テニス 守備

リターン

横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

最近、個人的につかんだ感覚。

みなさんの参考になるかも知れないので、書いてみたいと思います!

「そんなの、基本でしょ?」と思う方も多いと思いますが、意外と多いと思いますが。

どんな競技でも、「変化球」を打つイメージは大事。

意識したいのは、自分で作る「壁」です。

 

横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

 

1.曲がりに先回り、して壁を作る

イメージは、すごく簡単です。

例えば、右利きの人のスライスサーブが、すごく向かって右方向に曲がっていく。

であれば、しっかり自分の右側に壁を作るイメージ、で考えておく。

先回りして、ラケットをセットしておく感じですね。

これは、相手が打ってすぐに動き始めることが大事。

大げさに、で良いと思いますよ。

普通に待っていると、ボールの曲がりに合わせてラケットを出していくことになるので、良いリターンは返らない。

先回りするには、思い切ったアクションが大事です。

 

2.しっかりボールに、近付いていく

先回りしよう、と思ったら、まずボールに近付くこと。

リターンですから、しっかり前に踏み込んでいくこと、が基本です。

それも、曲がる方向に先回りして、踏み込んでいく。

この意識があれば、壁も上手く作れるでしょう。

ボールが曲がる先に、壁を作って待ち構える。

サーブのボールを恐れていては、スライスの曲がりについていけないですよ。

もう曲がると分かっているのですから、先に動いて右にはいかせない。

この強い意志が大事です。

 

3.ポジションをハッキリ、右寄りにしたって良い

リターンのとき、相手のサーブの特徴が読めたら、大胆に待つ。

極論、スライスサーブは片方にしか曲がりませんから、その曲がる側で待ちかまえましょう。

待ち構えて、仕留める。

先回りするには、しっかり「先にポジションを、寄せておく」ことが大事。

当たり前かと思いますが、結構毎回同じ、サーブによって立ち位置を変えない人も多いですからね。

それでは、曲がるサーブに対応が難しくなるのが当たり前。

ぜひ、鋭く曲がるスライスサーブは、コートの外側くらいで待ちかまえる、くらいの意識で待ってみましょう。

 

4.アナタの打ちやすい場所に、ボールが来てくれる!

こうなると、もう楽です。

曲がるサーブが、アナタの打ちやすい場所に飛んで来てくれる。

この感覚、ありますか?

きっと、試合で先回り出来れば感じることが出来るはずです。

漠然と待たない、自分の中で、曲がるスライスサーブ用の待ち方を覚えていく。

そして理想は、「自分のポイントに、勝手にサーブが曲がって来てくれる」ような感じ。

右に曲がるサーブは、用意していた右側の壁でしっかり仕留める。

やることは、至ってシンプルですね。

 

テニスは、お互いにボールを変化させ合うスポーツ。

曲がったボール、にいかに対応するのか、はアナタの至上命題です。

スライスサーブ、コートのサーフェスによっても変化は違うでしょう。

大前提として、この変化球打ちに強くなること。

ちょっとした感覚とコツ、で出来るようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    このペアは強い、と思ったら迷わずストレートにリターンを

    ダブルスの試合、私は決めていることがあります。以前にも書きまし…

  2. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  3. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  4. リターン

    みんなどこかで、リターンは「サーバーに返す」と思ってない?

    テニスの試合で、あるあるな話。私たちは練習で相手とラリーする、…

  5. テニス ストローク
  6. テニス フットワーク

    リターン

    「レシーブ上手になりたい」テニスの試合を勝ち抜いていく人の返球心理学を考える

    サーブレシーブから、テニスの試合はスタートする。最初のこの部分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負
  2. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます…
PAGE TOP