テニス ボレー

戦術

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。

でも目の前にして、アナタ自身はどうでしょう?

しっかり崩れず、仕留めることに自信はありますか?

しっかり日頃から、自分が相手を崩して勝つんだという意識が大事。

その為に、意識したいことを改めてまとめておきますね。

この辺りに関しては、テニスの技術レベル、は関係無いでしょう。

 

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

 

1.対戦相手に同情しない

試合には、勝つか負けるか。

対戦相手に同情している時間、余裕はないですよ。

ダブルフォルトを繰り返してゲームを落とす、その光景を見ながらも冷静に、自然な状態で自分もサービスゲームに入っていけるように。

どこかで、かわいそうだなと思う気持ちが湧いて来るかも知れません。

そんなときには、「この選手はこのあと自分に負けるし、もっとかわいそうな想いをすることになるな」と考える。

あくまで、冷静に、冷徹に。

それがテニスの試合ですから。

 

2.崩れたときにこそ、相手の本筋をケアする

人は追い込まれると、その人の本性が出る。

ストロークが得意な人はストロークに固執するし、ネットプレイヤーはどんどん前に出てくるでしょう。

「もう、吹っ切れるしかない!」と思って、相手は来るはず。

そこで、アナタはその相手の考えをしっかり見通しておかないとダメ。

「苦しくなったら、きっとこう来るな」というのは、試合の序盤にチェックしておくこと。

崩れて来たら、相手のプレーは淡泊になるはず。

慌てず待ち構えておけば、仕留めることが出来るでしょう。

 

3.アナタ自身が隙を見せない

隙、とは何でしょう?

本当にちょっとしたことです。

セカンドサーブが増える、リターンミスが出る、前衛が消極的になる・・・。

テニスの試合って、相手が崩れてもリードしている方が弱気になると、逆転を許してしまう。

隙を見せていないつもりでも、試合で逆転されることが多い人は、もっと理想を高く、自分に厳しく。

相手に希望を与えない為に、相手が崩れて来たときこそ、自分に厳しくプレーの精度を上げていきましょう。

 

4.「もうダメだ」と思わせるひと押し、のプレーが出来る

相手の希望を打ち砕く、ギアを上げたようなショット。

アナタ自身、しっかり持ててますか?

私なら、ワイドへのサーブ。

これは普通は使わないで隠しておいて、デュースサイドから、「ここぞ」というときに使う。

それも、相手が自信を無くしている、試合を諦めそうな時に出すことで、「もうダメだな」と思ってもらう。

こういうひと押し、ぜひみなさんも自分のプレーの中からひねり出して欲しい。

「今の自分には、無いな・・・」という方こそ、作りましょう。

その小さなアクションが、アナタをテニス選手として「仕留められる選手」に変えていけるのですから。

 

細かい部分で、抽象的な部分。

でも、相手を仕留めるって、漠然と考えているだけだと難しいですからね。

テニスの試合は、逆転が多い。

そういうルール設定、と覚悟しましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

    皆の普段の練習メニューはどんな感じだろう。ボール出し練習も入れ…

  2. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本

    これからの時期の試合、考えるだけでも辛いですよね。でも、だから…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピードは上げられる

    テニスに限らず、私が考えるミスは大きく分けて2種類あります。一…

  4. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

  6. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事
  2. テニス メンタル

    メンタル

    0-6で負けた試合を、「相手が悪かった」で終わらせるから、アナタのテニスは何も進…
  3. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない
  4. ダブルス

    前衛のポジションが1メートル違うと、ここまで相手は苦しくなる
  5. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
PAGE TOP