テニス メンタル

メンタル

テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

今年の1記事目のテーマ、何にしようかずっと考えてました。

一番、今みなさんに伝えたいことは、何だろう。

今年の礎となる部分に、何をすえていこうか。

そう考えたときに、これだなと。

みなさん、もっともっと、「自分」を出して良いと思いますよ。

 

テニスでは、もっと自分の性格を出していこう

 

1.永遠に変わらないもの、それはアナタ自身

私自身、自分のテニスを振り返ってみると、本当に色々経験してきました。

そして、色々なショットを変えてきました。

片手、両手、スピン、スライス、試行錯誤の繰り返しで、片手と両手だけで5回位は変えましたね。

でも、その決断を下してきたのは、私自身。

その都度、必要性を感じて変えて来ました。

何かを変えても、表面上は変わっても、その根幹にある部分は変わらない。

このことを、しっかり考えておく、受け止めておく。

そうすることで、私はもっとアナタ自身が次のステージにいけると思いますよ。

 

2.自分のテニスでは、自分を出していこう

私だけじゃなく、きっとみなさんにアドバイスする人はたくさんいるでしょう。

そこで、色々なヒントをもらい、自分のテニスを創っていく。

その中での決断、ぜひ自分らしさを大事にして欲しいんです。

テニス以外の部分、例えば勉強や仕事、恋愛でも、アナタ自身で決めてきたことはたくさんあるはす。

自分のテニスに自分らしさ、必要か必要でないか。

もちろん、自分らしさがマイナスに働くこともあるかも知れません。

でも、それはある意味覚悟の上。

だって、それくらい癖のある、アクが強い個性であるべきですから、アナタ自身、アナタらしさって。

テニスコートで自分を出すこと、に怖さを感じて欲しくないんです。

 

3.自分の性格は、必ず武器になる

テニスにおいて、私はそう思います。

つい、弱点が先にイメージされてしまう、考えてしまう。

私自身も、昔はそうでした。

どこか楽観主義で、執着心が無い、飽きっぽい。

この性格がテニスに向いていない、だからテニスコートでは自分を抑え込もうと考えてきた時期、が学生時代でした。

それも良い経験でしたが・・・私自身は損した部分も大きかったなと。

もっと自分の性格で、自分のテニスを出して戦うこと、をやっておきたかった。

そう感じて、社会人になってからは考えて工夫して、相手を観察して、少しは楽観的に前向きに、試合を進めるようになりました。

学生の頃より、試合に強くなったと感じるのはこうやって「自分の性格を出せる」ようになったからだと思います。

テニスの試合では、自分を出して良い。

自分こそ、最大の武器になる。

これだけは、ぜひ2018年のテーマにして欲しいと思っています。

 

4.テニスを通じて、自分を知る旅に出よう

私も、まだ旅半ばです。

でも、最高に楽しくないですか?

大人になってもベテラン、シニアになっても、真剣勝負が出来る場がある。

それこそ、自分を知る最高のチャンス、だと私は思います。

その為にも、自分の性格を出していく、個性を受け入れて戦っていく。

テニスを通じて自分を知り、また変化していくこともあるでしょう。

私は、そういう人をテニスを通じて応援したい、増やしていきたい。

今年も大前提、そのテーマで書いておきたいと思っています。

 

取り留めの無い内容で、すみません。。

新年、久しぶりに文章を書いてみると、何だかおかしいことになったように思います・・・。

でも、少しだけ書きたいことは伝わりましたでしょうか?

まだお会いしたことの無いみなさん、のテニスを想像しながら書いていきたい。

今年もT-PRESSを、宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

    ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。アナタ…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負けない

    「あの選手、本当にしこいなぁ・・・」と、感じる対戦相手、アナタはどれだ…

  4. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    トーナメントで良い成績、すぐに0に戻してまた練習再開

    良い成績、というのは人それぞれ。でも、目標を達成したときには、…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
  2. テニス 打点

    メンタル

    置きにいってのミス、がテニスの試合では一番痛い
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「少し左右に振られたくらいで、破れかぶれのショット」になる人は、…
  4. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を…
  5. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
PAGE TOP