テニス ストローク

スマッシュ

「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安になって形勢逆転・・・。

そんな方も多いんじゃないでしょうか。

そこで今回は、改めてスマッシュを打つ際に大切な「身体の開きを抑える」ことに着目して、そのコツをまとめてみました!

 

「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

 

■そもそも、どうして身体の開きを抑える必要があるのか?

人間の身体は、ラケットを振ると構造上回転しやすくなっています。

右利きの人がラケットをスマッシュの軌道で振ると、上から見ると反時計回りに回る。

これはごく自然な動きです。

そこで、よりスマッシュで打点を安定させる為には、この回転を制限して止める必要があります。

そうすればパンチのあるボールも打てますし、動きを制限することで安定感が増します。

少し窮屈に感じますが、そこは練習でしっかり慣れていきましょう。

■右利きの人は、打つ瞬間に左手を胸の前に

テニススクールで、こんなアドバイスをもらっている人も多いと思います。

身体の開きを抑えるにはこれが一番有効です。

コツは手のひらを自分の方に向けること。

そうすると身体の構造上、より開きが抑えられてテニスに適したコンパクトな動きになります。

手のひらが前や上を向いていると、身体が周りやすく開きやすくなりますので要注意です。

■顔を残す、アゴを残す、そうすると目線が残る

左手で上半身の回転を抑えたら、さらに顔を打点に残すようにしましょう。

もっと具体的に言えば、アゴをしっかり上げて目線を残す。

そうするとボールをラケットの真ん中で捕えることができます。

スマッシュでは、どうしても打った後のボールの軌道を追いたくなりますが、そこは我慢。

良いボール、スマッシュを打つことに全精力を注ぎましょう。

■打った後のフォロースルーは無しでOK・・・?

ここがポイントです。

スマッシュでは、フォロースルーは無しでOK!という感覚を持ちましょう。

よく一般のプレーヤーの中には、打った後も大きく腕を前に出して下まで振っている方もいますが、これは効率的とは言えません。

まず、構え直しが遅くなります。

スマッシュの次は、またスマッシュ、またはボレーを打つ機会が多い。

そう考えると、打ち終わりのスタイルはよりシンプルにまとめておくことが重要。

打った後は、後ろに引いてしまうくらい「パチン!」と打って終わるイメージを持ちましょう。

■開きを抑えて横向きを保つことでコースを隠せる

ストロークと同様ですが、スマッシュもコースを読まれては反撃されます。

その為にも、閉じた身体でコースを隠すことが重要。

イメージとしては、逆クロスに打てるような構えを基本に、相手が動いたらクロスへ切り替えるのような形がスマッシュにおいては理想です。

練習で、自分がどのタイミングまでコースを隠して待てるか、しっかりタイミングを把握しておきましょう。

 

この「身体を閉じたスマッシュ」は、初中級くらいの方にはとても窮屈に感じるはずです。

サーブもそうですが、あえて身体の動きを制限する訳ですから当然なのです。

より強いスマッシュを打とうと思えば、やはり体幹の筋力トレーニングは必須になってきます。

それでもまずはこの「身体を閉じる」という部分を意識して、今あるスマッシュの安定感を高められるよう、練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  2. スマッシュ

    「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

    女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度…

  3. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、いつまで経ってもスマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、基本的にロブを打った相手を集中攻撃で

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  5. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  6. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信がある…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  2. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
  3. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
PAGE TOP