テニス メンタル

フットワーク

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

素早く動いて、前に詰める。

この動きが速い選手が、それだけですごくプレッシャーに感じますよね。

特にダブルスや、ネットプレー、が得意な選手は、前への推進力が凄い。

これって、もちろんトレーニングの賜物ですが、それだけじゃない。

今のアナタ自身のフットワークを、少し変えるだけで必ず「前へのスピード」はアップ出来る。

スプリットステップ、見なおしてみませんか?

 

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

 

1.ステップはいつでも、忘れがちな技術

つい、私たちは忘れがち。

フットワークやステップ技術の向上って、後回しになってはいませんか?

テニスは、まず動いて自分が打てる場所、に移動しないと始まらない競技なのに、ラケットワークばかりに意識がいってしまう。

これではなかなか、試合でも勝てるプレーが出来ないですよね。

特に、前方向への詰め、フットワークって、ダブルスの試合ではそのまま勝敗につながるくらい、差になる部分。

みなさんの周りでも、テニスの技術はともかくすごく動きが機敏で速い、そんな方いると思います。

きっと、スプリットステップが少し違う。

私も普段意識しているポイント、を今回はまとめてみたいと思います。

コツは、「少しだけ、前のめりになる」ことです。

 

2.つま先だけで着地、を意識してみよう

これだけで、結構変わると思いますよ。

ステップの着地、をつま先だけで終えてしまう。

かかとはコートに付かない、から少しだけ前のめりのような態勢になるでしょう。

そうなると・・・どうなりますか?

その次、への反応、前への動き出しがすごく速くなる。

こういうステップを使っていくと、前への推進力がすごく強くなるんです。

相手が打つ前から、前に自然に入っていけるような感覚になる。

悪く言えば、少し前につんのめっているような感じ、ですけどね。

でも私は、それで良いと思っています。

つま先で着地して、そのまま勢いで前に詰めていく。

かかとを着地、で使わないからテンポが速くなる。

まさに、ギアを上げていくような時にこそ、このステップは使えますよ!

 

3.ギアを上げるって、要は動き出しを速くするということ

ダブルスの試合、ここぞというポイントでギアを上げる。

前にしっかり詰めて、ボレーでポイントを取っていけると試合でも乗っていけますよね。

そんなときには、このステップが使えます。

つま先だけを使って着地、そのまま、相手が打つ前に前に入っていくような感じで先手を取る。

下半身の動きを変えると、自然と気持ちも乗っていけますしね。

サーブ&ボレーでも、非常に使えるテクニックです。

ただし、注意したいのはロブ、ですね。

これは相手を見ながら、しっかり使い分けていきましょう。

 

4.相手がロブを使いだしたら、一旦普通に戻す

相手がロブ、を使い始めたら・・・戻しましょう。

つま先だけ、じゃなくてかかともしっかり着地で使って、後ろへも反応出来るようにしておく。

この変化、は自分から付けていくことが大事。

フットワークで、自分のペースをコントロールすることだって出来る、のがテニスです。

そしてロブの後、次は沈めて来るな・・・というときには、また前へのステップを使う。

相手からすると、違いがすごく分かり辛いと思います。

前に詰めるのは速いし、上もしっかりケアして下がれる。

すごく「足が速い」選手みたいに思われるでしょう。

それは相手にとってすごく、プレッシャーになるはずです。

 

5.足が速い選手って、要はこういうこと

そんなに走力、に差はありません。

ベテラン選手のみなさんでも、すごくコートカバーが上手い選手はいますからね。

足が速い、というより使い方が上手い、ポジショニングや予測の差、です。

つま先だけでステップして、前に速く入っていく。

このステップ、ぜひ練習してみて下さい。

きっと、相手が打つ前に動くことでの良い効果、生まれてくると思いますよ。

最初はちょっと、つんのめり気味、でも良いでしょう。

身体のバランスは、練習しながら養っていけば良い。

それくらい、ちょっとした裏技、ですからね。

 

フットワークも、まだまだ変えていける。

基本があれば、その裏の技だってある。

ちょっとしたこと、で試してみて良い感じなら取り入れてみて下さい。

前へ詰める迫力、はきっとアナタに必要なもの。

試合で勝てる選手、に成長していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  2. テニス 調子

    フットワーク

    相手が打った瞬間に、バウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、…

  3. フットワーク

    思い通りに打てた後に、「足が止まる」癖を無くそう

    自分が打った後に、足が止まる。そんなときって、こういう時じゃな…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    ほんの0.1秒、0.1メートルが、テニスではポイント差になる

    テニスの守備、攻撃。何度か聞いたことのある話だと思いますが、こ…

  5. テニス 予測

    フットワーク

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での…

  6. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
  2. テニス コントロール

    その他

    一人のテニス選手として、「自分に対する批判」に、しっかり目を向けていこう
  3. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  4. テニス 確率

    サーブ

    テニスの試合、アナタのサーブに足りないのは、ズバリ「成功体験」です
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!
PAGE TOP