テニス ボレー

ボレー

バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。

聞くだけで、難しく感じる方・・・多いかも知れません。

私からすると、実はこのボレーが一番簡単、なんです。

だって、構えたままで打つことが出来るショット、ですから。

意識したいポイント、まとめてみました。

きっと片手打ちの方も両手打ちの方も、バックボレーが大好き、になりますよ。

 

バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

 

1.基本の構え、を確認してみよう!

まずは、基本の構えから。

ネットプレー、前に出ているときには、出来るだけラケット位置を上げましょう。

自分の胸の前、にグリップが来る。

そして両肘はリラックスした状態で曲げて、ラケット面は「バックボレーを打つ面」を相手側に向けておく。

しっかりとスロートを利き腕と逆の手で支えて、全体的にリラックスして待っておく。

この形が出来ていれば、これってもうバックハンドボレーの形、なんですよね。

そのまま正面にボールが飛んで来たら、そのままの形で当てればOK!

利き腕の手の甲、が相手側にしっかり向いていれば大丈夫。

みなさん、イメージ出来ますか?

 

2.逆クロス方向にバックボレー、すごく楽です

そのまま、バックボレーで逆クロス方向に打ってみましょう。

打つ、というより流す、という感覚ですね。

ボールに対して、しっかりグリップから前に出していく。

利き腕の小指、がまずボールに向かっていくようにラケットを出してみて下さい。

ラケット面は、自然に上向きを作って、ボレー自体が山なりな軌道で良いと思います。

逆クロス方向には、これでしっかりボールを運べます。

ボールの下、少しだけ自分の身体の側を触ってあげると、良いスライス回転がかかるし上手く打てるはず。

逆クロス方向には、あまりラケットを動かし過ぎなくて良いんです。

ゴチャっとしてしまうと、より難しくなりますよ。

 

3.上半身だけでも、肩を入れて横向きを作れば完璧

右利きの方のバックボレー、であれば右肩を少しだけ前に出す。

そうすると、抑えが効いて弾かれない、良いスライスボレーが打てるようになるはず。

両手の方は、しっかり利き腕で無い方の手、でラケットを主導していく。

と言っても、あまり動かさなくて良いんですけどね。

余裕があれば、前に踏み込んでいくようにしてボールに力を伝えていきましょう。

上半身を軽くひねって、前に踏み込んでいく。

打点は、「前過ぎない」のがポイントです。

 

4.振り遅れ気味で逆クロス、はテニスの基本です

何でもかんでも、「打点は前!」だとしんどくなる。

そう思いませんか?

ストロークでもボレーでも、逆クロス方向にボールを打とうと思ったら、自然と打点は後ろになります。

クロス方向に打つ打点より、ボレーなら30cmくらいは違う。

ただし、遅れるのではなくこれは調整、ですから。

しっかり引き付けて、ボールの触る位置を変えるだけ。

打点が前、のときにはボールの外側を触るし、打点が後ろ、のときにはボールの内側を触る。

ラケットをどう出すか、の違いですね。

このあたり、ぜひ素振りでボールのどこを触るのか?をイメージしながら練習してみて下さい。

 

5.先入観を無くせば、テニスの上達は早まる

これは、声を大にして言いたい。

何度も書いてきましたが、テニスにおいて「難しそう」な技術ほど、実は簡単なものもある。

自分の中で、決め付けないこと。

周りやコーチから言われても、全てを鵜呑みにしない。

「本当かな・・・?」と自分で考えること、が大事なんです。

今回のバックハンドボレーを逆クロスに打つ、という技術だって、ほとんどの人が難しいことだと決め付けている。

もったいないことです。

だって、構えたままの形から一番楽に打てる、シンプルなボレーなのに。

 

私は実際の試合では、このボレーでガンガン「ドロップボレー」を打ちます。

だって、楽ですから。

打つ方向も見やすいし、力の調整もしやすい。

構えたままで打てるので、相手にバン!と打たれても、楽にドロップで落とせる。

騙されたと思って、打ってみて下さい。

きっと世界が変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

  4. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!

    ラリー練習ってよくやるでしょ?ストロークラリーもよくやるし、ボ…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    自分の感覚が鋭いエリアは、どこだと思う?

    ボレーのタッチ感覚、みなさんは自信ありますか?私は自信がある、…

  6. テニス 粘り

    ボレー

    クロスボレーを磨けば、試合でのボレーのネットミスは減るはず

    試合で、「ボレーのネットミス」が多い方。ちょっと、思い出してみ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?
  3. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない
  4. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  5. ストローク

    回転をかけて、ココを通過させるという感覚で
PAGE TOP