テニス ボレー

ストローク

ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。

特に社会人プレイヤーの方、男性でしっかり片手バックハンドのスピン系のストロークを打っていきたい方。

「どうせ、プロ選手は別だから・・・」と、諦めないで、ぜひ参考にしたい部分に目を向けて欲しい。

今回は、スペインのロブレド選手の片手バックハンドを参考にしてみたいと思います。

ポイントは、テイクバックの「大きさ」です。

初心者の方でも、意識次第でガラッと変わるような打ち方、に気付くはずですよ。

 

ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

 

1.バックハンドのテイクバック、スムーズですか?

みなさん、片手バックハンドのテイクバック、どうでしょうか。

実は、テイクバックってなんだかモヤっとして、何となく後ろに引く・・・くらいの感じになってはいませんか?

テイクバックって、本当にストロークの肝、なんです。

まずは、片手バックハンドの特性、から考えてみるとどうでしょう。

両手よりも、リーチがある。

両手バックハンドよりも武器になる部分、片手バックハンドの特性を活かしていきたい。

そう考えると、テイクバックの時に必要なのは、身体から「ラケットを離す」ということです。

 

2.動画を見て感じて欲しい、テイクバックのおおきさ

まずは、動画を見てみましょう。

テイクバック時に、ラケットをしっかり身体から離しているのが分かりますよね。

 

 

身体から離してラケットを引くと、より遠心力を使えます。

ボールの外側からラケットを入れて、クロス方向にもコントロールショットが打てる。

これが出来る片手バックハンド、を打てる人は少ないんですよね。

テイクバックでも、身体とラケットが近い。

そんな人がほとんどだと思います。

 

3.なぜ、テイクバックが身体から近くなってしまうのか?

ストロークが不安になると、どうしても身体の近くで打ちたい、と思うようになるんです。

打点が身体に近いと、ちょっと安心するんですよね。

でも、これって片手バックハンドにとっては致命的なんです。

まだ、両手なら多少誤魔化しが効く。

テイクバックの時に片手バックハンド、身体からラケットが近いと当然、振れないんですよ。

しっかり振れないから、ストロークにもミスが出る。

テイクバックのときに、大切なのは身体からラケットを離すこと。

身体から離す勇気、が大事なんです。

 

4.身体から離せば、自然に「高さ」が出る

高さ、もテイクバックでは大事な要素ですね。

今回のロブレド選手もそうですが、フェデラー選手も、テイクバックが高い。

顔の後ろ、くらいにラケットがくるように、しっかりラケットを持って来る。

そうすれば、しっかり下に降ろして上に振り上げる、このパワーが生まれる。

でもその大前提としては、テイクバック時のラケットを身体から離すこと。

イメージは、バスケットボールを抱えるイメージ、です。

 

5.バスケットボールを抱えて、片手バックハンドを打ってみよう

ラケットを持ちながら、バスケットボールを抱える。

このバスケットボールくらいのスペース、をしっかり作って、身体から離す。

イメージとしては、これくらいの感じが大事です。

しっかり腕、肘、ラケットのグリップで5角形を作る。

その大きさとして、バスケットボールの大きさくらいのイメージ、が欲しい。

身体から離すと、ちょっと力が入らないような感じしますけどね。

そんなことは無いですよ。

速い準備で、しっかり足を止めて打てれば、大丈夫です。

 

片手バックハンド、技術としては難しいと思います。

でも、身に付けると非常に武器になる、疲労も少ないしリーチも長い。

そして応用が効く、本当にベテラン・シニアの方にこそ使えるショットです。

ぜひ、テイクバック、ロブレド選手の大きさを参考にしつつ、チャレンジしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  2. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的ストロークの第一歩は、意外と簡単

    ストロークで攻撃していきたいのに、構えが小さい人。これは、皆さ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「あと、1本」は、地球の裏側くらい遠い
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ
  3. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめ…
  4. テニス ミス

    ボレー

    試合で使えるアングルボレーは、ネットと並行に!
  5. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?
PAGE TOP