テニス スマッシュ

練習メニュー

テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

テニスの試合で必要な、タッチプレー。

「本当に必要?」と思っている方は、きっとネット近くであまりプレーしない方でしょう。

ベースライン近くから、バンバン打って勝てるなら良いですけどね。

きっと、それだけでは勝てないし、試合も面白くない。

だったら、ネット近くでタッチプレーを磨く、それもみんなで盛り上がりながら、楽しく!

ぜひ、部活やサークル、仲間で取り組んで欲しいシンプルな練習です。

 

テニスのタッチプレーを、ゲーム感覚で練習する方法

 

1.やり方は、すごく簡単!

ネット近くに、小さいテニスコートを作ります。

横幅はシングルスコート。

立幅は、1メートルくらいに短くする。

マークとしてミニカラーコーンや、テニスボールで小さい山を作って置くと良いでしょう。

踏まないように、注意して下さいね。

その「小さいテニスコートの中で、勝負する」形でやってみる。

ボレーは禁止、必ずワンバウンドで返球。

人数が多ければ、負けたら交代、でどんどん回っていきましょう!

イメージ動画は、こんな感じです。

 

 

2.アングルショット、ドロップショットが磨かれる!

この練習、見るからにきつそうですよね。

すごく走る距離が長い、のに繊細なタッチが求められる。

アングルショット、ドロップショットを駆使して、相手を左右に動かしていくイメージですね。

ちょっとでも力んだり、速いボールを打とうとするとアウトしてしまう。

だからこそ、アングルショットやドロップショットが上手くなるんです。

試合で求められる力加減、走っていって自分の打点を作ること、が出来るようになりますからね。

 

3.全力で走って繊細なタッチ、がテニスは難しい!

実際の試合に近いのは、本当に疲れる!ということろ。

それから、全力で走っているのにタッチはゆったり繊細に、優しさが求められる部分ですよね。

身体の勢いをぶつけてしまうと、ボールはアウトします。

自分でしっかり、どこでボールを触るのか、その為にどのあたりから減速して近付かないといけないのか、を考えるようになる。

これが大事な進歩、ですね!

球出し練習だけだと、実際にこういうラリーの感覚が養えない。

ネット際の攻防って、まさに駆け引き、じゃないですか。

 

4.お互いに予測し合い、けん制し合うから楽しい

こういうゲーム、が上手い人は試合でも強い。

相手の打つコースを予測し、自分は出し抜いていく。

ミニゲームですが、すごく熱くなりますよ。

ぜひ、お互いにけん制し合う心理戦、を楽しんで欲しい。

実際の試合では、これをほぼ初対面の相手とやる訳ですからね。

練習から心理戦、駆け引きに慣れておくには最高の練習ですよ。

 

5.どうやればポイントを取れるのか、自分で考えよう

みなさん、あの動画を見て「自分なら、どう戦う」と思いますか?

スライスも必要ですし、オープンスタンスも使いますよね。

ハードコートなら、滑るようなフットワークは使えない。

だからこそ、自分で考えないと。

考えて実践してみて、効果があるのかどうか調べてみる。

こういう工夫って、普通の試合よりもこういうミニゲームの方がやりやすい。

ネット際の攻防に、強くなったと想像してみて下さいよ。

自分からドロップショットを打って、相手も自分も前に出る。

そんな勝負が、どんどん仕掛けていけると思いませんか?

 

ネット際でのタッチプレーの駆け引き。

これ、最高に楽しいんですよ、慣れてくれば。

シングルスの試合、をイメージしながらぜひ、みなさんの仲間でやってみて下さい。

きっと、試合に強いチームが出来上がっていくと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

  2. テニス スポーツ
  3. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

    テニスの練習、って基本地味、です。反復練習、の繰り返しでしっか…

  4. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

  5. テニス ハードコート
  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタがテニスの世界を拡げたいのなら、「自分のテニスを否定してくれる人」を大切に…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
  4. テニス ロブ

    リターン

    サーブを入れることで精一杯な相手には、「タイミングを早くしたライジングでのリター…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ボレーがどうしても苦手!なテニスプレイヤーに、試合で使えるヒント10選
PAGE TOP