テニス ボレー

スマッシュ

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

「ここを決めれば、勝ち!」のマッチポイント。

自分の頭上にロブが来て、いざスマッシュ!となったときに、みなさんの技術はどうですか?

ここぞの場面でのスマッシュ、ぜひこの意識で打って欲しい。

私も実践している、とっておきのコツ、です。

 

大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう

 

1.スマッシュミスのほとんどは、身体が折れてしまうから

実際、スマッシュミスを思い出してみて下さい。

身体が折れて、頭が大きく動く。

相手コートを早く見たい、スマッシュの結果を知りたい、という欲求がミスの元。

この動作さえしっかり直すことが出来れば、スマッシュは簡単です。

大事なポイントでもしっかり打てる、ぶれないスマッシュが打てるはずです。

コツは、目線を残すこと、です!

 

2.スマッシュを打った後に、空を見続けよう

打った後に、上を向いたままにする。

ボールを目で追わない、これだけです。

実はこれ、サーブでも同じことが言えるんです。

打った後に上方向を見続けることで、打点が安定するし頭が動かない、腰も折れない。

ぜひ、その場で素振りしてみて下さい。

上方向、空を見続けながらスマッシュを打つ、と考えると、すごく楽じゃないですか?

安定感も、威力も増すことが出来る、のがこのコツの良いところです。

 

3.上方向に力を伝えるから、スマッシュに深さが出る

腰を折ると、下方向へのスマッシュになってしまうんですよね。

これだとネットミスが多いし、安定しない。

空を見続けると、自然と下から上、スマッシュも上方向にしっかり力を伝えることが出来ます。

深い位置からのスマッシュでは、特に大事です、これ。

身体も開かない、余計なことをしないスマッシュ、に変えていくことが出来る。

目線を意識するだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

4.コントロールも飛躍的にアップします

なぜなら、打つ方向を見ないから。

相手コートをイメージしながら、空を見続けて打つコースをしっかり狙う。

これは、練習で必ず身に付けることが出来ます。

上方向を見続けながら、相手コートをイメージしてコントロールスマッシュ。

慣れるまでは、不安ですけどね。

でも、慣れれば大丈夫。

上方向を見ながらも、相手コートをイメージ出来るようになる。

そうなるように、日ごろから相手コートをすぐに見ない癖、磨いてみて下さい。

 

何度か書いて来た、「スマッシュで顔を残す」というコツ。

これに必要なのは、技術よりも勇気です。

勇気を持って、空を見続けること。

これだけまずは、意識してみて下さい。

きっと威力を維持しながらコントロール出来る、ミスが少ないスマッシュになるはずです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに威力がある人は、実はスウィングの振り幅が凄く小さい

    何度かこのテーマで書いてきましたが、まだまだ大振りの人が多いので、改め…

  3. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

    テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。特に学生の皆さん…

  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

特集記事

  1. フットワーク

    試合で「つなぐボール」が苦手な人は、そもそも考え方がおかしい
  2. 練習メニュー

    ダブルスの動きを鍛える、2対2のボレー対ストローク練習
  3. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
  4. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポー…
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?
PAGE TOP