日々の雑記

誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

1月8日は成人の日、ですね。

実は私、実際に自分が20歳の頃にこの成人の日に出席出来ませんでした。

広島から関東の大学に進学して、その為だけに帰省することが出来ず・・・もっと言えば、ほとんど興味がありませんでした。

ある日を境に、未成年が成人になる。

そんなのナンセンスだし、大人かどうかを決めるのは、アナタ自身とその周りの人の評価ですから。

 

昔からジュニア、学生、社会人やプロ選手のテニス選手と接していて、すごく感じることがあります。

それは、本当に「大人」な人が少ないということ。

まぁ、無理も有りません。

テニスはまだまだ、マイナーで自己満、身内感たっぷりなスポーツ。

いつも年末年始には、たくさんの大学生のスポーツ、高校生のスポーツの試合が地上波で放送されていますが、もちろんテニスの放送はありません。

 

全国区で放送される競技に出る選手は、当たり前ですが「自分たちは、全国から見られている」という自覚がある。

先日、実は春高バレーを観に東京体育館に行ってきましたが、ものすごい熱気でした。

そして試合後の選手、を会場で見る機会も多かったですが、すごく堂々としていて姿勢が良い。

荷物もキレイにまとめられている。

テニスの全国大会の会場とは、雰囲気からしてまるで違う。

そう、コートを離れた場所、顧問の先生やコーチが見ていない場所、にこそ、学生一人一人の意識が問われるのは言うまでもありません。

 

こういうのって、トップ選手だけの考え方?必要な意識?でしょうか。

違うと思いますよ。

私たち、テニスの試合で勝ちたいと思っているなら、コートの上だけで頑張っていても、結果は出ない。

もっと言えば、自分に自信が持てないんですよね。

コートを離れた場所、それこそ誰も見ていないような場所、でこそ努力を積み重ねないと。

手前味噌ですが、このT-PRESSのサイトも、オープンして半年くらいはほぼ誰も見ていないようなサイトでした。

それでも、私自身必要だと思うことを、根気強く書き続けてきて、今ではそれなにり多くの人に読んで頂いているサイトになりました。

普通は、「誰も見ていないから・・・」という理由で、更新も止めてしまうことろ。

何となく、テニスの経験上「誰も見ていないようなところ、ここで続けることが大事なんだ」というのが、自分の想いの根底にあったように思います。

 

テニスも、同じです。

誰も見ていないような場所、本当にひとつの片隅で、努力を続けること。

それが花開く時、は必ず来ます。

なぜなら、アナタ自身が自分を「見続けている」からです。

コート外での自分が、やるべきことをやって自信を付けた時。

それは間違い無く、アナタ自身のテニスが強くなった時、です。

ちょっとやる気が出ない、しんどくて苦しい時、T-PRESSを読みに来て下さい。

そこで背中を押せるような何か、を提供出来るように、私自身精進していきます!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    日々の雑記

    アナタ目線、は永遠の財産になる

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。あと2週間、でも…

  2. テニス 雨

    日々の雑記

    「遠慮」は結果、不幸な結果に導かれる

    今週の月曜日から、更新が滞ってましてすみませんでした。仕事で離…

  3. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?

    いよいよ、今夜は日本もワールドカップの初戦ですね。普段テニスを…

  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます

    先日、こういったご意見を頂きました。「いつも拝見しています。少…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事で書いてあることをやったら、コーチから怒られました」というみなさんへ

    アンケートにご協力頂いたみなさん、ありがとう御座いました!回答…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない
  2. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について
  3. テニス 準備

    戦術

    浅いボール、ストロークで振り切れてますか?
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習す…
PAGE TOP