テニス ストローク

ストローク

スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

スライスの打ち方、の肩の使い方。

これは、私は究極2つしかないと思っています。

この使い方さえ覚えれば、きっとストロークでもボレーでも、スライスを上手く使うことが出来るはず。

腕の力は抜いて、肩の動きだけ意識してみる。

きっと、シンプルな動きでスライスが武器になっていくと思いますよ。

 

スライスの打ち方は、「肩を閉じるか、開く」しかない

 

1.スライスはラケットを、動かして良い!

スライスと聞くと、つい「当てるだけ」みたいな感じになってしまいがち。

それだとなかなか、安定しないし「重たいスライス」は打てない。

でも、ブンブン振るのも怖いし・・・という方ほど、肩を動かしていく。

それも、「開くか、閉じるか」という意識で。

腕から先を大きく動かす、ことを意識すれば、スライスは安定します。

そして試合で使える、大きな武器になるはずです。

 

2.フォアハンドは「肩を開く」で良い

右利きの人であれば、ラケットを左腕に近付けていくような感じで。

構えたとき、テイクバックしたときには、肩甲骨が近い感じになっている。

そして、その肩甲骨を離していく、ことで結果的に両手が近付いていく。

両腕を前に出すと、肩甲骨が離れていく、背中が開いていく感じ、じゃないですか。

この動きでスライスを打つ、と考えると、結構楽になりませんか?

フォアハンドのスライス、出来るだけ手元に力を入れない、肩を閉じて開く、だけ意識すれば良い。

バックハンドはその逆、ですね。

 

3.片手バックハンドの人は、フォアハンドの逆で良い

片手バックハンドの肩は、もうお気付きですね。

前にある腕、を離していくから・・・肩甲骨を近づける感じになる。

女性で両手バックハンドの肩は、そこまで意識ないでそのままでOK。

今回は、男性の片手バックハンドスライス、のイメージでお話しています。

片手バックハンドスライス、の打ち方、肩甲骨を意識すると結構上手くいきますよ。

しっかり腕を動かす、そんなスライスの打ち方を覚えると、試合でも大助かりですよ。

安定して、しかも相手を追い込める。

スライスの腕の動かし方は、つまり、肩と肩甲骨の使い方です。

 

4.試合で「小さいスライス」ばっかりになってない?

つい、試合では小さいスライス、になってしまいがち。

だって、伸びてアウトが怖いですからね・・・でも、ここはレベルアップのチャンス。

今回の肩、を意識したスライスで、しっかりストロークでもボレーでも、深く打っていく。

バウンド後に滑るようなスライス、身に付けていきましょう!

オムニコートでは特に有効ですし、ミックスダブルスでも大活躍でしょう。

 

自分の肩、背中、を意識する。

これって、すごく大事なことなんです。

テニス選手として、ケガも減らせるし、安定感もアップする。

出来るだけ、手元以外の遠い場所で力を入れていく。

ぜひ、意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

    「理想的な打ち方って、何ですか?」というご質問を頂くたびに、私…

  2. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」について

    テニスに必要な動き、意識はたくさんあります。その中でも私がもっ…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ベースラインからの浅いボールの処理」が苦手な人は、いつまで経っても3回戦止まり

    学生や若い方とテニスをすると、本当に鋭くて良いボールを打つ方が多い。…

  5. ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について

    ドロップショットをよく使う。シングルスの時もそうだけど、ダブルスで…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います
  2. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
  3. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?
  4. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です
  5. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
PAGE TOP