テニス ボレー

スマッシュ

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。

自分の頭上にロブが来て、いざスマッシュ!となったときに、みなさんの技術はどうですか?

ここぞの場面でのスマッシュ、ぜひこの意識で打って欲しい。

私も実践している、とっておきのコツ、です。

 

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

 

1.スマッシュミスのほとんどは、身体が折れてしまうから

実際、スマッシュミスを思い出してみて下さい。

身体が折れて、頭が大きく動く。

相手コートを早く見たい、スマッシュの結果を知りたい、という欲求がミスの元。

この動作さえしっかり直すことが出来れば、スマッシュは簡単です。

大事なポイントでもしっかり打てる、ぶれないスマッシュが打てるはずです。

コツは、目線を残すこと、です!

 

2.スマッシュを打った後に、空を見続けよう

打った後に、上を向いたままにする。

ボールを目で追わない、これだけです。

実はこれ、サーブでも同じことが言えるんです。

打った後に上方向を見続けることで、打点が安定するし頭が動かない、腰も折れない。

ぜひ、その場で素振りしてみて下さい。

上方向、空を見続けながらスマッシュを打つ、と考えると、すごく楽じゃないですか?

安定感も、威力も増すことが出来る、のがこのコツの良いところです。

 

3.上方向に力を伝えるから、スマッシュに深さが出る

腰を折ると、下方向へのスマッシュになってしまうんですよね。

これだとネットミスが多いし、安定しない。

空を見続けると、自然と下から上、スマッシュも上方向にしっかり力を伝えることが出来ます。

深い位置からのスマッシュでは、特に大事です、これ。

身体も開かない、余計なことをしないスマッシュ、に変えていくことが出来る。

目線を意識するだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

4.コントロールも飛躍的にアップします

なぜなら、打つ方向を見ないから。

相手コートをイメージしながら、空を見続けて打つコースをしっかり狙う。

これは、練習で必ず身に付けることが出来ます。

上方向を見続けながら、相手コートをイメージしてコントロールスマッシュ。

慣れるまでは、不安ですけどね。

でも、慣れれば大丈夫。

上方向を見ながらも、相手コートをイメージ出来るようになる。

そうなるように、日ごろから相手コートをすぐに見ない癖、磨いてみて下さい。

 

何度か書いて来た、「スマッシュで顔を残す」というコツ。

これに必要なのは、技術よりも勇気です。

勇気を持って、空を見続けること。

これだけまずは、意識してみて下さい。

きっと威力を維持しながらコントロール出来る、ミスが少ないスマッシュになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー

    今回は、このテーマで。スマッシュ練習って、球出しだけになったり…

  3. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  4. テニス 上達

    スマッシュ

    スマッシュがいつまでも上達しない人は、「上半身の動きの練習」しかしないから

    練習で打つスマッシュ、試合で使うスマッシュ。この決定的な違いを…

  5. テニス ミス

    スマッシュ

    スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

    スマッシュミスで多いケース、はこのケースでしょう。打点が近く、…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法

    アナタ自身が試合に出たときに、スマッシュでポイントを決められるとどんな…

特集記事

  1. シングルス

    バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう
  2. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  3. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だとい…
  4. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  5. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか
PAGE TOP