テニス 並行陣

サーブ

安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で

回転系のサーブを安定して打てると、試合でもかなり自信が持てますよね。

でも、実際に打ってみると、こするような当たりになってしまう方が多い。

自信が持てないから、余計にゆっくりこすって、入れにいくようなサーブになってしまうと・・・そのサーブ、きっと入っても叩かれて終わり。

改めて、回転量が多いサーブに必要な打感、一緒に考えてみませんか?

 

安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で

 

1.こするような当たりでは、良い回転はかからない!

私自身、セカンドサーブでついこの当たりで打ってしまいがち。

やっぱりダブルフォルトが怖い、ですからね。

こするような当たりで誤魔化して、なんとか回転をかけてサーブを入れたい。

まずはこの弱い心、を卒業しましょう。

ラケットをしっかり振り切る、ボールをしっかり打つ。

ただし、弾くような感覚、で打つことが大事になって来ます。

 

2.弾く、とはボールの後ろを打つような打感じゃない

「よし、セカンドも振っていくぞ!」と思って、しっかり振ってみる。

すると、今度はボールが飛び過ぎてオーバーフォルト・・・になるケース、多いですよね。

この打感は、ボールに「当たり過ぎ」でしょう。

弾く、ということは、ラケットでボールをの後ろを打つような感じ、では無いはず。

「ボールの約半分くらい、にラケットを当てる感覚」に近いと思います。

みなさんも、ボールを回転させるときは、ボールの半分くらいをピン!と弾くじゃないですか。

回転をかけるって、そういうこと。

ラケットで打つときも、考え方は一緒でOKなんです。

 

3.ボールを弾けば、自然に良い回転はかかる

下から上方向に、弾いていく。

この感覚が身に付けば、自然と良い回転はかかってくれます。

最初は、勇気要りますけどね。

だって、ボールの約半分、にしかラケットを当てない、訳ですから。

本当に飛んでくれるのか、不安な気持ちもぬぐえないかも知れません。

でも、そこは思い切ってラケットを振ること。

ボールの半分、に当てる事が出来れば、飛び過ぎてフォルトも無くなるはず。

きっと変化して、良い軌道でサービスエリアに収まってくれるはずです。

 

4.回転系のサーブは、軌道高めで!

良い感じに回転がかかったら、ぜひ軌道を高く設定しましょう。

試合では、オーバーフォルトするくらいのつもりで打って良い。

かなり高い位置を通しても、サーブが入る自信が付いて来るはずです。

これが、試合でも強みになる。

バウンド後に失速しない、本当にリターンし辛い良いサーブになるはずです。

ボールを弾く、当たる面積を約半分にする工夫、ぜひやってみて下さい。

 

スピンサーブ、の前にスライスサーブから練習してみると良いでしょう。

スライスサーブは打点が低くても打ちやすいですし、試合でも大活躍。

その後にその回転を縦方向、に変更出来れば、そのまま良いスピンサーブになるはずです。

セカンドサーブの概念を変えていく、そのきっかけになれば嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう

    サーブが苦手、サービスゲームが嫌い・・・。な人は、この発想でい…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く握ってみよう

    サーブのトスアップ、皆さん安定して出来ていますか?トスが安定し…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  6. テニス ダブルス

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに
  2. テニス リターン

    リターン

    リターンで動かすラケット、出来るだけ小さくコンパクトに!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ
  4. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちまし…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、「ストレートケアしている前衛」ほど、ストレートを抜かれていくのか?を考えて…
PAGE TOP