テニス ダブルス

ダブルス

コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

ダブルスの試合のときに、試合の序盤で感じること。

「あ、このペア絶対強いな・・・」と思うポイントって、色々あると思います。

私は、まず前衛の動き。

しっかり動く前衛、のペアはもちろん強い。

それだけじゃなくて、サーブの後にその軌道に合わせた動きが出来る前衛、のダブルスは間違いなく強いです。

その理由を、今回改めて書いてみたいと思います。

 

コントロールが良いサーバーは、前衛の動きを見れば分かる

 

1.なぜ、前衛は動けるのか?

みなさんも、イメージしてみて下さい。

ダブルスの試合で、サーブ側の前衛がサーブに合わせてしっかり動くペア。

こういうペアって、強いですよね。

センターへのサーブのときには、前衛がしっかりセンターによってプレッシャーをかけてくる。

これって、当たり前のことでしょうか?

私は違うと思いますよ。

そこには、しっかりとした信頼関係とサーブ側の技術、があるからだと思います。

 

2.サーブ側のコントロールが良いから、前衛がしっかり動ける

サーブ側の選手が、しっかりコントロールしてサーブを打つ。

打ち合わせ通りに打つ、からこそ、前衛が動ける。

それも、安心して動けるんです。

サーブのコースが打ち合わせと全く違うと、前衛としては困るじゃないですか。

ストレートに打たれて、抜かれる可能性も高くなる。

サーブ側の前衛としては、しっかりコースを突いたサーブが打てるペアだと、本当に楽なんです。

動くのも楽しくなるし、自然と決まるポイントが増える。

だから私は、ダブルスの試合は相手の前衛、それもサーブのときの前衛に注目している。

ここで、サーブの選手の実力を測ることが出来ますからね。

 

3.後衛のコントロール力こそ、前衛のモチベーションになる

これって、実はリターンの時にも言えるんですよね。

コントロール力がある後衛は、「絶対にクロスに沈めるから、前でポーチ頼んだ!」と言える。

そんなの、理想論?

いや、こういう理想から入っていかないと、テニスの試合では強くなれないですよ。

リターンのときにも、しっかり「どういうリターンをするのか?」をパートナーに伝えておくこと。

ファースト、セカンド分けても良いと思います。

厳しいようですが、「どこにリターンがいくか、分からない・・・」ような人は、パートナーもどうして良いのか分からない。

失敗しても良い、しっかり意志決定してパートナーに伝える、ことが試合では大事です。

 

4.実力がある選手は、ペアの動きも変えていく

結局、こうなります。

実力のある選手と組むと、アナタ自身も力を発揮する。

だって、攻撃していくようなときに、コントロールが良いと自分もその方向に動ける。

前衛として、連続攻撃に参加出来る。

前衛を活かせる後衛、ってこういう選手じゃないですか。

アナタ自身、目指して欲しいんです、こういう選手を。

その必要性を感じることが出来れば、きっと成長して周りの動きも変えていける。

強いダブルス選手、になれるはずです。

 

きっと、テニス以外のどんなスポーツでもそうだと思います。

ショットが計算出来る選手、の周りには、自然と良いプレーでサポートしてくれる仲間が増えていく。

ダブルスなら前衛、ですね。

この動き、連動させるにはまずはアナタの意志決定から。

思い通りにコントロール出来なければ、練習するのみ、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ガット

    ダブルス

    「社会人テニスのダブルスでも、ぜひ身に付けて欲しいIフォーメーション」は試合でとても有効!

    「Iフォーメーション」と聞いて、アナタはどんなことをイメージしますか?…

  3. テニス ストローク
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題につい…
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう…
  4. テニス メンタル

    その他

    「センス」という言葉に逃げる人が、私は大嫌いです
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃にも守備にも適した、「セミオープンスタンス」でストローク戦で勝負していく為に…
PAGE TOP