テニス ダブルス

ボレー

ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。

みなさん、すごくテニスを真剣に頑張っている、40代~50代の女子ダブルス。

やっぱり、ボレー中心になるじゃないですか、並行陣中心。

そうなると・・・こんな感じになるとき、ありませんか?

ネットプレーになると、なんで人って慌ててしまうんでしょうね。

 

ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

 

1.まるで、「時限爆弾ゲーム」状態

これって、何かに近いなと思って、考えてました。

「これか!」と気付いたのは、あのレクリエーションでやるような時限爆弾ゲーム。

時間が来ると、「パーン!」とクラッカーが鳴るようなあれ、です。

みんなで回していって、速く自分の手元から、その爆弾を人に渡したい。

テニスでも、一緒です。

早く触って、早く自分の手元から離したい。

ボールを持っている人、打っている人になりたくないんですよね。

そんな、爆弾が飛んで来る訳じゃないのに。

なるべく自分の方に飛んで来て欲しくない・・・と思っているから、こういう感じになってしまう。

4人でボレーの4アップな状態って、まさにこうじゃないですか?

 

2.発想の転換が必要です

思い切って、変えていきましょう。

女子ダブルスでも、「自分の方に、飛んで来い!」と思うようにする。

むしろ、自分から動いて、ボレーで絡んでいく。

「自分なら、こう終わらせるな」と考えて、実践していく。

発想を転換、していきましょう。

発想を変えて、自分のプレーを変える。

時限爆弾ではなく、テニスはボール、ですから。

自分がコントロールして、自分でポイントを終わらせていく。

テニスでは、爆弾が爆発して終わるのではなく、しっかり相手コートにボールを打って終わらせる競技、ですからね。

 

3.待っているのか、自分が打ちにいくのか

この違いは、大きいですよ。

テニスの試合、ボールを待っていても良いことは無い。

自分からやっぱり、絡みにいかないと。

自分以外のラリー、の中に自分が飛び込んでいく。

この姿勢が無いと、結局ボールを時限爆弾のようにとらえてしまって、億劫になる。

待っていても、成長しないですよテニスは。

特にネットプレー、ですね。

「なるべく早く触りたい!」と思うのは、不安だから。

早く触って、早く手放したい。

そんなメンタルでは、この先強くなれるとしても先が知れてます。

 

4.早く触りたいけど、ボールは引き付けないとダメ

ボレーこそ、「引き付けるタイミング」を作ること。

これが出来れば、アナタも立派なボレー名人です。

早く触りたい、という気持ちを抑えて、ボールを引き付ける。

このタイミング、練習のラリーの中から意識していきましょう。

待っている、のではなく、先回りして引き付ける。

早く触りたい、けども身体の開きを抑えて、横向きでボレーを打っていく。

試合では、これでいきましょう!

 

ボレーでの苦手意識、思い切って克服していきましょう。

どうせ待っていても、怯えていてもボールは飛んで来る。

だったら、思い切って自分から動いていきましょう。

動いたミス、は相手の脳裏にも刻まれますから。

きっと相手にもプレッシャーになるはずです。

女子ダブルス、並行陣、4アップ、試合を動かしていくのはアナタの積極性ですよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. ボレー

    勝てるダブルスのポーチコースは、逆クロスじゃない

    ダブルスの試合で、しっかり前衛がポーチで決める。こういう試合が…

  2. テニス 大学

    ボレー

    ハーフボレーを選択した時点で、アナタは壁にならないと

    試合で使える細かい技術、ハーフボレー。このショットのコツは、し…

  3. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「粘れるネットプレーのキーポイント」テニスの試合では構え直しが全てを決める

    試合の中でボレーをする時ってどういう場面だろう。ストロークに比…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    沈められたボールを深くボレー、って、いつもアウトばかりじゃない?

    深いボレー、それはテニスの基本・・・。確かに、テニススクールで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  2. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でピンチになる」ときを想定して準備しておきたい、具体的な対応策
  4. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?
  5. ストローク

    ライジングショットを、しっかり抑えて打つコツは意外に簡単
PAGE TOP