テニス ドロップショット

シングルス

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

いざ、大事な試合のシングルス。

序盤が大事なことはしっかり理解してるけど、でも実際、コートに立ったら頭が真っ白。

相手も強そうだし・・・というときには、これでいきましょう。

私も、この作戦で入って相手を観察して、自分は崩れない。

結果的にゲームを取られても、自分のペースは崩れない、ことがまず大事です。

キーワードは、「センターに3往復」です。

 

シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

 

1.まずは相手とラリーしようよ

無理に攻撃、に走る必要はありません。

試合の序盤、相手と挨拶して会話するようにラリーしていく。

これが大事。

私はシングルスの試合、最初の3~4ゲームくらいは徹底的にまず「3往復」はラリーする。

ように仕向けて、相手としっかり打ち合います。

その過程で、自分から変なミスは絶対にしない。

安定して入るボールを、まずセンター、相手コートの真ん中に打っていく。

これは、意識していれば誰でも出来ると思います。

相手が攻撃してきても、真ん中に、出来れば深くゆっくり返す。

これだけ、です。

 

2.やることを決めておけば、迷いは消える

不思議と、準備も速くなります。

相手のボールを、まずはしっかり3回返す、だけですからね。

シングルスですから、相手前衛を気にする必要も無い。

自分のサービスゲームでも、ゴールはこの「3往復」で良い。

3往復出来るようなサーブ、を考えて打つ。

そうなると、自然と速い確率の悪いファーストサーブって、選択肢から消えませんか?

試合の序盤は、こういう入り方で充分でしょう。

 

3.ダイナミックな動きは、試合の中盤から

もちろん、試合の1ポイント目から全開。

試合の序盤で、ネットプレーも数回は入れておく。

これも大事なポイントです。

ですが、本当に試合を動かしていくような積極策、は試合の中盤以降で良いでしょう。

ダイナミックに、大きく動いていく、自分から攻撃力のギアを上げていく。

その為に、しっかり序盤で数を打っておきたいんですよ。

テニスは、試合でボールの数を打たないと調子ってなかなか上がっていかない。

ほとんどの人が、試合の序盤に打つボールの数、圧倒的に足りないんです。

このことに気付いていない人が多いから、調子が上がらないままに負けていく人も多い。

3往復を何ポイントも繰り返していれば、自然とアナタ自身の調子も上がって来るはずですよ。

 

4.でも、相手の調子も上がって来るから・・・必要なのは?

そう、ここで差を付けるのはアナタの観察眼です。

ラリーする回数が増えれば、相手の特徴も見えて来る。

ひたすら相手コートの真ん中に返球し続ける中でも、観察するポイントはたくさんあります。

深いボールを、下がっているのか踏み込んでいるのか。

下がっているならネットプレー、で前に落とすのが効果的でしょう。

グリップは厚い?薄い?

厚ければ、ボレーが苦手な可能性は高いですよね。

性格的に、我慢強いのかせっかちなのか。

こういったデータを溜めておけば、スコアは並行でも中盤以降にアナタ自身が離すことは出来るでしょう。

 

まずはセンターで、3往復以上。

このポイントをひたすら増やしてみて下さい。

4往復目からは、攻撃しても良いしひたすら粘っても良い。

自分の中で、基本戦術を準備して試合に入ること。

シングルスの試合は、特にこの感覚が大事ですよ。

いつも思い出せる、短くて数字の入ったキーワード。

アナタは、何を準備していきますか?

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 体力

    シングルス

    「テニスの試合、序盤でチェックしよう!」シングルスでの対戦相手の特徴が出るポイント5つ

    テニスの大会では、初見の相手と試合することが多くあります。ウォ…

  2. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」

    シングルスの試合で、結果が出ずに行き詰まっているみなさん。ど…

  3. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  4. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

    シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。…

  6. テニス スライス

    シングルス

    シングルスに強くなりたければ、まず〇〇から意識しよう!

    強い選手と、シングルスで戦う。怖いようで、でもテニスの一番の醍…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです
  2. テニス ミス

    メンタル

    テニスの試合で勝てない人は、「ラリー中に歓喜と反省」を繰り返していることが多い件…
  3. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
  5. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い
PAGE TOP