テニス ボレー

スマッシュ

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。

自分の頭上にロブが来て、いざスマッシュ!となったときに、みなさんの技術はどうですか?

ここぞの場面でのスマッシュ、ぜひこの意識で打って欲しい。

私も実践している、とっておきのコツ、です。

 

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

 

1.スマッシュミスのほとんどは、身体が折れてしまうから

実際、スマッシュミスを思い出してみて下さい。

身体が折れて、頭が大きく動く。

相手コートを早く見たい、スマッシュの結果を知りたい、という欲求がミスの元。

この動作さえしっかり直すことが出来れば、スマッシュは簡単です。

大事なポイントでもしっかり打てる、ぶれないスマッシュが打てるはずです。

コツは、目線を残すこと、です!

 

2.スマッシュを打った後に、空を見続けよう

打った後に、上を向いたままにする。

ボールを目で追わない、これだけです。

実はこれ、サーブでも同じことが言えるんです。

打った後に上方向を見続けることで、打点が安定するし頭が動かない、腰も折れない。

ぜひ、その場で素振りしてみて下さい。

上方向、空を見続けながらスマッシュを打つ、と考えると、すごく楽じゃないですか?

安定感も、威力も増すことが出来る、のがこのコツの良いところです。

 

3.上方向に力を伝えるから、スマッシュに深さが出る

腰を折ると、下方向へのスマッシュになってしまうんですよね。

これだとネットミスが多いし、安定しない。

空を見続けると、自然と下から上、スマッシュも上方向にしっかり力を伝えることが出来ます。

深い位置からのスマッシュでは、特に大事です、これ。

身体も開かない、余計なことをしないスマッシュ、に変えていくことが出来る。

目線を意識するだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

4.コントロールも飛躍的にアップします

なぜなら、打つ方向を見ないから。

相手コートをイメージしながら、空を見続けて打つコースをしっかり狙う。

これは、練習で必ず身に付けることが出来ます。

上方向を見続けながら、相手コートをイメージしてコントロールスマッシュ。

慣れるまでは、不安ですけどね。

でも、慣れれば大丈夫。

上方向を見ながらも、相手コートをイメージ出来るようになる。

そうなるように、日ごろから相手コートをすぐに見ない癖、磨いてみて下さい。

 

何度か書いて来た、「スマッシュで顔を残す」というコツ。

これに必要なのは、技術よりも勇気です。

勇気を持って、空を見続けること。

これだけまずは、意識してみて下さい。

きっと威力を維持しながらコントロール出来る、ミスが少ないスマッシュになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げられます

    スマッシュはチャンスボール。そう思えているアナタは、きっと上級…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、基本的にロブを打った相手を集中攻撃で

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ側の前衛は、実はもっと前に詰めて良い5つの理由
  2. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています
  3. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    2人の攻撃の息を合わせていくだけで、「ダブルスの攻撃力」はワンランクアップする
  5. テニス 睡眠

    メンタル

    大事な試合の前日に、「目が冴えて眠れなくなってしまった・・・」ときに意識したい4…
PAGE TOP