テニス ボレー

戦術

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。

でも目の前にして、アナタ自身はどうでしょう?

しっかり崩れず、仕留めることに自信はありますか?

しっかり日頃から、自分が相手を崩して勝つんだという意識が大事。

その為に、意識したいことを改めてまとめておきますね。

この辺りに関しては、テニスの技術レベル、は関係無いでしょう。

 

テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

 

1.対戦相手に同情しない

試合には、勝つか負けるか。

対戦相手に同情している時間、余裕はないですよ。

ダブルフォルトを繰り返してゲームを落とす、その光景を見ながらも冷静に、自然な状態で自分もサービスゲームに入っていけるように。

どこかで、かわいそうだなと思う気持ちが湧いて来るかも知れません。

そんなときには、「この選手はこのあと自分に負けるし、もっとかわいそうな想いをすることになるな」と考える。

あくまで、冷静に、冷徹に。

それがテニスの試合ですから。

 

2.崩れたときにこそ、相手の本筋をケアする

人は追い込まれると、その人の本性が出る。

ストロークが得意な人はストロークに固執するし、ネットプレイヤーはどんどん前に出てくるでしょう。

「もう、吹っ切れるしかない!」と思って、相手は来るはず。

そこで、アナタはその相手の考えをしっかり見通しておかないとダメ。

「苦しくなったら、きっとこう来るな」というのは、試合の序盤にチェックしておくこと。

崩れて来たら、相手のプレーは淡泊になるはず。

慌てず待ち構えておけば、仕留めることが出来るでしょう。

 

3.アナタ自身が隙を見せない

隙、とは何でしょう?

本当にちょっとしたことです。

セカンドサーブが増える、リターンミスが出る、前衛が消極的になる・・・。

テニスの試合って、相手が崩れてもリードしている方が弱気になると、逆転を許してしまう。

隙を見せていないつもりでも、試合で逆転されることが多い人は、もっと理想を高く、自分に厳しく。

相手に希望を与えない為に、相手が崩れて来たときこそ、自分に厳しくプレーの精度を上げていきましょう。

 

4.「もうダメだ」と思わせるひと押し、のプレーが出来る

相手の希望を打ち砕く、ギアを上げたようなショット。

アナタ自身、しっかり持ててますか?

私なら、ワイドへのサーブ。

これは普通は使わないで隠しておいて、デュースサイドから、「ここぞ」というときに使う。

それも、相手が自信を無くしている、試合を諦めそうな時に出すことで、「もうダメだな」と思ってもらう。

こういうひと押し、ぜひみなさんも自分のプレーの中からひねり出して欲しい。

「今の自分には、無いな・・・」という方こそ、作りましょう。

その小さなアクションが、アナタをテニス選手として「仕留められる選手」に変えていけるのですから。

 

細かい部分で、抽象的な部分。

でも、相手を仕留めるって、漠然と考えているだけだと難しいですからね。

テニスの試合は、逆転が多い。

そういうルール設定、と覚悟しましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる

    試合前は、誰でもこんなイメージじゃないでしょうか?「最初リード…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「基本はやっぱりオールラウンド」テニスのプレースタイルのベースを磨いて、その後に個性を出していく

    色んなプレースタイルがあるけど、君はどんなテニスで戦っている?…

  3. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  4. テニス ボレー

    戦術

    1セットマッチの試合では、「プレーしながら常に2ゲーム先」も考える癖を付けよう

    試合の中で、まずは目の前のプレーに集中する。それは大前提です。…

  5. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

    テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。ラケットでボー…

  6. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
  2. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね
  3. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  4. テニス 打点

    その他

    遠くへの球出しのコツは、ラケットをしっかり後ろにセットすること
  5. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢
PAGE TOP