テニス メンタル

戦術

「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

相手のボールを予測する。

これって、上級者だけがなせる技、でしょうか?

私は、違うと思いますよ。

しっかり考える、観察することが出来れば、初心者の人だって出来るようになる。

まずは、感覚として持つようなこと、が大事。

アナタ自身、予測に対してもっと前のめりになってみませんか?

 

「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

 

1.人に興味関心、持ててますか?

これも、一つの実力です。

対戦相手に、もっと興味関心を持つ。

正直、「普通のおじさんだな・・・」と思うような人、がほとんどだと思いますよ。

でも、そこはやっぱりテニスの試合。

まず考えるのは、「この人、なんでテニスをして、試合に出て来てるんだろう?」と考えてみる。

だって、なかなか大変なことですよ、試合に出るって。

だからこそ、私は知りたいと考える。

相手のことを考える、想像するだけで、自然とその人が打っているボールの球筋が読めるようになってくる。

みなさんも、そういう経験少なからずあるはずです。

 

2.予測=当てないといけない、という誤解

これが、大きな問題。

私自身、テニスを始めたころはそうでした。

予測するからには、当てないといけない。

当てないと、試合に負けてしまう・・・と、考えてしまう。

これは、大きな間違い。

そんな予測なら、しんどいし誰もやらないですよ。

予測、外れたって良いじゃないですか。

違っていた、と自分で感じることが出来れば、新しい情報が入って来る。

予測が苦手な人って、外れるのが怖いからそもそも回数をこなさないんですよね。

予測をしないっていうだけで、試合の勝利から遠ざかる。

このことだけは、覚えておいて欲しいんです。

 

3.「何となく、こっちに来そう」と考えて待つ

これだけで、良いんですよ。

何となく、こっちかな?という感じで待つ。

そして、外れても対応は出来る。

実際には、頭の中での準備だけですから。

予測なんて、こんな気軽なもの。

ガッツリな予測、をするときに、先に身体を動かすことも必要ですよ。

でも、毎回のラリー、練習から、上手い人は絶対に考えています。

「何となく、こっちに来そうだな」と。

 

4.予測するから、人は攻撃出来る

予測が当たれば、自然に攻撃出来る。

準備も早く、スイッチが入る。

予測の醍醐味って、ここですよ。

しっかり攻撃のスイッチを入れて、相手を追い込んでいく。

漠然と待っていても、それでは守備も攻撃も出来ない。

簡単です。

相手に興味を持って、何となくで考えて予測してみる。

外れても良い、回数をこなしていく。

この小さい積み重ねが出来る人は、きっと試合も楽しくなって勝てるようになっていく。

勝てない人は、いつまでも漠然と待つ。

その違い、ずっと勝敗という形になって現れていくでしょう。

 

大げさに考える必要、なんて全くない。

予測には経験が必要?

確かにそうですが、誰しも最初は予測初心者、ですから。

回数を重ねて、精度を上げていく。

どんなに上げても、100%の予測何て出来ない。

だからこそ、テニスは楽しいんじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  2. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、技術はあってもそれを「使える」人は意外と少ない

    先日のニュースで、「日本には頭の良い選手があまりいない」という発言が話…

  4. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提

    テニスの試合、大きく分けて二つあると思います。一つは、デュース…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない

    ハイボレーを打って、ベースラインを数cm越えて、アウト。これは…

  6. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、セカンドサーブの実…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝て…
  4. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる
PAGE TOP