようなサーブになってしまうと・・・そのサーブ、きっと入っても叩かれて終わり。

改めて、回転量が多いサーブに必要な打感、一緒に考えてみませんか?

 

安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で

 

1.こするような当たりでは、良い回転はかからない!

私自身、セカンドサーブでついこの当たりで打ってしまいがち。

やっぱりダブルフォルトが怖い、ですからね。

こするような当たりで誤魔化して、なんとか回転をかけてサーブを入れたい。

まずはこの弱い心、を卒業しましょう。

ラケットをしっかり振り切る、ボールをしっかり打つ。

ただし、弾くような感覚、で打つことが大事になって来ます。

 

2.弾く、とはボールの後ろを打つような打感じゃない

「よし、セカンドも振っていくぞ!」と思って、しっかり振ってみる。

すると、今度はボールが飛び過ぎてオーバーフォルト・・・になるケース、多いですよね。

この打感は、ボールに「当たり過ぎ」でしょう。

弾く、ということは、ラケットでボールをの後ろを打つような感じ、では無いはず。

「ボールの約半分くらい、にラケットを当てる感覚」に近いと思います。

みなさんも、ボールを回転させるときは、ボールの半分くらいをピン!と弾くじゃないですか。

回転をかけるって、そういうこと。

ラケットで打つときも、考え方は一緒でOKなんです。

 

3.ボールを弾けば、自然に良い回転はかかる

下から上方向に、弾いていく。

この感覚が身に付けば、自然と良い回転はかかってくれます。

最初は、勇気要りますけどね。

だって、ボールの約半分、にしかラケットを当てない、訳ですから。

本当に飛んでくれるのか、不安な気持ちもぬぐえないかも知れません。

でも、そこは思い切ってラケットを振ること。

ボールの半分、に当てる事が出来れば、飛び過ぎてフォルトも無くなるはず。

きっと変化して、良い軌道でサービスエリアに収まってくれるはずです。

 

4.回転系のサーブは、軌道高めで!

良い感じに回転がかかったら、ぜひ軌道を高く設定しましょう。

試合では、オーバーフォルトするくらいのつもりで打って良い。

かなり高い位置を通しても、サーブが入る自信が付いて来るはずです。

これが、試合でも強みになる。

バウンド後に失速しない、本当にリターンし辛い良いサーブになるはずです。

ボールを弾く、当たる面積を約半分にする工夫、ぜひやってみて下さい。

 

スピンサーブ、の前にスライスサーブから練習してみると良いでしょう。

スライスサーブは打点が低くても打ちやすいですし、試合でも大活躍。

その後にその回転を縦方向、に変更出来れば、そのまま良いスピンサーブになるはずです。

セカンドサーブの概念を変えていく、そのきっかけになれば嬉しいです!

■簡単にサーブの感覚が身に付く練習アイテムはコチラ↓

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

  2. テニス 環境

    サーブ

    ダブルスの試合で必要な、「フォーメーション用ファーストサーブ」を身につけよう

    ダブルスの試合、Iフォーメーションやチェンジプレー、で相手リターンを揺…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  4. サーブ

    良いリターンに、良いサーブで対抗する・・・のは、現実的じゃない

    最近の試合を見ていると、本当にリターンの強い選手が多い。ラケッ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ

    フラットサーブ、をしっかりファーストサーブで打っていくこと。こ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  2. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇
  3. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
  4. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!
  5. その他

    「疲れが残り始めた、あの頃・・・」トレーニングを継続させる為にテニス選手に必要な…
PAGE TOP