テニス ストローク

ストローク

スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

スライスの打ち方、の肩の使い方。

これは、私は究極2つしかないと思っています。

この使い方さえ覚えれば、きっとストロークでもボレーでも、スライスを上手く使うことが出来るはず。

腕の力は抜いて、肩の動きだけ意識してみる。

きっと、シンプルな動きでスライスが武器になっていくと思いますよ。

 

スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

 

1.スライスはラケットを、動かして良い!

スライスと聞くと、つい「当てるだけ」みたいな感じになってしまいがち。

それだとなかなか、安定しないし「重たいスライス」は打てない。

でも、ブンブン振るのも怖いし・・・という方ほど、肩を動かしていく。

それも、「開くか、閉じるか」という意識で。

腕から先を大きく動かす、ことを意識すれば、スライスは安定します。

そして試合で使える、大きな武器になるはずです。

 

2.フォアハンドは「肩を開く」で良い

右利きの人であれば、ラケットを左腕に近付けていくような感じで。

構えたとき、テイクバックしたときには、肩甲骨が近い感じになっている。

そして、その肩甲骨を離していく、ことで結果的に両手が近付いていく。

両腕を前に出すと、肩甲骨が離れていく、背中が開いていく感じ、じゃないですか。

この動きでスライスを打つ、と考えると、結構楽になりませんか?

フォアハンドのスライス、出来るだけ手元に力を入れない、肩を閉じて開く、だけ意識すれば良い。

バックハンドはその逆、ですね。

 

3.片手バックハンドの人は、フォアハンドの逆で良い

片手バックハンドの肩は、もうお気付きですね。

前にある腕、を離していくから・・・肩甲骨を近づける感じになる。

女性で両手バックハンドの肩は、そこまで意識ないでそのままでOK。

今回は、男性の片手バックハンドスライス、のイメージでお話しています。

片手バックハンドスライス、の打ち方、肩甲骨を意識すると結構上手くいきますよ。

しっかり腕を動かす、そんなスライスの打ち方を覚えると、試合でも大助かりですよ。

安定して、しかも相手を追い込める。

スライスの腕の動かし方は、つまり、肩と肩甲骨の使い方です。

 

4.試合で「小さいスライス」ばっかりになってない?

つい、試合では小さいスライス、になってしまいがち。

だって、伸びてアウトが怖いですからね・・・でも、ここはレベルアップのチャンス。

今回の肩、を意識したスライスで、しっかりストロークでもボレーでも、深く打っていく。

バウンド後に滑るようなスライス、身に付けていきましょう!

オムニコートでは特に有効ですし、ミックスダブルスでも大活躍でしょう。

 

自分の肩、背中、を意識する。

これって、すごく大事なことなんです。

テニス選手として、ケガも減らせるし、安定感もアップする。

出来るだけ、手元以外の遠い場所で力を入れていく。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 気付き
  2. テニス ストローク

    ストローク

    下がってパッシングショット、抜ける訳が無い

    今年も全豪オープンの試合、シングルスの試合を観ていると、パッシングショ…

  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスでは打つ前から力を入れると、ラケット自体が動かなくなる

    テニスの試合で、いかに「伸び」のあるショットを打てるかどうか。…

  4. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

    「理想的な打ち方って、何ですか?」というご質問を頂くたびに、私…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いストロークとショートクロスの中間、「セミショートクロス」を試合で使っていこう

    もうすぐ全仏オープン。クレーコートでの熱い戦いでぜひ注目して欲…

  6. テニス コントロール

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!
  2. テニス 戦術

    シングルス

    コントロールに優れた競合選手相手に勝つには、「相手に攻撃させないテニス」を意識し…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「どうしてもポーチに積極的に出れない人」は、基本的に全てのボー…
PAGE TOP