テニス ドロップショット

シングルス

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

いざ、大事な試合のシングルス。

序盤が大事なことはしっかり理解してるけど、でも実際、コートに立ったら頭が真っ白。

相手も強そうだし・・・というときには、これでいきましょう。

私も、この作戦で入って相手を観察して、自分は崩れない。

結果的にゲームを取られても、自分のペースは崩れない、ことがまず大事です。

キーワードは、「センターに3往復」です。

 

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

 

1.まずは相手とラリーしようよ

無理に攻撃、に走る必要はありません。

試合の序盤、相手と挨拶して会話するようにラリーしていく。

これが大事。

私はシングルスの試合、最初の3~4ゲームくらいは徹底的にまず「3往復」はラリーする。

ように仕向けて、相手としっかり打ち合います。

その過程で、自分から変なミスは絶対にしない。

安定して入るボールを、まずセンター、相手コートの真ん中に打っていく。

これは、意識していれば誰でも出来ると思います。

相手が攻撃してきても、真ん中に、出来れば深くゆっくり返す。

これだけ、です。

 

2.やることを決めておけば、迷いは消える

不思議と、準備も速くなります。

相手のボールを、まずはしっかり3回返す、だけですからね。

シングルスですから、相手前衛を気にする必要も無い。

自分のサービスゲームでも、ゴールはこの「3往復」で良い。

3往復出来るようなサーブ、を考えて打つ。

そうなると、自然と速い確率の悪いファーストサーブって、選択肢から消えませんか?

試合の序盤は、こういう入り方で充分でしょう。

 

3.ダイナミックな動きは、試合の中盤から

もちろん、試合の1ポイント目から全開。

試合の序盤で、ネットプレーも数回は入れておく。

これも大事なポイントです。

ですが、本当に試合を動かしていくような積極策、は試合の中盤以降で良いでしょう。

ダイナミックに、大きく動いていく、自分から攻撃力のギアを上げていく。

その為に、しっかり序盤で数を打っておきたいんですよ。

テニスは、試合でボールの数を打たないと調子ってなかなか上がっていかない。

ほとんどの人が、試合の序盤に打つボールの数、圧倒的に足りないんです。

このことに気付いていない人が多いから、調子が上がらないままに負けていく人も多い。

3往復を何ポイントも繰り返していれば、自然とアナタ自身の調子も上がって来るはずですよ。

 

4.でも、相手の調子も上がって来るから・・・必要なのは?

そう、ここで差を付けるのはアナタの観察眼です。

ラリーする回数が増えれば、相手の特徴も見えて来る。

ひたすら相手コートの真ん中に返球し続ける中でも、観察するポイントはたくさんあります。

深いボールを、下がっているのか踏み込んでいるのか。

下がっているならネットプレー、で前に落とすのが効果的でしょう。

グリップは厚い?薄い?

厚ければ、ボレーが苦手な可能性は高いですよね。

性格的に、我慢強いのかせっかちなのか。

こういったデータを溜めておけば、スコアは並行でも中盤以降にアナタ自身が離すことは出来るでしょう。

 

まずはセンターで、3往復以上。

このポイントをひたすら増やしてみて下さい。

4往復目からは、攻撃しても良いしひたすら粘っても良い。

自分の中で、基本戦術を準備して試合に入ること。

シングルスの試合は、特にこの感覚が大事ですよ。

いつも思い出せる、短くて数字の入ったキーワード。

アナタは、何を準備していきますか?

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

  2. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュで入りましょう!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  5. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践したい3つのこと

    ダブルスの試合はプレーするけど、シングルスの試合はほとんどやらない、と…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ

    対戦相手が、急にペースを上げてくる。試合の終盤には、きっとそう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  3. テニス ルール

    その他

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦…
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ
  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?
PAGE TOP