テニス メンタル

日々の雑記

「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない

今日は総選挙、ですね。

でも日本全国大雨で、なかなか投票に行けなかった方も多いと思います。

また、中学生や高校生の読者のみなさんにとっては、特に自分とは関係無い、なかなか身近に感じられない話題ですよね。

でも、選挙とテニス?

何か関係あるの・・・?と考えてみると、私はあると思いますよ。

 

選挙は人から選ばれる、という確認作業。

テニスも、私は同じだと思います。

周りの人から応援される人は、やっぱり強い。

練習環境しかり、ダブルスペアを見つけたり、やっぱりテニスって人間関係、なんですよ。

でも、じゃあ周りに全てを合わせて、迎合しているような人が試合で勝てるのか?と言えば、そうでも無い。

環境に恵まれているのに、試合で勝てない人。

こういう人って、テニス選手の中でものすごく多いと私は思いますよ。

周りと仲良くしつつも、試合で強い人。

それは、「周りと違う自分」を、自分で認めてあげることが出来る人、だと思います。

 

当たり前ですが、アナタ自身のテニスは自分にしか出来ない。

代わりに誰かに自分を動かしてもらうこと、ボールを打ち返してもらうことは出来ないのです。

周りと違う自分、というのは、テニスを続けている限り絶対に存在する。

その覚悟、をまず持たないといけない。

人間関係は大事ですが、「自分は違う」と思う部分は、大事にしていく。

時に、声を上げることも必要かも知れません。

女性の社会人、主婦や女子連、ベテランのみなさんは色々な柵があると思いますけどね。

自分をしっかり持っていないと、周りと上手くやれても結果的にテニスの試合で勝てない、ということになっていくでしょう。

 

「自分は、こう考えるんだけどな・・・」

というもの、大事にして下さい。

私がこのサイトで投げかけているヒント、にもどんどん疑問を持って欲しい。

試してダメなら、自分でどんどんカスタマイズして欲しい。

そういうアクション、こそ私がみなさんに求めているものでもあり、一つのゴールだと思います。

私は他の誰より、アナタ自身の判断や意見、考えを心から尊重したい。

だからこそ、私もこの場でどんどん、発信を続けていきたいと思います。

 

アンケートでご回答頂く中で、多くの方が人間関係に悩んでいるようでした。

特に、40代から60代の方の、女性のプレイヤーのみなさん。

心配しなくても、大丈夫です。

アナタのテニス、幸せ、価値観は、アナタ自身で決めていければそれで良い。

全ての人から、賛同や尊敬をされなくても良い。

ぜひ、これからも厳しい勝負の世界の中で、テニスを続けて下さい。

周りと違う自分、最高じゃないですか。

テニスは、どうやったって、逃げないです。

いつまでも、アナタの傍にいますので。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道

    もうすぐゴールデンウィーク。既に連休がスタートしている方も多い…

  2. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言

    私は昔、苦手でした。この時期になると、みんなでサンタの恰好を…

  3. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手

    最近ふと、気になった言葉。お子さんがテニスをやっていて、その成…

  4. テニス ハードコート

    日々の雑記

    WBCの試合を観て感じる、試合の長さと間の取り方

    皆さんは、WBCの試合ご覧になってますでしょうか・・・?日曜日…

  5. テニス 準備

    日々の雑記

    感動出来る、という素敵な才能

    年末、お正月、三連休・・・。ようやく普通の週末、といった感じで…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか

    何だか急に寒くなってきて、体調を崩している方も多いんじゃないでしょうか…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる
  2. スマッシュ

    試合で使える「回り込みスマッシュ」を成功させるコツ4つ
  3. テニス メンタル

    ボレー

    社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった…
  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで一番上達しないのは、「自分のうんちくを押し付ける人」です
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!
PAGE TOP