テニス 戦術

メンタル

自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

皆さん、これだけは覚えておいて下さい。

どこかの学校、地域の代表でも無い。

あくまで個人で楽しんでいるテニスでも、アナタを応援している人は必ずいます。

それは、私が保証します。

その理由と、感じて欲しい理由について、改めて今日は書いてみたいと思います。

 

自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

 

1.自分の一番の応援者は、自分自身

これは、強い選手ほど無意識のうちに考えて実践していること。

自分を自分で応援するのって、すごく勇気が要るんですよ。

勇気と言いますか、根拠、ですね。

みなさんは試合に入るとき、自分に対してどんな想いを抱いてますか?

「充分練習してきたし、大丈夫だ!」と思えるか、「最近サボってたしな・・・結果は厳しいかな・・・」と、思うのか。

この差って、やっぱり大きいんです。

自分で自分を、応援しながらコートに入れるかどうか。

「いやだってさ、練習なんて週に1回しか出来ないし」という方が、ほとんどだと思います。

ここは、発想を変えていきましょう。

 

2.週1回の練習で上達しないと、誰が決めた?

結局、自分で勝手に思い込んでいるだけ。

私も今は、週1回のテニススクール通いです。

でも、なかなかその週1回すら、行けていない。

でも試合に入る前に、何を考えるかと言えば・・・「毎日テニスついてしっかり考えているし、やるべきことはやっている」と考えてコートに入る。

もちろん、練習が出来ていない不安はありますよ。

でも、出来ていないことよりも続けていること、やってきたこと、事実に目を向ける。

そうすると、自分を応援したくなるんですよ。

自分自身が応援についてくれると、テニスの試合は大体勝てる。

すごくここの部分、大事にして欲しいんです。

 

3.そしてもう一人、忘れないでください

手前味噌ですが・・・それは私、です。

まだお会いしたことが無い方ばかりですが、少なくとも私は皆さんを本気で応援しています。

今回のアンケートでも、「何でそんなに、毎日記事を書けるんですか?」というご質問を頂きましたが、その答えは簡単です。

私自身、テニスを頑張って試合に勝ちたい、という方を本気で応援したいからです。

そして、その応援をすること自体が、楽しいからです。

何より私自身の成長や活力、になりますからね。

お力になれているかどうかは、分かりません。

力不足だと感じることも、多々あります・・・。

ですが、試合前に記事を読み返して頂いている方もいるようですので、声を大にして言いたいと思います。

テニスの試合にチャレンジする皆さんを、私は一人一人応援しています。

 

普段の記事は、まさに「読者のみなさん」をイメージしながら書いているつもりです。

アンケートで頂くご質問やお悩み、年齢層にプレー頻度・・・から、みなさんを想像してみる。

それがすごく、私は楽しいんですよね。

だからこそ、しっかり私も責任を持って応援したい。

まだまだ、力になれるように私も力を付けていきます!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事

    試合の中で、メンタルが強く崩れない人。それは、シンプルにこうい…

  2. テニス 部活

    メンタル

    試合の流れが相手にいきかけた時には、「しっかり自分が得意な攻撃」からリズムを戻すことが大事

    試合の流れが動く中で、大事なのは相手の流れになったとき。自分ノ…

  3. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

    まだまだ梅雨で雨の日が続いていますが、オムニコートでのテニスの試合は小…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している

    試合で緊張しない人、いないと思います。でも、その雰囲気って・・…

  6. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    とりあえず、3つに絞ろう
  2. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    「ここは動かないだろう」という場面で勝負に出ないと、試合では勝てない
  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが…
  5. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込める…
PAGE TOP