テニス 攻撃

ボレー

フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

ネット近くに、フワッと浮いたようなボレー。

これをしっかり決めるのって、なかなか難しい。

ダブルスの試合では、特に前衛で打つ機会も多いですよね。

しっかりとポイントを終わらせる、ために必要なのは足から運ぶ意識。

必ず足から合わせていくことを、意識していきましょう!

 

フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る

 

1.足に上半身、が付いて来るイメージ

前に詰める時も、そうですよね。

まずはしっかり足を動かす、ボールに入る。

その動きに、上半身が付いて来るようなイメージで良い。

ラケットを持っている腕から、つい前に突っ込みたくなるのをグッとこらえる。

まずは足を動かして、しっかりボールに近付いていく。

ボールにある程度近付いてから、ラケットを上に準備して捕球態勢に入る。

この意識、大事です。

 

2.チャンスではなく、難しいボレー

こういう認識、しっかり持つことが大事。

チャンスではないですからね、ネット際に浮いてくるようなボール。

ボール自体に勢いが無いから、難しい。

自分からしっかり打ちにいかないといけない、ので難しいんですよ。

足を動かさないと、ボールから向かって来てはくれない。

それなのに、どこか待ってしまう人が多い。

待っている段階で、どんどんボールは落ちて打点は低くなっていきます。

 

3.打つ方向を見過ぎない、ことが大事

これも、大事なポイント。

どうしても、人は打つ方向を見たくなるじゃないですか。

これをグッとこらえて、打点に集中する。

打点で良い角度、にボールを飛ばせれば、自然とコントロールも良くなりますから。

打つ方向を見てしまうと、打点がおかしくなってラケットの真ん中にも当たらない。

つい、決め急いでしまいがちですが、まずはしっかりボールに集中すること。

打つコースは、速めに決めてしまいましょう。

 

4.走り出した段階で、打つコースを決める

打つ直前、だと上手くいきません。

走り出したら、すぐに打つコースを決める。

そして、その方針はぶらさない。

相手が読んで走ってきても、私はそのままのコースで打つことをオススメします。

相当、余裕があれば別ですけどね・・・。

打つ直前には、もう決まったことを遂行するだけ、にしたい。

きっと、その方がシンプルにミスが減るはずです。

 

チャンスボレーって、なかなか難しいですよね。

だからこそ、しっかり打ちたい、決めたい。

その為に、やらないといけないことはシンプルです。

足を動かしてボールに入ること、先にコースを決めて走り出すこと。

きっとミスが減るはずですよ!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです

    今回実施させて頂いたアンケートでも、バックボレーに悩んでいる人が多い・…

  3. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの基本

    ボレーする時に「足をもっと動かせよ!!」と怒られている人いない…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ドロップボレー成功の秘訣は、逆クロスのコースに有り!

    テニスの技術の中でも、トップクラスに難しい技術。それはドロップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーで足が動かない・・・」人には理由がある!意識したいテニスのネットプレーの…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?
  5. テニス 調子

    ボレー

    ネットプレーでアウトが多いのは、「深く打とうと意識し過ぎ」ているから
PAGE TOP