ストローク

ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

「理想的な打ち方って、何ですか?」

というご質問を頂くたびに、私自身もすごく考えてしまいます。

きっと答えは無いんでしょうけど、私なりの答え、とすればこれが当てはまると思います。

テニスに限らず、だと思いますが、みなさんもぜひ意識してもらえればと。

きっと、新しい発見があると思います。

 

ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

 

1.速いスウィングスピード、で打ちたいけど・・・

私自身、学生時代からこれを追い求めていました。

厚いグリップで速く振る、それこそプロ選手をお手本にして。

実際、生でプロ選手の試合を観たときには、もうほとんど、スウィングが見えない。

それくらい、速いスピードで振っている。

でも、これでコントロール出来るのは、トレーニングの賜物。

技術的な部分だけでなく、怪我も少なくいられるのはしっかり筋力トレーニングも出来ているから。

もちろん、私たちも目指したいところですが、逆の発想も大事なんじゃないかなと。

予備動作を入れて、速いスウィングじゃなくて「ゆったり」したスウィングにしていく。

それで速いボールが打てれば、それが一番理想形だと私は思います。

 

2.速いスウィングは、一瞬で良い

打つ直前、には速いスウィングスピードが欲しい。

でもそれまで、の動作は出来るだけゆったり、大きく。

そうすることで、動きながら調整出来る幅も出来ますしね。

最初から最後まで速いスウィング、だと、点でしか合わせられないような気がします。

プロ選手は、これが出来ちゃうんで凄いんですが・・・。

私たちは、どちらかと言えばゆったり振っているように見えて、速いボールが打てる。

このイメージ、大事だと思いますよ。

 

3.相手にも良い錯覚、を生める

みなさんも対戦していて、嫌な相手ってこういう相手なはず。

全然必死に振っているようには見えないのに、ボールが鋭い。

懐が、深い。

理想形だと思いませんか?

体力の消耗も少ないですし、相手に自然と良い錯覚が生まれる。

いかにも、という相手のショットって、やっぱり速い雰囲気があるから守る相手もやりやすい。

ギャップ、がある方が、テニスのような競技は絶対に相手はやり辛いはずなんです。

 

4.速い準備、ゆったりした振り出し、が大前提

ストロークでは、私もこれを意識しています。

速く準備して、ゆったり振り出す。

打点の直前で、加速する。

きっと、調子が悪いときとか、こういう感覚を取り戻すと試合でも修正が効く。

普段の練習から、ぜひみなさんも意識して欲しいポイントなんです。

初心者の頃って、丁寧にゆっくり、ラケットを振ってたじゃないですか。

あの感覚って、実は大事。

丁寧さ、が無い選手がラケットのスウィングスピードを上げても、ガシャるだけですからね。

 

安定感が無い人は、そもそも自分のスウィングスピードと技量が合って無いような気がします。

ただ速く振るだけ、なんて無謀。

ストロークでも、ちょっと意識を変えてみると、新しい発見あると思いますよ。

自分の中で打点に幅、が持てるように意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「フラットショットが強烈なストローカー」と対戦したときに効果的な作戦とは?

    試合の相手で、「強いストローカー」のイメージってどんな感じでしょうか?…

  3. テニス リターン

    ストローク

    「ストロークでズルズル後ろに下がるアナタに、未来は無い!」くらいの危機感が必要な理由

    テニスの試合で、ストロークが強い相手に押されて後ろに下がってしまい・・…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖

    試合の大事な場面、スピンストロークで攻撃していこうと思っても・・・「ガ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのボールを安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る

    試合の中で、ストロークが全然入らなくなる。入れようと思ってつな…

  6. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  2. テニス 知識
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、…
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプ…
  3. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は、ボールをバウンドさせる場所を…
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    試合の中では「自分が攻撃しているのか、させられているのか」については常に意識して…
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
PAGE TOP