テニス ストローク

ボレー

試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

試合で勝つために、必要な技術。

たくさんあるようで、実はそれほど多くはないと私は思っています。

ダブルスなら、これが打てるか打てないか、で試合は大きく変わる。

もっと言えば、打てる勇気を持っている人だけが、その必要性を感じて練習でも実践していく。

みなさんは、どうでしょうか?

 

試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

 

1.アナタの想像を超えて、考えてみよう

「角度を付けたボレー」と聞くと、どんなイメージでしょうか?

イメージしやすいのが、アングルボレーですよね。

ネットに詰めて、相手のコートの端を狙う。

でも、この「端」のイメージが、実はまだまだ甘い方が多いんです。

本当に角度を付けるボレー、というのはどういうボレーか。

みなさん、真剣に考えてみましょう。

試合で効果的に使えて、相手からポイントを奪うショット、ですからね。

 

2.ネットとほぼ並行な軌道、が理想

角度を付ける、という言葉の意味、深く考えたことはありますか?

それは、自分から角度を「変える」に近しい。

まっすぐ飛んで来るボールに対して、大きく角度を変える。

これくらいの意識、私は大事だと思いますよ。

自分に向かって来たボールを、ボレーで90度違う方向に打つ、くらいの気持ちで。

実際に試合で勝っている相手、強い選手のボレーって、そんな感じじゃないですか?

角度を付ける、だと甘い。

角度を変える、くらいの意識で臨みましょう!

 

3.なぜ、角度を変えるボレーは難しいのか?

この背景には、私は「薄く当てることへの、怖さ」があると思います。

普通のボレーは、ほぼボールの真後ろを打つじゃないですか。

でも、角度を変えるボレーは、ボールの横を打つ。

自分に向かって来るボールの、横を触るのって勇気要りますよ。

だって、少しでも当たり損ねたら、ボールが自分に当たる可能性だってありますからね。

それくらい、繊細なタッチが求められる、のが本当のアングルボレー、です。

向かって来るボール、を上手くコントロールする恐怖心を乗り越えてこそ、良い角度は生まれる。

しっかり強い意識、で練習しないとダメですね。

 

4.まずは遅いボールから、打ってみよう!

いきなり速いボール、に角度を付けるのは難しい。

まずはゆったりした、相手が打った遅いボールから角度を変えてみる。

ボールの横を触って、ネットと並行に近い感じの軌道で打ってみましょう。

ネットから離れた位置にいるときには、山なりな軌道で充分です。

もっと言えば、練習では失敗しても良い。

甘い角度、になるようでは試合で使えないですからね。

大胆に失敗してみて、そこから調整してく位のつもりで良いでしょう。

 

角度を付けた、アングルボレー。

この精度、コントロール、もっともっと意識を高くしていきましょう。

ネットと並行に近いボレー、こそ本当に試合で使える角度を変えたボレー。

「上手い!」と周りがうなるようなショット、試合で打てると自信にもなりますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、打ち終わった後の「左手」の形が大事

    ボレーの打ち方が綺麗な人って、特にバックボレーが乱れない。安定…

  2. テニス

    ボレー

    テニスの試合で使える実践的なボレーボレー、「ルーマニアンボレー」の練習効果はすごい

    テニスの練習の中で、効果的なのに見落とされがちなメニュー・・・それは、…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス サイト

    ボレー

    先入観を無くせば、バックハンドボレーの攻撃力は絶対にまだまだアップ出来る!

    バックハンドボレーが、どうしてもつなぐだけになってしまう。試合…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネッ…

特集記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの
  2. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?
  3. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?
  4. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える
  5. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう…
PAGE TOP