テニス ボレー

日々の雑記

40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。

テニス以外でも、たくさんありますよね。

私がテニスをしていて感じることの中に、「サイドの呼び方」があります。

例えば、テニスで40-30のようなカウント、のときにサーブを打つ、リターンをするサイド。

 

これって、みなさん何て呼びますか?

私は学生時代、「バックサイド」と呼んでました。

でも、それって、右利き主体の呼び方じゃないですか。

無意識のうちに使っているけど、正しくは「アドバンテージサイド」ですね。

デュースに入っていなくても、サイドの呼び方は「アドバンテージサイド」または訳して「アドサイド」。

こういう小さいところ、に気遣いが出来ると、左利きの方からも「分かってくれてるな・・・」と信頼される。

すごく小さいこと、ですけどね。

言葉ってそれくらい、人を信用させるし、同時に差別的な言葉になって傷付けることにもなる。

その自覚がある人は、きっと自然と仲間も増えるし信頼関係の強いペアと長くテニスを続けていける。

私自身、こういうブログを書いていますから、気を付けないと・・・と日々考えています。

出来ているかどうかは、みなさんの判断にお任せします。

 

今回こういう内容を書いたのも、「私は左利きなんですが・・・」というご質問やご意見、が多いから。

私自身、ここは反省です。

自分が右利きですので、どうしても右利きの選手主体の文章、内容になってしまう。

本当の左利きの方の感覚、は正直未知な部分ですから、自信が無い。

でも、それを乗り越えていけるくらい、もっと成長しないといけないなと。

同時に、小さい言葉、本当に一つの片隅のような言葉を、大切にしていきたいと考えております。

まだまだ、テニス界には言葉が足りない。

私は小さいこの場所から、これからも発信し続けていきたいと思います。

 

みなさんも、バックサイドではなく、アドバンテージサイド。

この言葉を使うだけで、左利きの方は「お!」と思ってくれると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない

    今日、という日。実は、多くのテニスファン、関係者が待ち続けた日…

  2. テニス 準備

    日々の雑記

    成長していける人は、自分の通過点を確認出来ている

    アンケートや相談室で、たくさんの「嬉しい声」を頂く機会があります。…

  3. テニス グッズ

    日々の雑記

    今自分の目の前で起きていることは、全て自分が引き起こしていること

    テニスを続けていれば、基本上手くいかないことばかり。そうじゃな…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!

    アンケートにご協力頂いた皆さん、ありがとう御座いました!現在5…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  6. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく

    今日の平昌オリンピック、男子フィギュアスケート。ご覧になってい…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のはテニスにも必要なスポーツの基本
  2. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実
  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
PAGE TOP