テニス メンタル

フットワーク

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

素早く動いて、前に詰める。

この動きが速い選手が、それだけですごくプレッシャーに感じますよね。

特にダブルスや、ネットプレー、が得意な選手は、前への推進力が凄い。

これって、もちろんトレーニングの賜物ですが、それだけじゃない。

今のアナタ自身のフットワークを、少し変えるだけで必ず「前へのスピード」はアップ出来る。

スプリットステップ、見なおしてみませんか?

 

スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る

 

1.ステップはいつでも、忘れがちな技術

つい、私たちは忘れがち。

フットワークやステップ技術の向上って、後回しになってはいませんか?

テニスは、まず動いて自分が打てる場所、に移動しないと始まらない競技なのに、ラケットワークばかりに意識がいってしまう。

これではなかなか、試合でも勝てるプレーが出来ないですよね。

特に、前方向への詰め、フットワークって、ダブルスの試合ではそのまま勝敗につながるくらい、差になる部分。

みなさんの周りでも、テニスの技術はともかくすごく動きが機敏で速い、そんな方いると思います。

きっと、スプリットステップが少し違う。

私も普段意識しているポイント、を今回はまとめてみたいと思います。

コツは、「少しだけ、前のめりになる」ことです。

 

2.つま先だけで着地、を意識してみよう

これだけで、結構変わると思いますよ。

ステップの着地、をつま先だけで終えてしまう。

かかとはコートに付かない、から少しだけ前のめりのような態勢になるでしょう。

そうなると・・・どうなりますか?

その次、への反応、前への動き出しがすごく速くなる。

こういうステップを使っていくと、前への推進力がすごく強くなるんです。

相手が打つ前から、前に自然に入っていけるような感覚になる。

悪く言えば、少し前につんのめっているような感じ、ですけどね。

でも私は、それで良いと思っています。

つま先で着地して、そのまま勢いで前に詰めていく。

かかとを着地、で使わないからテンポが速くなる。

まさに、ギアを上げていくような時にこそ、このステップは使えますよ!

 

3.ギアを上げるって、要は動き出しを速くするということ

ダブルスの試合、ここぞというポイントでギアを上げる。

前にしっかり詰めて、ボレーでポイントを取っていけると試合でも乗っていけますよね。

そんなときには、このステップが使えます。

つま先だけを使って着地、そのまま、相手が打つ前に前に入っていくような感じで先手を取る。

下半身の動きを変えると、自然と気持ちも乗っていけますしね。

サーブ&ボレーでも、非常に使えるテクニックです。

ただし、注意したいのはロブ、ですね。

これは相手を見ながら、しっかり使い分けていきましょう。

 

4.相手がロブを使いだしたら、一旦普通に戻す

相手がロブ、を使い始めたら・・・戻しましょう。

つま先だけ、じゃなくてかかともしっかり着地で使って、後ろへも反応出来るようにしておく。

この変化、は自分から付けていくことが大事。

フットワークで、自分のペースをコントロールすることだって出来る、のがテニスです。

そしてロブの後、次は沈めて来るな・・・というときには、また前へのステップを使う。

相手からすると、違いがすごく分かり辛いと思います。

前に詰めるのは速いし、上もしっかりケアして下がれる。

すごく「足が速い」選手みたいに思われるでしょう。

それは相手にとってすごく、プレッシャーになるはずです。

 

5.足が速い選手って、要はこういうこと

そんなに走力、に差はありません。

ベテラン選手のみなさんでも、すごくコートカバーが上手い選手はいますからね。

足が速い、というより使い方が上手い、ポジショニングや予測の差、です。

つま先だけでステップして、前に速く入っていく。

このステップ、ぜひ練習してみて下さい。

きっと、相手が打つ前に動くことでの良い効果、生まれてくると思いますよ。

最初はちょっと、つんのめり気味、でも良いでしょう。

身体のバランスは、練習しながら養っていけば良い。

それくらい、ちょっとした裏技、ですからね。

 

フットワークも、まだまだ変えていける。

基本があれば、その裏の技だってある。

ちょっとしたこと、で試してみて良い感じなら取り入れてみて下さい。

前へ詰める迫力、はきっとアナタに必要なもの。

試合で勝てる選手、に成長していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線

    ストロークの生命線、スタンス。足がしっかり決まっていると、振り…

  2. テニス サーブ

    フットワーク

    明日から出来る試合での改善策は、リズムとテンポを良くしていくこと

    今ある技術で、試合を上手くこなしていく。その中で意識したいのは…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    前に走ってボールを処理するときは、その後のポジションを考えよう

    浅いボールを処理して、さぁ次!と思ったら・・・簡単に抜かれてし…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ

    シングルスの試合、強い人のプレーをよく観察してみると・・・。毎…

  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  6. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう
  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打…
  5. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかど…
PAGE TOP