テニス サーブ

サーブ

試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。

練習では、しっかり段階を追って練習しておくと良いと思います。

どうしても、普段の練習ってサーブを打ってリターンを返して、そこからラリー・・・みたいな単調な感じになりがちじゃないですか。

それだと、もったいないと思いますよ。

試合で来る可能性が高いコース、想定されること、を優先して練習しておいた方が良いと思います。

 

試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

 

1.まずはロブ対策が基本

私はいつも、ここから考えます。

相手のロブ、これを絶対に逃さない、仕留めるんだと。

サーブ&ボレーで相手がロブを上げてくる、ということは、それだけ警戒してくれているということです。

だからこそ、クロスロブもしっかりスマッシュする。

サーブ&ボレー、というだけあって、サーブの後にはボレーしか頭にない人が多いですよね。

しっかりと相手のロブ、前衛のカバーで走っても基本はスマッシュ、という意識で練習しましょう。

サーブ&リターンの練習で、リターンをロブ縛り、にしてみるのも良いでしょう。

 

2.軽いフォームで打てるサーブからのファーストボレー

これが、まずサーブ&ボレーの生命線です。

サーブに力は使わない、ファーストボレーでシンプルに勝負していく。

その為に、軽いフォームで打てるサーブからのファーストボレー、をクロスに打つ練習を徹底しましょう。

ココまで、絶対にミスしない。

相手に攻撃されるのは、仕方ない。

練習ではセカンドサーブ縛り、を入れて、とにかくクロスボレーまでもっていく、そこから勝負という感じでラリー出来ると良いでしょう。

 

3.積極的なチェンジプレー

サーブ&ボレーを見せておくと、何が効果的か。

相手が、意地になってクロスに沈めるようなリターン、に固執してくれるんですよね。

だからこそ、前衛が動ける。

クロス方向のリターンに、しっかりポーチに動く、サーブを打った人は、ストレート方向のカバーに走る。

このチェンジプレー、実際に試合で使えるようにしっかり練習しておきましょう。

練習のポイントとしては、リターン側は「やられてあげる」ということ。

クロスにリターンを打って前衛が決める、その成功体験をサーブ側に積ませてあげる意識が大事です。

 

4.たまにステイして雁行陣、も練習しておく

これも、ダブルスでは大事な要素です。

毎回並行陣、サーブ&ボレーでは脳が無い。

相手も慣れてしまいます。

たまに後ろにステイして、雁行陣でもプレー出来るように練習しておくこと。

サーブからリターン、次の浅いボールをアプローチしていくような意識、でちょうど良いでしょう。

是非、普段の練習から「自分のさじ加減で、使い分ける」ことが出来るようにしておいて欲しい。

この感覚、養うのはアナタ自身の意志ですよ。

 

5.センターに打てるファーストサーブ

サーブ&ボレーを試合で使いたいなら、これをしっかり練習しておかないと。

センターへのサーブ、をしっかり打てれば、アナタ自身のサーブ&ボレーは8割完成したいようなもの。

逆に、コースが定まらないと、どんなにボレーの技術を磨いても使えない。

ワイドに打っては厳しいリターンを喰らって、サービスゲームがキープ出来ない、前衛も参加出来ないですしね。

女子選手の方も、ベテランプレイヤーの方も、とにかくどうやったら自分はセンターにサーブを打てるのか。

このことを、まずしっかり考えて練習しましょう!

 

サーブ&ボレーの練習、どうしても単調になりがちです。

それを変えるのは、リターン側の協力者、です。

試合では敵ですが、練習ではしっかり台の役割をして、サーブ&ボレー側の練習をサポートしてあげましょう。

それこそ、敵になったつもりで嫌らしいショットを打ったり、時にはやられてあげたり。

ぜひ、チームでダブルス練習頑張っていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    試合で使える良いサーブとは、リターンのコースを限定出来るサーブです

    「良いサーブを打ちたい!」と、誰もが口にする。でも、アナタ自身…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切にしたい

    サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?…

  3. サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!

    サーブを最初に覚える時、とにかくコントロールを優先して、当てるだけのサ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習すること

    サーブを安定させるときに、意識したいポイントとして「振り出していく指」…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多くあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    80点のテニスを、相手と作り上げていくのがテニスの試合
  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識…
  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打…
  5. テニス ダブルス

    リターン

    シングルスの試合でのリターンは、ワイドからの切り返しが効きやすい
PAGE TOP