テニス メンタル

その他

久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?

最近、私自身あまりテニスが出来て無くて・・・。

これはまずい、と思って2~3週間ぶりくらいにテニスをしてみると。

「え?調子良いんだけど・・・!」となるんですよ。

みなさんも、経験無いですか?

ずっと練習し続けているときよりも、久しぶりに間を空けてテニスをすると調子が良い、こと。

これって、私はしっかり科学的な要因があるんじゃないかと思うんですよね。

いや、本当スポーツって面白いです。

 

久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?

 


 

1.久ぶりのテニスって、どんな感じ?

みなさんは、どうでしょう?

例えば学生のみなさんだったらテスト明け、受験後、なんかそうですよね。

毎日のようにやっていたテニスを、1週間やらないだけで、かなり感覚が違うと思います。

私は、すごくワクワクする。

「久しぶりのテニスだ!」と思うと同時に、でも「どこまで落ちてるかな・・・体力も・・・」と、不安にもなる。

これが自然な気持ち、だと思うんですよね。

ワクワク感と、不安感が同じくらいの量で同居している。

こういうときって、私は「調子が良い」と感じやすいんだと思います。

 

2.不安だから、慎重になって丁寧さが出る

まぁ、性格にも寄ると思いますが・・・私は、不安なので相当丁寧に入ります。

いつもよりもテイクバックを早くして、大きく振る。

足も動かして、相手も見る。

打つボールは、ゆっくりで良い。

こうやって久々にテニスをしていると、「あれ?調子良いかも?」と思うようになってくるんですよね。

こういう感覚って、試合でも一緒です。

自分に不安があるからこそ、自分を疑って入る。

だからこそ、ちょっとしたことでミスが減って、良い感覚が戻って来る。

毎日のように練習している時とは、逆の感覚だと思います。

毎日充実した練習が出来ている、ことも、私は危険なことじゃないかなと。

そう思うには、理由があります。

 

3.調子が良い、悪い、は何と比べてる?

みなさんもテニスの調子が良い、悪いという感覚、よくあると思います。

でも、そう感じるのってなぜでしょう?

それは、「昨日の自分と比べている」からじゃないですか?

今日の調子が悪いのは、実は「昨日に比べて」という要素が大きい。

そして、毎日充実した練習が出来ているときには、その「昨日の自分」のレベルがすごく高いと思うんですよ。

特に練習の最後の方、試合形式で打っているときには、まさにピークでしょう。

それと毎回、練習が始まったすぐの自分を比べてしまう。

そりゃ、調子も悪いと感じてしまいますよね。

その後ずっと引きずってしまう・・・という悪循環、になってしまうかも知れませんね。

 



 

4.だからこそ、テニスから離れる時間は必要なんです

私はこれを、すごく感じます。

久々にテニスをやると、まず自分のテニスを客観視出来るようになる。

比べるもの、も無いですからね。

自分のテニスを、毎回リセットして考えられるし、小さいことを大事にしようと思えるようになる。

テニスを続けて練習して、徹底的に向き合うことも大事。

でもその後は、少しテニスから離れる時期も大事、でしょう。

何より、感謝の気持ちも強く持てますし、醸成される。

こういう感覚が持てるようになれば、必ずアナタ自身テニスは上達していきます。

付かず離れず、でいきましょう、テニスは。

 

心配しなくても、そう簡単に技術は衰えません。

テニスについて、しっかり日々考えている人は、コートから離れても大丈夫。

久しぶりにコートに立っても、自分を成長させていけるはずです。

社会人や主婦の方でテニスを頑張る方は、やっぱり時間も限られますしね。

「自分はテニスが久々、でも調子が良いんだ」

と思えるようになるだけで、試合も強くなれると思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  2. テニス シューズ

    その他

    「呼吸法からテニスのショットを考える」と、試合の中でもリラックスして良いリズムで打てる!

    テニスやスポーツにおいて、「呼吸のリズム」を考えてみたことはありますか…

  3. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  4. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  5. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけについて

    最近何名の方からか、こういった内容の質問を頂きました。このサイ…

  6. テニス メンタル

    その他

    「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

    大会で、勝ち進んでいくということ。みなさんにとって、これは目指…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ
  2. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単
  3. テニス 疲れ

    その他

    テニスの試合中、「どうも他の選手より疲れるのが早い・・・」と感じる人は、ラケット…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  5. ストローク

    低く浅い球をスピンで持ち上げるより、そのままスライスで前へ押し出そう
PAGE TOP