テニス サーブ

日々の雑記

「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。

冬季オリンピックも、約1/3が採点競技・・・って、みなさん知ってました?

採点+飛距離、のような競技もあれば、採点だけのフィギュアスケートのような競技もある。

「美しさ」で勝敗を決する、ちょっと観戦している私たちには分かり辛い部分もありますが、それもテニスのような対人競技以外の魅力、とも言えると思います。

 

私も何度か、テニスは「美しさを競う、採点競技では無い」と書いてきました。

その想いは、基本変わりません。

でも、それって「勝敗に直接、関わらない」というだけの話。

実は、「採点」っていう要素、私はあると思いますよ。

 

その採点とは、みなさんの周りの仲間、関係者です。

きっと自分で思っている、感じている以上に、自分自身のテニスを見ている人はたくさんいます。

それこそ、細かい部分、試合中の細かい仕草まで・・・。

その部分を、「応援したいな」「さすがだな」と思ってもらえるかどうか。

逆に、「何だこの人」「強いけど、一緒にテニスをしたいとは思わない」と感じられたら、どうでしょうか。

その採点、の結果が、そのままアナタのテニスライフを形作っていく。

強い選手、テニスの試合で結果を出せる選手は、自分で成長出来る環境を掴んでいく。

その為に、「周りの人に採点されている」という感覚は、持っておいて損は無いと私は思います。

 

勝敗は、「細部に宿る」と私は考えています。

細かい部分を、いかに大切に出来るのか。

試合の中で、周りの目を気にして臆病になる必要はありません。

当たり前のことを、試合の中でも当たり前のように行う、そして細かい思いやりを持ってテニスと真摯に向き合う。

学生のみなさんにだけ向けたメッセージ、ではありません。

社会人、ベテラン、シニアや主婦のみなさん、にこそ、私は必要だと思っています。

 

細部に宿る、実はテニスの神様が見ている大事な部分。

採点競技、くらいのつもりで良いでしょう。

厳しい目、を自分の中で受け入れる。

その寛容さがあれば、まだまだテニスは上達していける。

私はそう思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    最近のスポーツニュースを観て思うこと

    ふと、最近感じることがあります。なんだか、スポーツニュースって…

  2. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  3. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少年老いやすく学なりがたし

    3月になり、色々と環境が変わる準備をしている方も多いと思います。…

  4. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います

    みなさん、新年明けましておめでとう御座います。昨年も、お忙し…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

    何となくですが、最近感じること。それは、「シングルスの試合に出…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

    小平選手、金メダルおめでとう御座います!1発勝負、この30秒ち…

特集記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  2. 戦術

    打てる側のアドバンテージを、活かせてる?
  3. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かない…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
PAGE TOP