テニス 打点

日々の雑記

素人が挑戦しないスポーツの、未来は暗い

それにしても・・・みなさんのアンケートを読んで頂いていて感じたのですが・・・。

都心部、東京・神奈川・大阪のみなさんは、「テニスコートが取れない」ことでかなりお悩み、ですよね。

私自身もそうです。

 

正直、かなり都内のコートは私営も含め詳しい方ですが、まず土日はなかなか取れない。

1時間1万円、くらい出せばなんとなか取れることもありますが、それでもせいぜい2時間くらい、で人数を集めないと金額がどえらいことになる・・・。

最近では公営コートが取れないのが当たり前、に思えているので、感覚がマヒして来ました。

きっとみなさんも、練習場所の確保には苦労されている方も多いんじゃないでしょうか。

色々と事情はあると思いますが、これってすごく、日本のテニス界にとって危機的な状況だと思うんですよね。

 

全日本テニス選手権大会、今まさに有明で開催されています。

ご存知の通り、今年で有明テニスの森公園ではラストの開催。

オリンピックに向けて、改修工事が始まるので喜ばしい限り・・・でしょうか?

そんなことより、もっと草プレイヤーが使えるコート、増やして欲しいですよ、本当に。

 

私がこう考えるくらいですから、ちょっと仲間内でテニスがしたい、初心者だけどやってみたい・・・という方は、行き場が無いですよね。

いきなり打てる人たちと一緒にやるのは不安だし、かと言って自分たちで練習しようにも、場所が無い。

こういう初心者にとって高い障壁があるスポーツって、すごくダサいと思うんです。

テニスって、面白いと感じるまですごく時間のかかるスポーツ。

だからこそ、初心者の方ほど気軽に出来る場がないと、競技人口は絶対に増えない。

そして、試合に出ている人はもっと気軽に、自分と同じレベルの人と試合したり練習したり出来る場を増やさないと、続ける動機が持たない。

 

「仕方ないじゃん」となっている部分、ありますよね。

今年の楽天オープン、観客全然いませんでしたね。

錦織選手が出ないと、こうも違うのかと。

どうせ今年で壊される施設だし、ということだと思うんですが、全てが雑に思えて仕方ない・・・んですよ。

私が書いたところで何にもならないと思いますが、これだけは言えますよ。

日本テニス界って、すごくダサいし、恥ずかしい!

 

試合に出ている人たち、の方がよく考えているし先を見ている。

ファッションだってそうですよね。

ザ・テニスウェアを着ている人、ラケットバッグを持っている人も少なくなってきている。

読者のみなさん、プレイヤーのみなさんが先に進んでいるんですよ。

そこにサービスや大会、ソフトが遅れている。

 

少なくとも、このT-PRESSのサイトでは、みなさんに「先」の景色を見せていけるように。

私自身勉強して、邁進していきたいと思います。

現状維持、去年と同じは衰退でしかない。

そう心に決めて、みなさんに色々と厳しいことを書いている以上、私も頑張ります。

という宣言、でした。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道

    もうすぐゴールデンウィーク。既に連休がスタートしている方も多い…

  2. 日々の雑記

    誰も見ていない場所、コートから離れた場所で

    1月8日は成人の日、ですね。実は私、実際に自分が20歳の頃にこ…

  3. テニス 大学

    日々の雑記

    高校テニスと大学テニス、何がどう違うのか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。今回は、学生の皆…

  4. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

    ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じ…

  5. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る

    みなさんは、自分の中で大切にしている「言葉」ありますか?最近、…

  6. 日々の雑記

    昔は体育館、今は・・・?

    テニスを始める前は、バレーボール少年でした。小学校の6時間目が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせ…
  2. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ
  4. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質
  5. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
PAGE TOP