日々の雑記

誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

1月8日は成人の日、ですね。

実は私、実際に自分が20歳の頃にこの成人の日に出席出来ませんでした。

広島から関東の大学に進学して、その為だけに帰省することが出来ず・・・もっと言えば、ほとんど興味がありませんでした。

ある日を境に、未成年が成人になる。

そんなのナンセンスだし、大人かどうかを決めるのは、アナタ自身とその周りの人の評価ですから。

 

昔からジュニア、学生、社会人やプロ選手のテニス選手と接していて、すごく感じることがあります。

それは、本当に「大人」な人が少ないということ。

まぁ、無理も有りません。

テニスはまだまだ、マイナーで自己満、身内感たっぷりなスポーツ。

いつも年末年始には、たくさんの大学生のスポーツ、高校生のスポーツの試合が地上波で放送されていますが、もちろんテニスの放送はありません。

 

全国区で放送される競技に出る選手は、当たり前ですが「自分たちは、全国から見られている」という自覚がある。

先日、実は春高バレーを観に東京体育館に行ってきましたが、ものすごい熱気でした。

そして試合後の選手、を会場で見る機会も多かったですが、すごく堂々としていて姿勢が良い。

荷物もキレイにまとめられている。

テニスの全国大会の会場とは、雰囲気からしてまるで違う。

そう、コートを離れた場所、顧問の先生やコーチが見ていない場所、にこそ、学生一人一人の意識が問われるのは言うまでもありません。

 

こういうのって、トップ選手だけの考え方?必要な意識?でしょうか。

違うと思いますよ。

私たち、テニスの試合で勝ちたいと思っているなら、コートの上だけで頑張っていても、結果は出ない。

もっと言えば、自分に自信が持てないんですよね。

コートを離れた場所、それこそ誰も見ていないような場所、でこそ努力を積み重ねないと。

手前味噌ですが、このT-PRESSのサイトも、オープンして半年くらいはほぼ誰も見ていないようなサイトでした。

それでも、私自身必要だと思うことを、根気強く書き続けてきて、今ではそれなにり多くの人に読んで頂いているサイトになりました。

普通は、「誰も見ていないから・・・」という理由で、更新も止めてしまうことろ。

何となく、テニスの経験上「誰も見ていないようなところ、ここで続けることが大事なんだ」というのが、自分の想いの根底にあったように思います。

 

テニスも、同じです。

誰も見ていないような場所、本当にひとつの片隅で、努力を続けること。

それが花開く時、は必ず来ます。

なぜなら、アナタ自身が自分を「見続けている」からです。

コート外での自分が、やるべきことをやって自信を付けた時。

それは間違い無く、アナタ自身のテニスが強くなった時、です。

ちょっとやる気が出ない、しんどくて苦しい時、T-PRESSを読みに来て下さい。

そこで背中を押せるような何か、を提供出来るように、私自身精進していきます!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ

    最近みなさんは、「知ったこと」ありますか?私は、たくさんありま…

  2. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう

    先週、初打ちを終えた後の・・・自分のテニス。「これは本当に、ま…

  3. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない

    関東では急に寒さが厳しくなって、本当真冬って感じになりましたね。…

  4. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う

    ふと、昨晩テレビをつけてみると・・・オリンピック!毎回思うのが…

  5. テニス メモ

    日々の雑記

    テニスの成長は、点で考えずに線で考えよう

    いよいよ、本格的な夏、ですね。この時期は学生の皆さんはテスト期…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける

    すっかり涼しくなって、まさに夏が終わって秋・・・という感じですね。…

特集記事

  1. テニス 攻撃

    戦術

    直線的で速い球が良いテニス、と思い続けている限り試合では勝てない
  2. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう
  3. テニス 楽天

    その他

    「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ…
  4. テニス 準備

    メンタル

    勝っていようが負けていようが、自分の中で「変えない作法」はあるか?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ
PAGE TOP