テニス 守備

リターン

横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

最近、個人的につかんだ感覚。

みなさんの参考になるかも知れないので、書いてみたいと思います!

「そんなの、基本でしょ?」と思う方も多いと思いますが、意外と多いと思いますが。

どんな競技でも、「変化球」を打つイメージは大事。

意識したいのは、自分で作る「壁」です。

 

横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

 

1.曲がりに先回り、して壁を作る

イメージは、すごく簡単です。

例えば、右利きの人のスライスサーブが、すごく向かって右方向に曲がっていく。

であれば、しっかり自分の右側に壁を作るイメージ、で考えておく。

先回りして、ラケットをセットしておく感じですね。

これは、相手が打ってすぐに動き始めることが大事。

大げさに、で良いと思いますよ。

普通に待っていると、ボールの曲がりに合わせてラケットを出していくことになるので、良いリターンは返らない。

先回りするには、思い切ったアクションが大事です。

 

2.しっかりボールに、近付いていく

先回りしよう、と思ったら、まずボールに近付くこと。

リターンですから、しっかり前に踏み込んでいくこと、が基本です。

それも、曲がる方向に先回りして、踏み込んでいく。

この意識があれば、壁も上手く作れるでしょう。

ボールが曲がる先に、壁を作って待ち構える。

サーブのボールを恐れていては、スライスの曲がりについていけないですよ。

もう曲がると分かっているのですから、先に動いて右にはいかせない。

この強い意志が大事です。

 

3.ポジションをハッキリ、右寄りにしたって良い

リターンのとき、相手のサーブの特徴が読めたら、大胆に待つ。

極論、スライスサーブは片方にしか曲がりませんから、その曲がる側で待ちかまえましょう。

待ち構えて、仕留める。

先回りするには、しっかり「先にポジションを、寄せておく」ことが大事。

当たり前かと思いますが、結構毎回同じ、サーブによって立ち位置を変えない人も多いですからね。

それでは、曲がるサーブに対応が難しくなるのが当たり前。

ぜひ、鋭く曲がるスライスサーブは、コートの外側くらいで待ちかまえる、くらいの意識で待ってみましょう。

 

4.アナタの打ちやすい場所に、ボールが来てくれる!

こうなると、もう楽です。

曲がるサーブが、アナタの打ちやすい場所に飛んで来てくれる。

この感覚、ありますか?

きっと、試合で先回り出来れば感じることが出来るはずです。

漠然と待たない、自分の中で、曲がるスライスサーブ用の待ち方を覚えていく。

そして理想は、「自分のポイントに、勝手にサーブが曲がって来てくれる」ような感じ。

右に曲がるサーブは、用意していた右側の壁でしっかり仕留める。

やることは、至ってシンプルですね。

 

テニスは、お互いにボールを変化させ合うスポーツ。

曲がったボール、にいかに対応するのか、はアナタの至上命題です。

スライスサーブ、コートのサーフェスによっても変化は違うでしょう。

大前提として、この変化球打ちに強くなること。

ちょっとした感覚とコツ、で出来るようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で、「リターンが得意」になると得られる4つのメリット

    テニスの試合の中で、リターンがカギを握ることは多い。なかなか目…

  2. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  3. テニス リターン

    リターン

    「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

    マッチポイント、絶対に取りたい・・・。と、意気込んで挑む中でも…

  4. テニス メンタル
  5. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  6. テニス 調子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう…
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
  3. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを安定させたいなら、「打ち終わりで、ラケットを持たない腕を胸の前に」を…
  5. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
PAGE TOP