テニス 攻撃

ボレー

フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。

これをしっかり決めるのって、なかなか難しい。

ダブルスの試合では、特に前衛で打つ機会も多いですよね。

しっかりとポイントを終わらせる、ために必要なのは足から運ぶ意識。

必ず足から合わせていくことを、意識していきましょう!

 

フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

 

1.足に上半身、が付いて来るイメージ

前に詰める時も、そうですよね。

まずはしっかり足を動かす、ボールに入る。

その動きに、上半身が付いて来るようなイメージで良い。

ラケットを持っている腕から、つい前に突っ込みたくなるのをグッとこらえる。

まずは足を動かして、しっかりボールに近付いていく。

ボールにある程度近付いてから、ラケットを上に準備して捕球態勢に入る。

この意識、大事です。

 

2.チャンスではなく、難しいボレー

こういう認識、しっかり持つことが大事。

チャンスではないですからね、ネット際に浮いてくるようなボール。

ボール自体に勢いが無いから、難しい。

自分からしっかり打ちにいかないといけない、ので難しいんですよ。

足を動かさないと、ボールから向かって来てはくれない。

それなのに、どこか待ってしまう人が多い。

待っている段階で、どんどんボールは落ちて打点は低くなっていきます。

 

3.打つ方向を見過ぎない、ことが大事

これも、大事なポイント。

どうしても、人は打つ方向を見たくなるじゃないですか。

これをグッとこらえて、打点に集中する。

打点で良い角度、にボールを飛ばせれば、自然とコントロールも良くなりますから。

打つ方向を見てしまうと、打点がおかしくなってラケットの真ん中にも当たらない。

つい、決め急いでしまいがちですが、まずはしっかりボールに集中すること。

打つコースは、速めに決めてしまいましょう。

 

4.走り出した段階で、打つコースを決める

打つ直前、だと上手くいきません。

走り出したら、すぐに打つコースを決める。

そして、その方針はぶらさない。

相手が読んで走ってきても、私はそのままのコースで打つことをオススメします。

相当、余裕があれば別ですけどね・・・。

打つ直前には、もう決まったことを遂行するだけ、にしたい。

きっと、その方がシンプルにミスが減るはずです。

 

チャンスボレーって、なかなか難しいですよね。

だからこそ、しっかり打ちたい、決めたい。

その為に、やらないといけないことはシンプルです。

足を動かしてボールに入ること、先にコースを決めて走り出すこと。

きっとミスが減るはずですよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

    球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。飛びつくようなボレー…

  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?

    相手にバックのハイボレーを打たせて、そこから崩して行く・・・。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  5. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  6. テニス ドロップショット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    自分が認識しているテニスと、周りから見られているテニスは違う
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトで必要以上に落ち込まない為に、「1ゲームに1回はOK」くらいのルー…
  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  4. 戦術

    流れが悪いときには、意図的に長いラリーポイントを作ろう
  5. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
PAGE TOP