テニス サーブ

ダブルス

ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

私自身、ダブルスの試合でロブはよく使います。

でも、当然それは相手を見てから。

見るポイント、チェックするポイントは、毎回決まっています。

言われてみれば当たり前のこと、だと思いますが、今回はみなさんにもそのチェックポイントを共有したいと思います。

ロブが効く相手、というのは、こうやって見極めていきましょう。

 

ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点

 

1.サーブを打つポジションが、コートの端近く

ロブが一番効くのは、リターンから。

リターンでロブを打てれば、相手にとって非常に脅威になります。

特に、コートの端から打つような相手は、ロブをケアすることを頭に入れていないケースが多い。

だって、前衛の上にロブを上げて、それを追いかけるのにコートの端からだと走る距離も長いですよね。

逆に、センター寄りからサーブを打つ選手は、ダブルスをよく知っているしロブケアも上手い。

コートの端からサーブを打つ選手は、自信が無いから自分の持ち場、アレーまで守ろうとする意識が強すぎるんだと思います。

それだけ視野が狭い、ということ。

こういう相手に、ロブは効きます。

 

2.前衛がほとんど動かないペア

前衛が動かないダブルスペア、というのも、ロブが効きやすい。

そもそも、参加しようという意識が希薄ですからね。

下がれば触れるロブでも、すぐに任せて後衛にパスしてしまう前衛、だと思って良いでしょう。

前衛が動かない、ような相手には、どんどんロブを上げていきましょう。

多少甘くても、大丈夫。

ミスしてくれる可能性も高いし、一度ミスしたらその後は後衛に任せっぱなしでしょう。

その時点で、ダブルスの試合はもう勝ったようなものです。

 

3.前衛の表情が暗い

こういうポイントも、試合の序盤で見極めておくこと。

前衛の表情、よーく見ておきましょう。

どこか暗い、自信が無さそうな選手なら、どんどんロブを使う。

こういう相手は、スマッシュを打っては来ません。

きっと後衛に任せて、自分はさっさとチェンジしてしまう。

実際に、実力がある選手かも知れませんが・・・ロブを「上げてみないと分からない」ことは多いですから。

ぜひ、相手の表情をチェックする習慣、意識してみて下さい。

 

4.ポーチに積極的に出て来る相手

3.のような相手もいれば、ノリノリでポーチにガンガン出て来るような相手、もいるでしょう。

こういう相手にも、早めにロブを打っておく。

「ポーチに出て来ても、関係無いよ」という意志表示、早めに相手に示しておく。

ロブが効く、のは、実は試合の中盤から後半。

「ロブを打って来る相手」と認識してもらえれば、自然とポーチに出て来る足も鈍って来るはず。

恐れない姿勢、を相手に見せるのと同時に、しっかり手数のバリエーションを見せておくこと。

これも、ダブルスでは大事な戦術です。

 

5.ポイント間でのコミュニケーションが少ないペア

ロブに対応するには、ダブルスのペア同士でしっかりと共通認識が必要。

だからこそ、ポイント間でのコミュニケーションが大事、なんです。

しっかり、ロブに対してどうしていくのか、を決めないといけないですからね。

特に男子ダブルスで、お互いに好き勝手やっているようなペア、いますよね。

こういうペアには、ロブは効きます。

2人の間、センター気味に打ってみてください。

きっと、お互いで譲り合うか、お互いに打とうとしてぶつかるか、どちらかでしょう。

ぜひ、積極的に使ってみて下さい。

 

まず、全般的にロブはどのペアにも効きます。

スマッシュがすごく得意、という人は少ないですからね。

大前提として、しっかりポイントを見極めるという意識、大事です。

繰り返しますが、ロブが効かないペアなんていません。

実際に、強いペアを相手にした方が効く、と思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合は、「アレーコートにバウンドするボール」に狙いを定めよう

    ん?どういうこと?と思った方も多いと思います。ダブルスの試合、…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  3. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスにおいて、高レベルのダブルスの試合で増える「ストレートへの展開」の練習メニ…
  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいの…
  3. テニス データ

    戦術

    テニスの試合の中で、「感覚とデータを迷える」ようになったら一人前
  4. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて…
  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします
PAGE TOP