テニス メンタル

日々の雑記

1点をチーム全員で争う野球、ほどの怖さはテニスには無いはず

日本シリーズ、ソフトバンクホークス強かったですね。

第6戦は私もテレビで観ていて、本当に1点の重み、その背景となる個人の小さいミスが勝敗を分ける。

テニスとはまた違う緊張感、凄いなと思って観てました。

そして、感じたことは・・・「やっぱりテニスは、もっとチャレンジして良い競技だな」ということ。

 

もちろん、テニスの試合も1点を争うような場面、は多くあります。

1点差で負ける、という試合形式だってある。

先日私が出た試合も、6ゲーム先取でノーアドバンテージ方式。

つまりは、5-5の40-40になったら1本勝負。

本当に「取った方が勝ち」という試合、はテニスでもあります。

でも・・・実際に、どうでしょうか。

そこまでもつれること、または1点差のような僅差で終わる試合は、野球と比べればテニスは少ないように思います。

また試合自体もシングルス、またはダブルスですので、その分1人の個人のプレー、力量が反映されやすい。

当たり前ですが、「たまにしかボールが飛んで来ないような選手1人のミスで、チーム全員に迷惑をかける」というようなことは無いはず。

そう考えると・・・ちょっと気楽じゃないですか?

 

横浜ベイスターズの選手にとっては、まさに「勉強の場」だったと思います。

エラーと記録されないミスが重なって、試合の勝敗が決まっていく。

でもこれは、テニスの試合でも一緒ですよね。

誰が見てもエラー、ミス、のようなポイントって実は少ない。

小さいミス、判断ミス、本人でしか分からないようなミスの積み重ねが、スコアの積み重ねになっていくんです。

でも、こういう部分ってなかなか気づけない。

いや、テニス選手として敏感になっていかないといけないんですけどね。

でも、こういう大舞台を経験しないと、人は本気で気付いて変えよう、とはならないんですよ。

 

「自分のミスで、多くの人が悲しんでしまう」経験は、大事です。

この経験無くして、成長は無い。

自分が悔しい、だけじゃダメなんです。

アナタ自身、こういう人を増やしていかないといけない。

「え?自分はプロでも無いし、自分のファン・・・?」と思って当然。

でも、繰り返し書いてますが、アナタを応援してくれる人、勝利を願っている人は必ずいます。

家族でありコーチ、練習仲間、そして私もその一人です。

そういう人達、を悲しませたくないという気持ち、になれるような試合を増やしていかないといけない。

年に1回、あるかないか、だと思いますが、そういう試合を経験している人は強いですよ。

 

きっと、みなさんが目標としている強い選手は、こういう試合を乗り越えてきている。

だから、じっとしていたらどんどん差がついていってしまいます。

テニスは、もっともっとミスして良い、個人で責任を負うチャレンジングな競技です。

だからこそ、1回のミスの重みを感じられる試合も大事。

このバランス感覚、ぜひ意識してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  2. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近改めて思うん…

  3. テニス 粘り

    日々の雑記

    心の中に、持てる狂気が試合を動かす

    いつもT-PRESSを購読頂きまして、ありがとう御座います。そ…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    理想を高く持てる選手が、その理想に近付いていける

    すっかり涼しくなって、まさに夏が終わって秋・・・という感じですね。…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    「テニスは採点競技じゃない?」確かに勝敗には関係無い、ですけどね

    冬の時期って、「採点競技」が増えますよね。冬季オリンピックも、…

  6. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能

    年末、お正月、三連休・・・。ようやく普通の週末、といった感じで…

特集記事

  1. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
  2. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう
  3. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
  4. テニス

    メンタル

    過去の戦績をいつまでも話す人とは、距離を置いた方が良い
  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
PAGE TOP