テニス ボレー

ストローク

回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

ストロークのボールの回転量、みなさんどうでしょうか?

多いと思うか、少ないと思うか・・・最近意識出来てますか?

つい、私たちは回転量が多ければ良い、強力なショットだと考えがち。

もちろん、バウンド後の伸びを考えた場合は、ボールの回転量は多い方が良い。

でも、それだけだと、攻撃的なストロークって身に付かない。

相手にとって脅威には成り得ないと思います。

今回は、スライスに着目してこの問題を考えてみましょう。

 

回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?

 

1.良いスライスのストロークって、どんなストローク?

みなさん、試合で本物の「スライスストローク」を受けたことはありますか?

よくスクールのコーチが打っているような、「重たいスライス」って、どんなスライスでしょうか。

きっと、ただ回転量が多いだけじゃないと思うんです。

回転量が多いスライスって、そもそも球速は遅い。

逆方向に回転しているので、当然ですね。

球速が遅く、バウンド後には弾まない。

この回転量が多いスライスのストロークが、コートにバウンドしたとき、その後どうなると思いますか?

きっと、弾まないけど「伸びていく」という感じでは無いと思います。

伸びていくスライスって、実は「フラット」の当たりに近い。

回転量は、それほど多くないのが実際の「重たいスライスストローク」です。

 

2.スライスは、回転量が少ない程よく滑る

良いスライスとフラットなストローク、これって実は紙一重なんです。

ほぼフラットに近いようなスライス、が実際は重くて滑る、攻撃的なスライス。

このスライスストローク、回転量自体は少ないはずです。

球速もあって、相手を追い込めるストローク。

回転量だけを追い求めると、結果的に遅い、ドロップショットのようなストロークばかりになってしまいますからね。

もちろん、そういうスライスも必要ですよ。

ロブでも使いますし、滞空時間を稼いで守備で使うことも多いでしょう。

でも、それだけだと「スライスで深く、相手を追い込むようなショット」は難しいんです。

 

3.まずは「切り過ぎ」を止めること

スライスでも多いのが、この「切り過ぎ」ている人。

男性のバックハンド、で特に多いですね。

一生懸命、スライス回転をかけようとして上から切るような動き、でラケットを振っているけど・・・ボールは伸びていかない。

回転量は多いけど、浅いし山なり、攻撃的なストロークにならないで悩んでいる方、多いと思います。

まず、グリップを変えましょう。

コンチネンタルグリップで握って、ボールに対して後ろから垂直に当てる。

ラケット面が上向き、になると「切るようなスライス」になってしまう。

あえて、ボールが浮かないようにラケット面を垂直、にするくらいで良いでしょう。

そして、ラケットは上から出していくけど、インパクトの打点では後ろから前に押し出すようなラケットの軌道、になっているように。

最初は、フラット気味のバックハンド、を打つような感覚で良いと思いますよ。

ボールが低く、回転量少な目で伸びていく。

そんな軌道をイメージしながら、ぜひ打ってみて下さい。

 

4.スライスは2種類、自分の中でしっかり使おう!

これは、私からの願いでもあります。

スライスは2種類。

1つは今回のような回転量少な目で、重たく滑るスライス。

もう1つは、回転量を多くして滞空時間がある程度長くて山なり、ドロップショットやロブで使えるショット、ですね。

私はグリップを少しだけ変えて、この2種類を打ち分けています。

1つ目の重たいスライスは、コンチネンタルグリップ。

もう1つの方はもう少し厚くして、イースタングリップ、に近い感じで。

このあたりはみなさんも、ぜひ自分でグリップを研究してみて下さい。

ラケット面の当たる向き、を変えるだけで、回転量は変わります。

するとボールの軌道やスピード、も全て変わるはず。

打ち方を変えるのではなく、グリップを変えるのがポイントですね。

 

回転量が多いだけで、試合では勝てません。

実際にこの重たいスライスのストローク、風が強い日に風上から打ってみると・・・威力は絶大ですよ。

何度も、ベテランのシニアの方にやられました、私。

スライスを切り過ぎている方は、男性でも女性でも試してみる価値はあると思います。

グリップを意識しながら、試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  2. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!

    緊張する試合で、ショットが入らなくなる。これで不安になって、勝…

  3. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  4. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、こ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本

    ストロークラリーの中で、相手のボールが深い。こういう時に、どう…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

    低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。実際、鋭いス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブのトスアップのとき、ボールを持つ手の形」を見直すだけで、アナタのサーブは…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「もう、何をやってもムダかな・・・」と、思って欲しいと相手は考えているはず
  5. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる
PAGE TOP