テニス ボレー

ストローク

ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。

特に社会人プレイヤーの方、男性でしっかり片手バックハンドのスピン系のストロークを打っていきたい方。

「どうせ、プロ選手は別だから・・・」と、諦めないで、ぜひ参考にしたい部分に目を向けて欲しい。

今回は、スペインのロブレド選手の片手バックハンドを参考にしてみたいと思います。

ポイントは、テイクバックの「大きさ」です。

初心者の方でも、意識次第でガラッと変わるような打ち方、に気付くはずですよ。

 

ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

 

1.バックハンドのテイクバック、スムーズですか?

みなさん、片手バックハンドのテイクバック、どうでしょうか。

実は、テイクバックってなんだかモヤっとして、何となく後ろに引く・・・くらいの感じになってはいませんか?

テイクバックって、本当にストロークの肝、なんです。

まずは、片手バックハンドの特性、から考えてみるとどうでしょう。

両手よりも、リーチがある。

両手バックハンドよりも武器になる部分、片手バックハンドの特性を活かしていきたい。

そう考えると、テイクバックの時に必要なのは、身体から「ラケットを離す」ということです。

 

2.動画を見て感じて欲しい、テイクバックのおおきさ

まずは、動画を見てみましょう。

テイクバック時に、ラケットをしっかり身体から離しているのが分かりますよね。

 

 

身体から離してラケットを引くと、より遠心力を使えます。

ボールの外側からラケットを入れて、クロス方向にもコントロールショットが打てる。

これが出来る片手バックハンド、を打てる人は少ないんですよね。

テイクバックでも、身体とラケットが近い。

そんな人がほとんどだと思います。

 

3.なぜ、テイクバックが身体から近くなってしまうのか?

ストロークが不安になると、どうしても身体の近くで打ちたい、と思うようになるんです。

打点が身体に近いと、ちょっと安心するんですよね。

でも、これって片手バックハンドにとっては致命的なんです。

まだ、両手なら多少誤魔化しが効く。

テイクバックの時に片手バックハンド、身体からラケットが近いと当然、振れないんですよ。

しっかり振れないから、ストロークにもミスが出る。

テイクバックのときに、大切なのは身体からラケットを離すこと。

身体から離す勇気、が大事なんです。

 

4.身体から離せば、自然に「高さ」が出る

高さ、もテイクバックでは大事な要素ですね。

今回のロブレド選手もそうですが、フェデラー選手も、テイクバックが高い。

顔の後ろ、くらいにラケットがくるように、しっかりラケットを持って来る。

そうすれば、しっかり下に降ろして上に振り上げる、このパワーが生まれる。

でもその大前提としては、テイクバック時のラケットを身体から離すこと。

イメージは、バスケットボールを抱えるイメージ、です。

 

5.バスケットボールを抱えて、片手バックハンドを打ってみよう

ラケットを持ちながら、バスケットボールを抱える。

このバスケットボールくらいのスペース、をしっかり作って、身体から離す。

イメージとしては、これくらいの感じが大事です。

しっかり腕、肘、ラケットのグリップで5角形を作る。

その大きさとして、バスケットボールの大きさくらいのイメージ、が欲しい。

身体から離すと、ちょっと力が入らないような感じしますけどね。

そんなことは無いですよ。

速い準備で、しっかり足を止めて打てれば、大丈夫です。

 

片手バックハンド、技術としては難しいと思います。

でも、身に付けると非常に武器になる、疲労も少ないしリーチも長い。

そして応用が効く、本当にベテラン・シニアの方にこそ使えるショットです。

ぜひ、テイクバック、ロブレド選手の大きさを参考にしつつ、チャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

    「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。一度は皆さんもや…

  2. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて

    深いボールのストローク、になると急激に増えるもの。それはミス、…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、テニスの技術以上に経験と準備の差が大きく出…
  2. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?
  3. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで覚えたいタッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる
PAGE TOP