テニス メンタル

戦術

「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

相手のボールを予測する。

これって、上級者だけがなせる技、でしょうか?

私は、違うと思いますよ。

しっかり考える、観察することが出来れば、初心者の人だって出来るようになる。

まずは、感覚として持つようなこと、が大事。

アナタ自身、予測に対してもっと前のめりになってみませんか?

 

「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

 

1.人に興味関心、持ててますか?

これも、一つの実力です。

対戦相手に、もっと興味関心を持つ。

正直、「普通のおじさんだな・・・」と思うような人、がほとんどだと思いますよ。

でも、そこはやっぱりテニスの試合。

まず考えるのは、「この人、なんでテニスをして、試合に出て来てるんだろう?」と考えてみる。

だって、なかなか大変なことですよ、試合に出るって。

だからこそ、私は知りたいと考える。

相手のことを考える、想像するだけで、自然とその人が打っているボールの球筋が読めるようになってくる。

みなさんも、そういう経験少なからずあるはずです。

 

2.予測=当てないといけない、という誤解

これが、大きな問題。

私自身、テニスを始めたころはそうでした。

予測するからには、当てないといけない。

当てないと、試合に負けてしまう・・・と、考えてしまう。

これは、大きな間違い。

そんな予測なら、しんどいし誰もやらないですよ。

予測、外れたって良いじゃないですか。

違っていた、と自分で感じることが出来れば、新しい情報が入って来る。

予測が苦手な人って、外れるのが怖いからそもそも回数をこなさないんですよね。

予測をしないっていうだけで、試合の勝利から遠ざかる。

このことだけは、覚えておいて欲しいんです。

 

3.「何となく、こっちに来そう」と考えて待つ

これだけで、良いんですよ。

何となく、こっちかな?という感じで待つ。

そして、外れても対応は出来る。

実際には、頭の中での準備だけですから。

予測なんて、こんな気軽なもの。

ガッツリな予測、をするときに、先に身体を動かすことも必要ですよ。

でも、毎回のラリー、練習から、上手い人は絶対に考えています。

「何となく、こっちに来そうだな」と。

 

4.予測するから、人は攻撃出来る

予測が当たれば、自然に攻撃出来る。

準備も早く、スイッチが入る。

予測の醍醐味って、ここですよ。

しっかり攻撃のスイッチを入れて、相手を追い込んでいく。

漠然と待っていても、それでは守備も攻撃も出来ない。

簡単です。

相手に興味を持って、何となくで考えて予測してみる。

外れても良い、回数をこなしていく。

この小さい積み重ねが出来る人は、きっと試合も楽しくなって勝てるようになっていく。

勝てない人は、いつまでも漠然と待つ。

その違い、ずっと勝敗という形になって現れていくでしょう。

 

大げさに考える必要、なんて全くない。

予測には経験が必要?

確かにそうですが、誰しも最初は予測初心者、ですから。

回数を重ねて、精度を上げていく。

どんなに上げても、100%の予測何て出来ない。

だからこそ、テニスは楽しいんじゃないですか。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  2. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  4. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない

    試合のときに、調子が良い悪いの差が激しい人。こういう人は、結果…

  5. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い方は・・・?

    もうすぐ各地区では、高校生なら秋の地方大会が始まる。春の全国選…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で相手の嫌なことをやり続ける、勇気はあるか?

    「どうすれば、試合に勝てますか?」と聞かれたら、私はまずこの要素が大事…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一
  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に、まずはタイプ別に分析…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?
  5. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
PAGE TOP