ストローク

ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

「理想的な打ち方って、何ですか?」

というご質問を頂くたびに、私自身もすごく考えてしまいます。

きっと答えは無いんでしょうけど、私なりの答え、とすればこれが当てはまると思います。

テニスに限らず、だと思いますが、みなさんもぜひ意識してもらえればと。

きっと、新しい発見があると思います。

 

ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

 


 

1.速いスウィングスピード、で打ちたいけど・・・

私自身、学生時代からこれを追い求めていました。

厚いグリップで速く振る、それこそプロ選手をお手本にして。

実際、生でプロ選手の試合を観たときには、もうほとんど、スウィングが見えない。

それくらい、速いスピードで振っている。

でも、これでコントロール出来るのは、トレーニングの賜物。

技術的な部分だけでなく、怪我も少なくいられるのはしっかり筋力トレーニングも出来ているから。

もちろん、私たちも目指したいところですが、逆の発想も大事なんじゃないかなと。

予備動作を入れて、速いスウィングじゃなくて「ゆったり」したスウィングにしていく。

それで速いボールが打てれば、それが一番理想形だと私は思います。

 

2.速いスウィングは、一瞬で良い

打つ直前、には速いスウィングスピードが欲しい。

でもそれまで、の動作は出来るだけゆったり、大きく。

そうすることで、動きながら調整出来る幅も出来ますしね。

最初から最後まで速いスウィング、だと、点でしか合わせられないような気がします。

プロ選手は、これが出来ちゃうんで凄いんですが・・・。

私たちは、どちらかと言えばゆったり振っているように見えて、速いボールが打てる。

このイメージ、大事だと思いますよ。

 

3.相手にも良い錯覚、を生める

みなさんも対戦していて、嫌な相手ってこういう相手なはず。

全然必死に振っているようには見えないのに、ボールが鋭い。

懐が、深い。

理想形だと思いませんか?

体力の消耗も少ないですし、相手に自然と良い錯覚が生まれる。

いかにも、という相手のショットって、やっぱり速い雰囲気があるから守る相手もやりやすい。

ギャップ、がある方が、テニスのような競技は絶対に相手はやり辛いはずなんです。

 

4.速い準備、ゆったりした振り出し、が大前提

ストロークでは、私もこれを意識しています。

速く準備して、ゆったり振り出す。

打点の直前で、加速する。

きっと、調子が悪いときとか、こういう感覚を取り戻すと試合でも修正が効く。

普段の練習から、ぜひみなさんも意識して欲しいポイントなんです。

初心者の頃って、丁寧にゆっくり、ラケットを振ってたじゃないですか。

あの感覚って、実は大事。

丁寧さ、が無い選手がラケットのスウィングスピードを上げても、ガシャるだけですからね。

 

安定感が無い人は、そもそも自分のスウィングスピードと技量が合って無いような気がします。

ただ速く振るだけ、なんて無謀。

ストロークでも、ちょっと意識を変えてみると、新しい発見あると思いますよ。

自分の中で打点に幅、が持てるように意識してみて下さい。

■打点の確認に秘密兵器、はコチラ

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス フットワーク
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

    学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。…

  3. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認しよう!

    皆さんはテニスをやっている中で、「壁を作る」という言葉を聞いたことはあ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

  5. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

    回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、改良案3つ
  3. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無い…
  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!
PAGE TOP