テニス 打点

日々の雑記

素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い

それにしても・・・みなさんのアンケートを読んで頂いていて感じたのですが・・・。

都心部、東京・神奈川・大阪のみなさんは、「テニスコートが取れない」ことでかなりお悩み、ですよね。

私自身もそうです。

 

正直、かなり都内のコートは私営も含め詳しい方ですが、まず土日はなかなか取れない。

1時間1万円、くらい出せばなんとなか取れることもありますが、それでもせいぜい2時間くらい、で人数を集めないと金額がどえらいことになる・・・。

最近では公営コートが取れないのが当たり前、に思えているので、感覚がマヒして来ました。

きっとみなさんも、練習場所の確保には苦労されている方も多いんじゃないでしょうか。

色々と事情はあると思いますが、これってすごく、日本のテニス界にとって危機的な状況だと思うんですよね。

 

全日本テニス選手権大会、今まさに有明で開催されています。

ご存知の通り、今年で有明テニスの森公園ではラストの開催。

オリンピックに向けて、改修工事が始まるので喜ばしい限り・・・でしょうか?

そんなことより、もっと草プレイヤーが使えるコート、増やして欲しいですよ、本当に。

 

私がこう考えるくらいですから、ちょっと仲間内でテニスがしたい、初心者だけどやってみたい・・・という方は、行き場が無いですよね。

いきなり打てる人たちと一緒にやるのは不安だし、かと言って自分たちで練習しようにも、場所が無い。

こういう初心者にとって高い障壁があるスポーツって、すごくダサいと思うんです。

テニスって、面白いと感じるまですごく時間のかかるスポーツ。

だからこそ、初心者の方ほど気軽に出来る場がないと、競技人口は絶対に増えない。

そして、試合に出ている人はもっと気軽に、自分と同じレベルの人と試合したり練習したり出来る場を増やさないと、続ける動機が持たない。

 

「仕方ないじゃん」となっている部分、ありますよね。

今年の楽天オープン、観客全然いませんでしたね。

錦織選手が出ないと、こうも違うのかと。

どうせ今年で壊される施設だし、ということだと思うんですが、全てが雑に思えて仕方ない・・・んですよ。

私が書いたところで何にもならないと思いますが、これだけは言えますよ。

日本テニス界って、すごくダサいし、恥ずかしい!

 

試合に出ている人たち、の方がよく考えているし先を見ている。

ファッションだってそうですよね。

ザ・テニスウェアを着ている人、ラケットバッグを持っている人も少なくなってきている。

読者のみなさん、プレイヤーのみなさんが先に進んでいるんですよ。

そこにサービスや大会、ソフトが遅れている。

 

少なくとも、このT-PRESSのサイトでは、みなさんに「先」の景色を見せていけるように。

私自身勉強して、邁進していきたいと思います。

現状維持、去年と同じは衰退でしかない。

そう心に決めて、みなさんに色々と厳しいことを書いている以上、私も頑張ります。

という宣言、でした。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  2. テニス 観察

    日々の雑記

    まだまだ壁は、とてつもなく高いのかも知れない

    昨日(今朝)は、皆さん、全仏観戦お疲れ様でした・・・。まさに今…

  3. テニス Q&A

    日々の雑記

    T-PRESSとテニススクールの、決定的な違いについて

    2018年、今年はみなさんにとってどんな一年、になるでしょうか。…

  4. テニス ミス

    日々の雑記

    世界トップクラスの選手のコーチ、はもちろん凄いけれども

    私は思うんですけど、テニスって凄いスポーツだと思うんです。だっ…

  5. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

    すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。そろそろ試合…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない

    何となくですが、最近感じること。それは、「シングルスの試合に出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 評価

    メンタル

    試合前に「最低と理想」、の準備は出来ているか?
  2. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  3. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を…
PAGE TOP