テニス ボレー

フットワーク

アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が増えます。

シングルスラインとダブルスラインの間、のコースにしっかり相手もコントロールして来る。

こういうコントロールショットを、アナタ自身もしっかり打てるように鍛えておかないと、試合では後手に回ってばかり。

難しいようで、実は身体の使い方次第で、アングルのコースは狙えます。

キーワードは、横向き。

思い切って肩を入れていくようなイメージ、で読んでみて下さい。

 

アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

 

1.アングルボレー、打ちやすいのは実は・・・?

アングルボレー、みなさんどんなイメージでしょうか?

きっと、クロス方向にサッと打つ、フォアもバックもそんなイメージだと思います。

クロス方向へのアングルボレーは、実は私は難しいと思っています。

だって、打つ方向に身体を向けることが出来ない、背中の方向に打つショット、になりますから。

初心者の方はもちろん、実際にテニススクールでは中級レベルでもかなりの人が怪しい感じ、になっている。

あえて、言います。

打ちやすいのは、逆クロス方向へのアングルボレー、です。

 

2.身体を横向きにして、ボールの横から入っていく

例えば、フォアハンドの逆クロス方向へのボレー。

しっかりアングルに打ちたい、なら、思い切って身体の横向きを作る。

ボールの横に入っていく、くらいの意識でちょうど良い。

右利きの方のフォアボレーなら、しっかり右方向に打てるように左肩を前、にして身体=胸は左方向を向いていく。

こうやって入ると、ボールの左側だけを触ることが出来るじゃないですか。

イメージ出来ますかね・・・?

ラケットではなく、身体の向きでもうアングルボレーを作ってしまう。

しっかり引き付けて、ボールの横に自分から入っていく。

こういう意識で打てれば、アレーもしっかり狙えるしコントロールが良くなる。

私は断言します!

 

3.打ちやすいのは、低めの打点!

しかも、コレの良いところは打点が低くても打ちやすい、ということ。

ラケットの先を少し落として、通常なら怒られるようなボレーかも知れませんが、ボールの横、を触ってみる。

身体がしっかり横向き、で作れていれば、これだけで良いアングルボレー、ドロップボレーになるはずです。

基本から逸脱しているボレー、かも知れません。

でも実際の試合では、足元に沈められることも多いし、これが現実的で実戦的なボレーなはず。

身体の向きを作れば、ボールは安定して逆クロス方向に飛んでくれます。

並行陣の後衛、でもめちゃくちゃ使えるボレー、になるはずですよ。

 

4.サイドスライスをかける、ただしかけ過ぎない!

私はいつも、このボレーで少しだけサイドスライスをかけます。

小指から前に出していく感じで、横回転をかける。

ただし、欲を出してはミスになるので、あくまでフォロースルーの余韻でかけるくらい、ですね。

バックボレーも、一緒です。

逆クロスに打つ身体の向き、をボレーでも意識してみて下さい。

右利きの方のバックボレーなら、しっかり右肩が前、相手に背中を見せるくらいでも良いと思いますよ。

コートの端に、アレーに打ちたいなら丁寧に。

身体全体の向き、を調整して打っていける技術、身に付けていきましょう。

 

手先のボレーではないので、すごく安定感がアップします。

身体の向きで、ボレーのコースをコントロールする、ことが出来れば試合で大崩れしない。

ぜひ、逆クロスのボレーからアレー、狙ってみて下さい。

アナタ自身、きっとプレーの幅が拡がるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ポジショニング
  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「かかとから踏みこもう」苦手なテニスのショットも、下半身が使えるようになると変わる!

    テニスは足を使う。走る・・・という意味もあるし、足のパワーを利…

  5. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  6. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべます…

特集記事

  1. シングルス

    シングルスの試合も、やっぱりクロスラリーが基本になる
  2. その他

    「このテニス選手、もったいない・・・」と私が感じるときは、こんなプレーを観たとき…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  4. その他

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話
  5. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、「自分が思っているよりも、しっかり肩を入れて」相手に…
PAGE TOP