テニス サーブ

ダブルス

相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

ダブルスの試合での、守備の基本。

相手のスマッシュチャンス、になった場面ではしっかりとパートナーに声掛けをする。

ロブを打つ、という意志を前衛に伝えることが、なぜ大事なのか。

当たり前に思っている部分かも知れませんが、こういう意識って大事ですよ。

ちょっとした声掛けで、守備力は各段に変わります。

 

相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

 

1.ロブを上げるときには、「上げる!」と声掛けを

特に、ラリーになってからロブを使うとき。

後衛の選手がよほど、良い感じで打てる、攻撃的に打てるとき以外は、「上げる!」と声掛けをしましょう。

私自身、たとえそのロブが良いロブになっても、前衛に声掛けは行う。

だって、もしかしたら相手が先読みして下がってスマッシュ、ということも考えられますからね。

とにかく、相手がスマッシュを打つかもしれない、そういう雰囲気になりそうなときには、声掛けが大事です。

声掛けから前衛が下がるだけで、相手のスマッシュを拾える可能性は高まる訳ですからね。

 

2.前衛は、パートナーの後衛の「苦しさ」を感じよう

敏感な前衛は、感じてくれます。

「あ、この相手の深いショットは、ロブになるかも・・・」という感じで、悟ってくれる。

「上げた!」と後衛が言えば、「やっぱり!」と心の中で思っている。

だから反応が早いし、相手のスマッシュを拾うチャンスが拡がる。

鈍感な人って、そもそも声掛けしても気付かない、自分のことしか考えてないですからね。

ダブルスのスピードゲームで、これは致命的。

ぜひ、アナタ自身前衛でプレーするときには、後衛の選手の雰囲気、まで感じて欲しい。

そして声掛けを待つのではなく、先にカバーに動いてあげるくらいの心意気、を持って欲しいんです。

 

3.下がればスマッシュは、ほとんど拾える

実際に、ダブルスの試合でのスマッシュ、みなさんは拾えてますか?

相手のナイススマッシュ、なら仕方ないですが、そのほとんどは良い守備位置でカバー出来る、対応出来るはず。

しっかり前衛が下がって、ベースラインの一歩内側、くらいまでポジションを下げる。

これだけで、相手は嫌ですよ。

力んでミス、してくれる可能性も高くなりますしね。

何も声掛けしないで、前衛のポジションのままにスマッシュを打たれると、それは触れないし危険。

身体にスマッシュを当てられるかもしれませんしね。

きっとそんなときは、アナタ自身のポジションがおかしいんです。

 

4.声掛けとは、すなわちアナタ自身の「意志」である

私も、試合では「上げる!」と叫びます。

特に厳しいショットをロブ、でしか返せないような場面、ダブルスでもあるじゃないですか。

でも、この「上げる!」という声は、決して「逃げろ!」じゃない。

「下がって反撃するぞ!」という意志表示、なんです。

声掛けすることで、当然自分にも責任が生まれる。

自分の方に打たれる可能性だって高い訳ですからね。

絶対に諦めない、一緒にこのスマッシュから挽回するぞ!という意志表示、大事にしたいですね。

 

声掛け一つで、ダブルスは変わります。

特にこういうロブ、スマッシュを打たれるようなときに、上手く声掛けが出来ないと・・・「何だよ」という感じになりますよね。

下がれば返球出来るスマッシュ、たくさんあります。

このあたりも、後衛がゲームメイカーとしてしっかり作っていく。

しぶといポイントを増やしていく作業、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である

    皆さんはダブルスの前衛のときに、どんなプレーを心がけていますか?…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

    ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。確かにそうですが、そ…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうにも安定しない・・・」大事な試合で入らなくなったときの緊…
  3. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
  4. 練習メニュー

    「THE地味練であるボール出し練習」がテニスの試合の為に必要な理由
  5. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?
PAGE TOP